牡羊座上弦の月(2017年1月6日)の意味。自分を見つめる、向き合う

あけましておめでとうございます!くらげです。

2017年もよろしくお願いいたします!

このサイトを始めてからまだ2ヶ月。もう2ヶ月。
新月・上弦・満月・下弦と、月に4回は必ず更新するタイミングがあって、締め切りに追われる漫画家さんみたいな感覚が無きにしもあらずですが笑、星の動きを見つめ続けることで分かってくることもたくさんあります。

くらげ自身も書くことで勉強させてもらってます♪

さて、2017年は牡羊座上弦の月から始まります!
年明け最初の宇宙さんからのメッセージ、読んでいきますね!

スポンサーリンク

牡羊座上弦の月(2017年1月6日)の意味するところ

子羊画像

2017年1月6日午前4時47分、牡羊座にて上弦の月です。

上弦の月の時期は、新月で打ち立てた目標に向かってバリバリ進んでいく時期です。
歩みを進めていく中で、新月でスタートを切った時の頭の中の想像と現実に起こってくることにズレが生じたり、すんなりとはいかない部分に気がついたりすることもありますよね。
そういう引っかかりにひるむのではなく、乗り越えて先へ進む。
障害物競争で1個目のハードルを跳ぶぞ、みたいな感覚でいたら分かりやすいかもしれません。

今回の上弦の月の雰囲気全体としては、月が位置している「牡羊座」っぽいエネルギーですね。

新年らしく、スタートダッシュ!
周りを気にせず、前だけを見て。
勇敢に立ち向かっていく。

じっとしている感じは微塵もありません。
宇宙さんにはお正月休みなんかないようです笑。
走って走って。
障害物がきたら跳ぶのか?避けるのか?なぎ倒すのか??
それぞれ自分にあったやり方で良いので、うまく対処してみてください。

くらげは山羊座新月のブログで、「今の居場所を手放して、新天地を求めに行く。その結果、自分の納得できる新しい居場所を見つける」。
それを最短距離で達成するにはどうしたらいいか、この時期は大枠の策を練りましょうっていうことを書きました。

その流れと今回の牡羊座上弦の月のメッセージが、またちゃんと繋がっているんですよね。
本当に宇宙さんってすごいなーってこういう時思います。
星の配置を変えながらも、伝えたいことが途切れていない。
厳しいエネルギーもぽんと投げてくるけど、予告なしでじゃなく、教えてくれてるから。
教えを請う姿勢でいれば、誰にでもきちんと与えられる。
こちらが受け取るか受け取らないか、ただそれだけなんだなあって思います。

あ、宇宙さんに思いを馳せて話が遠く行っちゃいましたね。。

で、この時期はですね、なんと。

一回自分を崩壊させよう。

って言ってます、宇宙さん。

さらっと難しい要求を突きつけてきますが。

なんのために「自分自身&自分の居場所を刷新せよ」って言われているかというと、それは社会の中で人と協調して生きて、誰かと誰かをつないだり、誰かがもっと良い状況で生きられるようにアドバイスできるようになる…そんな人の為に役立てる人間になる為に、まず自分の本来の居場所に定まりなさいっていうことのようです。

だから今回の上弦の月の天空図では、どこもかしこも「自分を見つめなさい」っていうメッセージに溢れています。

太陽は、自分の未来像を設定し直すべきだと訴えかけています。
今想像している未来の自分で本当にいいのか?
それは本当に自分が望んでいる姿なのか?

徹底的に自分と向き合ってみろよと、言っています。

月はそれを受けて、自分独自のスタイルで環境を整えようとしています。
毎回同じキーワードが出てきますが、人と同じでなくていいんです。
自分が心地よければ、安心できれば。
端から見てどれだけ突拍子もない環境に居たって、構わないんです。

猫画像

今大きな流れとして苛烈な変革エネルギーの中にあるっていうことは毎回書いていますが、今回太陽と月がね、そのエネルギーを形成している三角地帯の中にピタッとハマっているんです。
自らその変革エネルギーの中に飛び込んでいって、大きなうねりの力を有効活用して自分を変えていく…そんなイメージです。

自分を変えるって、一体何すればいいんだよって話なんですが。

自分を変えようって意識した途端に自然に変わっていくので、特に何もしなくていいです。

って一行で終わるわけにいかないですよねw

でも、ほんとに。
まず、自分変わるぞって「意識」してみてください。
あ、ここで「別に変わりたくないし変わる必要性も感じない」だったらそれはそれで良いんです。
現状で満足して暮らせているなら、わざわざアップダウンに飛び込む必要もないってくらげは思います。
平穏に越したことはないですから。

ここではまあ、変わりたい場合。
そのあと、自分の日々のことを一つ一つ見つめていくと、きっと自然に湧き出る思いがあると思うんですね。
毎日のことって、ほぼルーティンワークだと思いませんか?
ルーティンワークずっとやってると、そのサイクルが自分の人生そのものであり、もう変わらない、変えられない、変えるの面倒くさいってなっちゃう。
でも、改めて丁寧に自分にまつわるあらゆることを見つめてあげた時に出てくる気持ち。
違和感、不満、愚痴、諦め、焦り、嫉妬。
これが自分からのサインだということにまず気がつくこと。
無いことにしないこと。
誰かのせいにしないこと。

この感覚を胸の中に置いておけたら、あとは勝手に転がっていきます。
インスピレーションが助けてくれます。
この上弦の月の期間も、引き続き見えない世界の応援が強力ですから使わない手はないです。
それ信じて動き出すだけです。
重要なのは、動くことです。
思うだけ思って、何も行動しなければ何も起こりません、自分が望むようなことは。

上でも書きました、宇宙さんに正月休みはないと。
じっとしている感じは皆無の、今のエネルギーです。
私たちも見習って、何かしら、やってみようよって。
くらげはそんな風に感じています。

あとがき

水星逆行と金星が魚座に入ったことも書きたかったんですけど、長くなってしまったのでタイ旅行記のところでちょっと触れようかな。
水星の逆行は8日で終了です。
みなさん、何か面白い出来事はありましたか?

天空のエネルギーは今なかなか重い、真剣、否が応でも向き合わされる。
お正月ムード冷めやらぬ雰囲気の中で、実は私たちはもう動き出すことを要求されています。
そんな中で水星逆行が息抜きにもなってくれているかもしれませんね。

1月12日蟹座満月の前に、タイ旅行記でお会いできることを願って←自分へのプレッシャーw

出生図無料リーディングモニターのみなさんもお待たせしていてすみません!

体が二つ欲しいくらげでした!

スポンサーリンク

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
牡羊座上弦の月(2017年1月6日)の意味。自分を見つめる、向き合う
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする