双子座満月(2016年12月14日)の影響。手放し・デトックス・思いの共有

こんにちは、くらげです。

たまにはかっちりした記事じゃなく、思う事そのままに書いてみたい。

今回の満月では色々起こったので書きとめておこうかなと。

スポンサーリンク

クリスマス画像

まず、すごく忙しかったー!
仕事も家庭も。
この満月の時、太陽は射手座にありました。
射手座の支配星は木星。
木星は拡大の星なので、何事も「広がる」。
だから「忙しくなる」と感じるのも納得。

そうか、射手座の季節だから、12月って世の中が忙しいのね。

仕事では、珍しく感情的に会社の人と話すことがありました。
くらげめったに感情をあらわにすることないのですが。
今回の満月はなんだかイライラ、ちぐはぐ感もあって、それでかもしれない。

相手もこれまた珍しく感情をぶつけてきて。

でも、そのやりとりやって良かったです。
相手と自分の感情を「シェア」したことにより、この先やるべきことへの話し合いに繋がったので。
自分の双子座満月の星読みもまんざらでもなかったと確認できました。笑

家に帰ったら、夜次男がおう吐。
流行りの胃腸風邪です。。。

数年前までは、誰かが胃腸風邪なんてかかろうものなら、めっちゃブルーでした。
あーーーこれから家族全員連鎖だ。
私もうつって気持ち悪くなっておなかいたいのに子供の面倒みないといけなくなるんだ。
洗濯物も溢れかえって…最悪!

って思ってました。
通常運行の生活への執着が捨てられなかったんですね。
そんな風に捉えていたから、当然胃腸風邪連鎖してました。笑

でも今はもう良い意味で心が動かなくなったことを昨夜確認できて。
他の子供にうつることも、自分にうつることも、全く心配も想像もしなくなっていました。
今だけを見ることができるようになって。
多分この胃腸風邪は象徴に過ぎなくて、だいぶ「手放し」できるようになっていることを満月の力を借りて見せてもらったんだろうなあと感じました。

猫画像

肝心の、気分悪くてうんうん言ってる次男。
「デトックス」してるなあこの人。
ちゃんと宇宙の流れに従って生きてるなあ、すごいなあと。
悪いものは、全部出しちゃえ。
逆に「素直に出せる」って素晴らしい。
くらげ、吐いたりできないです…こわくてw
つわりでもノロでも吐かなかった女。
空っぽからの回復って、生命力感じるから、子育て中の好きな瞬間の一つ。

子ども3人、11年育児してて学んだことは。
軽度の病気は、子供が自力で治せる、治し方を知ってるってこと。
(重症をほっといたらダメだよ!)
今回の胃腸風邪も次男(8歳)、何がどのタイミングで飲みたいのか。
お茶かポカリか。
ごはんは食べられそうなのかまだなのか。
寝てたいのか起きていたいのか。
全部自分で決められるので、私はその意思に沿ってサポートするだけ。
楽になりました…(遠い目)

次男三男は双子。
大変って言いたくないけど多胎育児が過酷なのは事実。

せっかく双子のお母さんっていう役割を担っているので、占星術を使って多胎育児をしているママたちの助けにもなれたらいいなーって思ってます。

双子座さんへの手紙でも書いたけど、くらげの蠍座は双子座とは「宇宙人の角度。」
その位置で満月が起こると、蠍座的にはなんだかモヤモヤしてすっきりしなかったです。
意欲はあるのに動けなーい!みたいな。
満月ブログでは勢いよく書いているわりに、本人グダグダでした。笑

不思議だねー。宇宙の中で生きてるんだねー。
などと改めて思った満月でした。

ほんとに書きなぐり的なブログすいません。。
「星とのつながり」タグはこんな感じになると思います★

スポンサーリンク

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
双子座満月(2016年12月14日)の影響。手放し・デトックス・思いの共有
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする