牡牛座上弦の月(2017年2月4日)の意味。自分に飽きることから始める。

みなさんこんにちは!くらげです。

水瓶座の季節、いかがお過ごしですか?
インフルエンザがすごく流行ってますよね。
くらげの三男も月曜から金曜までまるっと一週間学校休んでます。
最近は薬が良く効いて、熱は速攻下がるので、辛くないまま家でごろごろしているという…。
こころなしか顔もふっくらして、むしろこのインフル期間に健康になったようなw
普通の生活に戻りたくないと嘆いています。笑

さて、そんなインフルの渦中にあってもうつらなかった丈夫なくらげが、牡牛座上弦の月情報をお届けしていきます!

スポンサーリンク

月の満ち欠けを「ドラえもん」でイメージする!

月と金星画像

2月4日の13時20分ごろ、牡牛座にて上弦の月です。

占星術を勉強していくと、やっぱり自分なりに色んな疑問にぶちあたるんですよね。
最近ずっと考えていたのは、新月―上弦―満月―下弦―新月。
この流れの意味をもっと分かりやすく理解できないかなあっていうこと。

感覚的には分かるんですよ。
新月で誓いを立てよう、満月までの期間は満ちていく時だからダイエットには向かない、下弦以降はデトックスしようとか。
でもくらげ、名前通りふにゃふにゃしてるように見えてもきっちり物事に理由付けしたいほうなんです。
なんとなく世の中でこう言われているから、っていう曖昧が嫌なんですね。
ちゃんと自分の中で咀嚼したい。
しかもみんなに分かるように表現したい。

でね、昨日思いついたの。

月の満ち欠けの流れは、映画版ドラえもんのジャイアンとのび太の関係だ!って言ったらイメージしやすいの!

新月は、太陽(ジャイアン)月(のび太)が重なってる時。
この時月の力は最も弱くなっています。
映画の冒頭で、のび太がジャイアンにヘッドロックされながら、「俺のものは俺のもの、お前のものは俺のもの!」って言われてる時ですね。
ここでは月は太陽のエネルギーをそのまま受け取るだけ。

上弦では、月は太陽と90度になります。
冒険が始まって、ジャイアンとのび太が事件に巻き込まれ出します。
そうするとのび太(月)が意外といいひらめきを発揮したりして、自分の考えや行動を主張し始めます。

満月では、月は太陽と向かい合う180度の位置まできます。
このときのび太(月)はもうジャイアン(太陽)の言いなりではありません。
ピンチのジャイアンスネ夫を助けたり、囚われのしずかちゃんを奪い返しに行ったりと、大活躍します。
こうなるとジャイアンは、もうのび太が自分の支配下ではないことを知り、その存在を全面的に認めて一緒に協力して戦います。

そして下弦
太陽から270度の位置に月が来ます。
無事しずかちゃんも戻ってきて、みんなで大喜び。冒険が無事終わりを迎えて、のび太もジャイアンもほっと一息。

一周してまた新月
いつもの空き地でのび太はジャイアンにいじめられ、無理矢理リサイタルを聞かされたり、おもちゃ取られたりして泣く…みたいな。

月(のび太)は、コロコロ変化するんですね。
ジャイアン(太陽)はいつでもジャイアン。
でも月が力をつけていくことに、戸惑ったり感心したり、刺激されたり、そういう内的な変化はある。

こんな風に月の満ち欠けをとらえると、どの時期にどういう心構えで過ごしたらいいかって、ちょっと分かってもらえるんじゃないかなと思います。

オッケーですかー?
じゃあ今回は上弦の月なので、のび太が行動を開始したなって思いながら読んでみて下さい♪

牡牛座上弦の月(2017年2月4日)の意味するところ

牛画像

太陽は水瓶座、月は牡牛座です。

水瓶座新月とね、似てる。
うん、すごく似てますね。
全体を支配する空気感みたいのが。
今回ののび太(月)の行動は、ジャイアン色(太陽)を濃く残してます。

太陽も月もはっきり宣言し始めてます。
「今までのものにはもう飽きた」と。

太陽は、自分の力で場を引っ張っていけ、と言っています。
それはある意味個人の力を超えて無理をしてでも、というくらい強引です。
周囲の人々はあなたをよく理解できないまま、なんとなくついていってみるか、くらいのスタンスかもしれません。
でもその理解されなさを恐れて、集団の中に引っ込んだままでいないで。
今は孤独感に耐えてでも、先頭を走りましょう。

月は太陽の一大プロジェクト立ち上げ的な意思を受けて、今までの自分じゃだめだっていうことに気が付きなさいって言っています。

だめだっていうとちょっと言葉きついんですが。
今までの自分に飽きちゃってください。
新しい風を自分の中に入れなければ!って焦って下さい。
そのために現状に虚しさを感じても構いません。
その感情からスタートできるものがあるからです。

年末くらいまでは、自分のいるべき場所を探そうっていうメッセージがずっと来てました。
今はもう、行きたい場所見つかったよね?
じゃあそこ行くために具体的な行動起こし始めようか。っていう段階に来ています。

宇宙さんってすごいなあって今日も言っちゃうんですけど、この太陽と月の思いの実現のために、ちゃーんと行動や知性を示す水星がいい位置に配置されてるんですよね!

とにかくいっぺん自分の中の「こうでなければいけない」を捨てちゃってください。
そうしてゼロにしてから、改めて自分のこと、自分の周りのこと、世の中で起こっていることを深く考えてみてください。
この時期は、普段よりずっと色んなことが思いつけるし、その思いつきは信用して大丈夫です。
くらげがよく使うワード「突拍子もない」行動に結びついても不思議はないです。
むしろ星のメッセージどおりなのでご心配なく!

そうはいってもやっぱり不安ですか?

大丈夫、それすらも星の思惑どおりです。

月が滞在している牡牛座の支配星は金星です。
その金星が、上弦の月とともに本日12星座一周の旅を終えて牡羊座に帰ってきました。
牡羊座はこの世に誕生したばかりの位置で、特に今金星はその0度の度数にいますので、右も左もわからない状態でそわそわしちゃうんですね。でも何にも影響されていない、生まれたての金星です。
だから皆さん、気持ち的には不安があっても、感覚的にはとってもフレッシュでエネルギー満タンですよ!
自分の実感を信じて、どんどん見て、聞いて、触って、考え行動に移していきましょう!

スポンサーリンク

あとがき

春画像

ん~なんだか今回の記事は自分で書いてて元気が出てきた。笑

今日は立春で、春の気配を奥底で感じ始めたからかもしれません。

火のエレメンツや活動宮に星が多いので、やっぱり勢いが出ますね!
全惑星巡行も明後日まで続きますし、次の満月は月食です。
その時どんなメッセージを送ってくれるのか、楽しみだなあ♪

ぜひまた満月のエネルギーを一緒にシェアしましょう!
2月11日、ここでお待ちしています☆

【天秤座木星×牡羊座天王星×山羊座冥王星の影響で、人間関係で辛い方に伝えたい。という思いで書きました】
人間関係で辛くて悩んで、もう無理って思う時やってみて欲しい事。

スポンサーリンク

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
牡牛座上弦の月(2017年2月4日)の意味。自分に飽きることから始める。
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする