天秤座上弦の月(2017年7月1日)の意味。変わりゆく自分の為にすべき事

みなさんこんにちは!くらげです。

昨日(6月30日)は「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」の日だったのですがご存じでしたか?

夏越の大祓とは神道行事のひとつで、この半年の穢れを清め、新たな半年間への無病息災を祈るというものです。
茅の輪くぐりという行事をやっている神社も多いので、なんとなくご存じの方も多いかも。

こうして月読みをして日々起こることへのアンテナを敏感に過ごしていると、今の季節、蟹座のエネルギーの深さというものにびっくりするんですね。

「ひとりひとり」が「みんな」になるということを強く感じています。

蟹座は集団意識を学ぶサインと前回蟹座新月のブログで書いたのですが、
この夏越の大祓の行事からも分かるように、ひとりひとりが穢れを祓うことが全体を清らかにすることに繋がっている。

くらげは「蟹座」ってどちらかというと仲間で感情を共有しながらワイワイっていうイメージだったのですが、もちろんその一面もありつつも、本当はすごく自分と向き合うところから始まる星座なんだなあと実感しています。

さあここからどんどん深まっていく蟹座ワールド!
上弦の月ではどんなメッセージが送られているのか、見ていきますね!

スポンサーリンク

天秤座上弦の月(2017年7月1日)の意味するところ。

天秤座バランス画像

2017年7月1日午前9時52分ごろ、天秤座にて上弦の月です。

太陽は蟹座。
月は天秤座に位置しています。

上弦の月なので、今月の目標達成に向かって元気に走っているところですよね~。
その中で、新月のあたりに思い描いていた想像とは少し現実的なズレも出てきたりして、対応が必要だったり、軌道修正や多少のプラン変更なども視野に入れている状況があるかもしれません。

蟹座というプールにみんなで飛び込んで、私たちは夏至あたりから自分を目立たせるよりもみんなと共通の感情に没頭することに主眼を置いてきました。
みんなが流れるプール行くなら私も行くし、スライダー乗るなら付き合うよ、みたいな感じです。
ちょっと体冷えたからひとりでプールサイドで寝そべってるわとは言えない。笑

でも、みんなで体験したからこそ「私はこう思う」っていう感情が湧いてくるわけです。
それをきちんと伝えなければ、体験そのものが無駄になってしまいます。

蟹座太陽からのメッセージ

今回の太陽からのメッセージは、自分が内面で培ってきた思いを、みんなにも分かってもらえるように言葉にする努力をしよう、っていうことです。

お勤めしている方は、それを会社において主張したくなるような出来事に直面するかもしれません。
専業主婦の方だったら家に関することとか。
学生さんだったら学校生活に関わることかな。

意外と会社や家じゃない場所、例えば習い事やサークル活動などで体験してきたことがきっかけになって、自分がどんなふうに社会で活躍していきたいのかっていうことについて考え、本当に言いたいことに気が付くっていうことがありそうな。

そして、ユニークなアイデアを持った人物や、ちょっと不思議な出来事が、みなさんの「言いたいこと」を後押ししてくれる雰囲気です。

上に書いた課外活動は絶対この時期必要なものなんだけど、出費はちょっとしちゃうかも…。
あるいは頼まれる仕事が多すぎて、ありがたいことなんだけど、てんやわんやになる…とかかなあ。

太陽から聞こえてくることは、こんな感じですね。

天秤座の月からのメッセージ

月は太陽に対して90度の位置にあります。

太陽は「自分の中に湧きあがってきた思いを、みんなにも分かるような形にしていきたい」という意志ですが、
月は自分が体験してきたことに対して、良いとか悪いとか決めつける気がありません。

今は自分の経験にジャッジをしないで、ある意味他人事のような視点で眺めてみたい気分になるかもしれません。
そうすることによって、これまでの人生で、自分に起こったあらゆる出来事をただ受け止めることができると思います。

今まで罪悪感を感じていたことも…
とても誉れ高い、自分の誇りと感じる出来事も…
泣きたいくらい無力感に襲われた出来事も…

全部、あってよかったことなんですよね。

全部、経験出来て良かった、経験するべきことでした。

そんな、今までのことを自分の心のノートに書き記して眺めるような、天秤座の月となっています。

天秤座にあるのでね、そんな深刻な感情にはならないと思うんですよ。
むしろ皆さんのことを大切に思う人たちから守られて、笑顔で明るく過ごせる時期だと思います。

「課外活動」がこの時期のカギとなる

joy画像

えーと、週末とかアフターファイブとか、みなさん何か「これはあんまり他にやってる人いないだろう…」みたいなマニアックな趣味や興味について何かする予定はありますか?

その予定、この一週間の中の大事な時間になるかも!

課外活動なんですけど、仕事に繋がりそう。
趣味でいいやと思っていたはずが、想像以上に需要があり、人に商品やサービスとして提供できるようになっちゃった、っていう感じ。

ここに上でも書いた、何かインスピレーションを与えてくれる、夢を描くきっかけになってくれる人物が関わってきそう。

わくわくするな~この星の配置は♪

今特に予定がない人は、無理やりでもなんか入れようよってくらい、このエネルギーを活用して欲しいですね。

それから、やっぱり蟹座の季節ということもあるんですが、「家族」「心が安心できる場所」については、これまで義務だと思っていたことから自然と解放される、といった出来事がある感じがしています。

今回のホロスコ―プ全体のエネルギーとして、今までかっちり固めていたものが崩壊するという流れが来ているように思います。

変わっていく、っていうメッセージが手を変え品を変えこのホロスコープに込められています。

この時期は、「今を生きている自分」という枠を超えて、何千年も何億年も脈々と続いてきた人類の歴史みたいなところに身を沈めて感じるようにしてみると、自分から発信する言葉や行動が今までとはちょっと違うものになっていくのではないかと思います。

スポンサーリンク

あとがき

プールと女性画像

やっぱり水の星座の季節って…書いていくうちにどっぷり浸かる感じになっていくんですよね。笑
くらげは太陽星座や水星が水の性質なので、ナチュラルに洞窟の中の湖みたいなところに行っちゃうんですよ。
全てのエレメンツの方に読みやすいようにとは心がけているんですが…バランスの難しさですね。

まだまだ蟹座は続き、あと満月と下弦の月がありますので、もうしばらく湿度の高いブログにお付き合いくださいませ!

それでは次回7月9日、山羊座満月にてお会いいたしましょう♪

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。

【2017年夏至図で、秋分までの過ごし方をチェックしてくださいね☆】
2017年夏至図。大事な人達と共有したいあなたの世界観とは。

★金星逆行終了しましたが、みなさんの恋の振り返りに。恋愛感情に特化して書いてみました。★
金星逆行(2017年3月4日~4月15日)の意味。蓋をした恋愛感情との再会。

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。

スポンサーリンク

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
天秤座上弦の月(2017年7月1日)の意味。変わりゆく自分の為にすべき事
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 雪森 より:

    いつも面白く拝見しています。
    ちょうど6月30日に感情が爆発したことがあり、あれは大祓だったのかなぁと思いました。今日1日には偶然人からの助けを得られ、長年苦しんできた自分の悲惨な過去を、開き直って肯定できそうな感じです。
    他にも色々と不思議な一致があり、星と人は一緒に動いてるんだなぁーとしみじみ思って励まされます。
    これからも楽しみにしていますね!

    • 管理人くらげ より:

      雪森さま

      こんにちは、コメントありがとうございます!

      そうですね、意識していなくても後から確認すると星からのメッセージをちゃんと受け取っていた…ということはとっても多いです。
      くらげも、たまたま予定を入れただけなのに、星の動きとぴったり一致している出来事に遭遇するといまだに「おぉ~」とか思っています。笑

      ぜひまた遊びに来てください!

  2. らいら より:

    くらげさん、今晩は。
    私は仕事の面で溜まっていた思いを、メールで派遣会社の営業さんに伝えたのが今日。取り敢えず気持ちを吐き出して良かったです。
    まもなく満月なので、また何か動きがあるのかも。