熱田神宮御垣内参拝と、リュウ博士&築山知美さんトークショー

みなさんこんにちは!くらげです。

今日は盛りだくさんな一日でした。

熱田神宮御垣内参拝と、「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」著者のリュウ博士&引き寄せの達人・アジアNO.1コネクターと呼ばれる築山知美さんのトークショーに参加してきました。

お二人の話から気付かせていただくことが沢山ありました!
せっかくだからくらげもスピリチュアル全開でレポートしていきます!
もし興味が無かったら素通りしちゃってください。

では書いていきますね☆

スポンサーリンク

熱田神宮御垣内参拝

御垣内参拝って分かります?
熱田神宮行ったことのある人は想像できると思うのですが、一般の参拝は、本殿の前のお賽銭箱の前までしか行けません。
御垣内参拝は、宮司さんによる祝詞奏上・お祓いを受け、柵の内側に入って本殿となんの仕切りもない空間で参拝できます。

今回はまずリュウ博士と築山さんと一緒に御垣内参拝するっていう企画です。

80人以上の団体で御垣内参拝したため、こんなに人がいる中で私なにか感じられるのかなあ…と思いながら祝詞やお祓いを受けていました。

柵の内側に入ると不思議…。年末に一人で参拝した時と同じように、また勝手に涙が出てくるんですね。
もちろん悲しいことなど何もないのに。
何か受け取っているんでしょうね。

皆で参拝して、お神酒を頂いて終了。

くらげは熱田神宮での御垣内参拝は、2回目でした。
くらげの長男は絵を書くのが好きで、熱田神宮主催で開かれる絵画コンクールに3年連続かな、入賞していて。
前回は愛知県神社庁賞をいただいたため、その授賞式の時に御垣内参拝させてもらえたんです。
それが初体験。

そう考えると、長男は熱田の神様を通して神様世界に絵がお目通りされてるんだろうなあ。
神様たちに絵の才能に目をかけてもらってるんだから、これからも長男らしく素敵な絵を描いてねって伝えなければと思っています。

御垣内参拝、やはり特別な感じがしますよ。
皆さんもぜひ体験してみて下さい。

リュウ博士から学んだこと&龍神について

リュウ博士画像

リュウ博士です

「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」著者のリュウ博士。
リュウ博士のブログです
科学者であり霊能者でもある方なので、バランスのいいところにいらっしゃるというか、視野が広い方だと思います。
著書は親しみやすい文章で書かれており、どんな方なのかなあとお目にかかるのを楽しみにしていました。
実際お会いすると、やっぱり「普通の人」とはちょっと違う空気を持っていらっしゃいます。
まとってる空気がなんだか鋭い。
サインを頂いた時も、くらげの顔をじっと見た瞬間があって。
その一瞬が脳裏にすごく焼き付いています。

サイン画像

サイン頂きました♪


リュウ博士の話を聞いていると、神社ってもっと「頼りにして」いいところなんだなあと思うんですね。
神様の前で隠し事なんかしても意味ない。
お願いごとをしたっていい。(それが叶っていくとだんだんお願い事は無くなり感謝だけになる)
そのお願いごとの中に含まれる罪悪感の意識を「祓って」くれるところが神社であると。

だから、参拝時の禊ぎってとても大事みたいです。手と口をゆすぐアレ。
洗い清めることで「願い」を純粋なものにし、神様の世界と縁が結ばれ、ちょっと信じられないような形で叶う。

桃太郎の昔話が非常に分かりやすいとして例にあげていました。

おじいさんの芝刈り、おばあさんの川で洗濯という行為は、余計なものを祓うこと。
その結果、川の上流から桃が流れてくるという信じられない事態が起こる。
「桃」は神聖な食べ物とされ、開運の象徴だそうです。

だから、日ごろの祓いとして、掃除ってすごく大事だなってことも感じました。

リュウ博士といえば「龍神」の話題ももちろん出ました。
龍神とは、天のエネルギーを地(海)に渡す、中継の存在。
基本上から下に流れますが、下から上ってこともあるようです。
そしてリュウ博士の感覚では、2017年日本の地中深くに根を下ろしたと。
これからはもっと龍神の存在を近くに感じていくだろうということでした。

くらげはこれ本当に実感していて。
2016年後半は、龍神っているんだなって思わずにいられない出来事にたくさん遭遇しました。

まず、8月に蒲郡のほうにメロン狩りに行ったんですね。
その帰り際、海のほうまで行ってみようということになり。
海辺を貝殻探しとかしながら歩いていたら、島に橋が架かっているところがあったので、あの島に渡ってみようと。
何も知らずに行きましたが、そこが「竹島」で八百富神社がある有名なパワースポットだったんです。
弁天様、龍神様等をお祭りする「水」のエネルギーの神社です。
リュウ博士の著書を読んで初めて知りビックリしました。

その後10月、くらげの両親と飛騨高山にある「龍リゾート&スパ」っていうところに宿泊したんです。
これは龍神がいるところだって知ってて行きました。
でもその当時はくらげ、なにも見えないし感じないので、まあ面白半分にですね、行きました。
2泊3日だったのですが、くらげはこの時の経験を「スピリチュアル合宿」って呼んでいます。
も~大変なことが山ほど起きました。
そのホテルはほんっとに山の中、それ以外建物はないってくらいの場所にあるんですね。
道中とか、千と千尋の世界ですよ。
車のライト消すと真っ暗闇です。

そういうところは、やはり人間の五感を超えた世界なんですね。
見えない者たちの世界です。

あの合宿で鍛えられて、見えない世界へのアンテナが敏感になりましたね…。

その経験の数日後に、くらげが遭遇した空の写真がこちらです。

リュウ画像

龍、ですよね。
もうびっくりして、とにかく写真!って思って撮りました。
3分くらいしかこの形を形成してなかったです。

これを見て以来、くらげは龍神の存在を絶対的に信じているんです。
これからは多くの方々が龍神の力を感じて本来の能力を発揮していってほしいとくらげは思っているので、この写真をシェアしたいと思いました。

築山知美さんから学んだこと

築山さんのことは、このイベントで初めて知りまして。
引き寄せの達人ということで、どんなお話が聞けるのかとても楽しみにしていました。

築山知美さん画像

築山知美さん♪

築山さんから伺った、引き寄せる=つながる力を高めるためにやるべきこと3つ、シェアしますね♪

・相手にとって自分が何ができるか、とことん考える。
そしてそれを自分からやる。
直接相手に「何か私にできることはないですか」と聞く。

これは、相手が苦手としていることを、自分の得意で補うという意味です。

・相手の長所を心からほめる。
100%心の底から応援する。

これは、自分が苦手で相手が得意な分野で使えます。
直接的な手伝いはできなくても、心底から応援する。
シェアやいいね!ボタンや自分のブログで紹介するなどでOK。

・自分自身とつながる=自分を愛する。
そうすると、自分に必要なものは引き寄せられる。
見分け方は簡単。
気分が良いと感じる時=自分とつながっている
苦しい、辛いと感じている時=自分とつながっていない

すごくシンプルですよね。
気分が良いと感じることをどんどんやっていくだけです。

築山さんが写真のようなドレスで登場なさった時には、正直「おお」とびっくりしました。
でも、築山さんは、このような服が着たいと思ったから着ているんだとおっしゃいました。
無理して着たくもないスーツは着ないわけです。
そういうことなんですね。

着たいもの着て、やりたいことやって、食べたいもの食べたらいいんです。
(もちろん周囲との調和は大切と築山さんもおっしゃっていました)
基本的に、自分を抑えているんですよね私たちは。
もっともっと、自分に正直に生きて!ということを築山さんは教えて下さいました。

そしてこの教えていただいたことを、人の10倍くらい動くぞっていう意識で実行すること。
築山さんも行動力半端ないんですよ。
やっぱり机上の空論は無意味です。

動くこと、ですね!

築山知美さんのブログをご紹介します。ご興味ある方はぜひ行ってみて下さい。
築山知美さんブログ

スポンサーリンク

あとがき

この講演会場の中庭には、ご神木がありまして。
とても立派だったので、写真を撮ろうと思ったんですね。

そしたらその瞬間、建物や木々の隙間からちょうど太陽がパーっと差し込んできて、力強い写真が撮れました。

ご神木画像1

ご神木。ちょっと光が入っちゃって見にくいですが。

ご神木2

2017年の初めに、素晴らしい機会を頂きました。
これをエネルギーに変えて、自分が今生で果たすべきことをしっかりとやっていきたいと強く想いました。

また星占い情報の更新、頑張っていきますのでよろしくお願いします!

スポンサーリンク

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
熱田神宮御垣内参拝と、リュウ博士&築山知美さんトークショー
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする