山羊座土星期(2017年12月~2020年12月)の到来。まず山羊座の意味を考える。

山羊座土星期(2017年12月~2020年12月)の到来。まず山羊座の意味を考える。

みなさんこんにちは、くらげです。
2017年12月20日、土星が山羊座に入宮します。

土星は山羊座の支配星です~っていう話、どこかで耳にしたことがあるかもしれません。
関連が深いからこそ、こんがらがっちゃうなあとくらげは感じていました。

「山羊座」という星座の性質と、「土星」という惑星の作用、自分の中でも整理したかったし、混同して訳わからなくなりがちなので、しっかり分けて書いてみようと思いました。
良かったらお付き合いください。
まず今回は山羊座について、です。

スポンサーリンク

みなさんの人生における山羊座は何を意味するのか

山羊画像

山羊座は、地・活動のエネルギーを持つ星座です。
目に見えている世界で現実的に活動する、ということです。

山羊座を表現する言葉は色々あります。

野心・権力・真面目・常識・伝統・枠を作ることで人を守る・社会的ポジション
などなど。

でも、単語で並べても山羊座の姿はなかなか立体的に浮かび上がってこないと思います。
ですので、こんな風にイメージしてみてください。

山羊座は、今みなさんの目の前にある「空間」です。
目の前になにが見えますか?

リビングのテレビ、ベランダ、一緒の部屋にいる家族。
いつも乗る電車、携帯を触る乗客、最寄り駅。
毎日通う会社、顔を合わせる同僚、仕事の予定を書いた手帳。
いきつけのスーパー、立ち話するご近所さん、使い慣れたキッチン。

みなさんの「今、ここ」が山羊座です。
これまで生きてきた人生における、選択の連続の結果が山羊座なのです。

どう感じますか?
ご自身の山羊座。

もっとビッグになる夢を描いていたはずなのになあ。
でしょうか。
こんな華々しい人生を歩んでいるとは想像もしなかった!
でしょうか。
まあ、これくらいでちょうどいい具合なんじゃない?
の方もいるかもしれません。
100人いれば100通りの感じ方があるでしょう。

山羊座は、今現在みなさんが身を置いている環境そのものであり、それが有意義なものになるよう日々を積み重ねることを意味します。

小さい頃の夢は、大人になった今、そのままの形では叶っていないかもしれません。

漫画家になりたかったけど、今は絵の上手な幼稚園の先生になっている。
アイドルになりたかったけど、今はコンサート運営に携わる仕事をしている。
プロ野球選手になりたかったけど、今は少年野球のコーチをしている。

こんな風に、自分を取り巻く様々な環境や条件によってふるいにかけられて、結果もともとの夢よりもコンパクトになったかもしれないけれど、目の前にある状況に誰もが一生懸命取り組んでいるわけです。
それで収入を得たり、安定した社会的立場や信頼や、生活そのものを手に入れているのです。

自分の個性で生きていきたい気持ちの強いホロスコープを持っている方は、この事実に強い抵抗を覚えるのではないかと思います。
自分の個性を打ち出していくことと、社会に溶け込んで生きることは、90度(スクエア)の関係であるため常に葛藤を生むからです。

山羊座は社会における協調性を重要視するため、突出した個性を発揮することを抑制します。
しかし、だからといってヤケを起こして自己を放棄してほしくないと思います。

90度(スクエア)はぶつかり合うふたつのうち一方を諦めるアスペクトではありません。
「個性」を何度も「社会」に否定されて、時に投げ出したくなっても、チャレンジし続けることで逞しく鍛えられ、社会における個性の新しい活かし方への道が開かれるアスペクトなのです。

山羊座の価値基準は社会が共通認識として持っているルールや常識、とよく言われますが、そもそもその社会常識というのは各自の過去の経験やメディアの受け売り、親や周囲の大人の価値観から由来するものであり、蓋を開けてみればてんでバラバラで、みんな一緒に「ここからここまでが常識です!」っていう状態はあり得ないはずです。

ママ友と子供の生活習慣の話でもしてみて下さい。
「うちの子毎日8時には寝かすわよ」
「えっ!うちは10時まで起きてることよくあるよ」とかね。
子供が寝るべき時間なんていう項目ひとつにしたって、自分の常識は他人の非常識なんてよくある話。

だから、「自分が思っている常識はこうだからみんなもそう思ってるはずだし、それが社会のルールだ」と思い込んで自分の山羊座空間の範囲を決めつけてしまうのはとってももったいないと思うのです。

みなさんには「個性」という武器が生まれつきあることを思い出して下さい。
それを用いて、自分自身で決めきって半ば諦めてしまっている「自分が生きていく場所はここしかない」という枠をぶち破って下さい。

そんな山羊座空間のちゃぶ台返しを、多くの人が2008年頃から何らかの形で経験していると思います。
土星よりはるかに影響力の大きい星、冥王星が先に山羊座に入ってどんどん「古い常識の更地化」を進めているところです。
ここ数年で「今、ここ」に見えている景色が大きく変わった人、たくさんいるんじゃないでしょうか。
それはかなり心身に負担の大きい、辛い時期である場合もあります。
冥王星は「死と再生」を意味する惑星。
死をすぐそばに感じることで、淡々とした日々に埋もれていた「生きる意味」が輝き出し、生まれ変わる。
極限の闇を体験することで、初めて向こうに光の世界があることに気が付く。
それが目の前の生活の中で起こるんですから、辛い苦しいと感じて当たり前ですし、逆にこれまでに経験したことのなかった境地に精神が達するということも、誰にでも起こり得ることです。

そんな山羊座冥王星期をすでに経験してきているみなさんですから、実はこれから山羊座にやってくる土星の作用は、もう、スポーツの後の整理運動、メンテナンスくらいにしか感じないかも…!

スポンサーリンク

あとがき

星空の下画像

山羊座空間の範囲を自分で決めつけないっていうことが、すごく大事な気がしています。

結局ホロスコープというのは、自分中心に太陽系の天体を動かしている図で、それは天動説を踏襲しており、実際の太陽系の仕組みとは異なっています。
だから、くらげはホロスコープは「意識の宇宙」だと思っています。
自分の意識が広がれば、ホロスコープが示す可能性も広がる。
自分で限界を決めてしまえば、ホロスコープもその範囲に応じた、こじんまりしたレスポンスを返してくるでしょう。

今からでも大丈夫、山羊座の許容範囲をできるだけ広げておいてください。
今ここ、の星座だからこそ、目の前の景色変えたければすぐ変えられるのだと思っています。
だって今日本に居たって、明日から海外行きますって言ったらその移住した先が「今、ここ」ですものね。
全然難しくないです。

では、近いうちに土星が山羊座に入ることの意味、書いてみますね。
またぜひお立ち寄りください!

☆出生図鑑定やセッションのご依頼はこちらからどうぞ☆
鑑定ご依頼・お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

【蠍座に木星が滞在している2017年10月~2018年11月、深く重く静かな情熱と向き合ってください】
木星蠍座期。2017年10月からは「捧げて受け取る」事で生まれ変わる

  

【2017年秋分図、できあがっております。年内いっぱい有意義に過ごす参考に。】
2017年秋分図。自ら冒険に飛び込み、自分の輝きを確かめる。

  

【「自分のための自分」でいいんだよ。12星座別新学期応援メッセージ】
12星座別★新学期に向けた応援メッセージ

 

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。

 

【2017年夏至図で、秋分までの過ごし方をチェックしてくださいね☆】
2017年夏至図。大事な人達と共有したいあなたの世界観とは。

 

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。

 

土星のサイクルカテゴリの最新記事