蠍座上弦の月(2017年7月31日)の意味。まず自分から優しさを示す。

みなさんこんにちは!くらげです。

今、学生の皆さんは絶賛夏休みですよね。
くらげも小学生が3人いるので、この時期はもう子供たちの宿題が期限までにすべて終わるにはどうしたらいいか、しか考えてませんw
自由研究~( ;∀;)
工作~( ;∀;)
夏の生活はせめて順調に終わらせて~。

でもね、朗報!
この蠍座上弦の月期間は、宿題や習い事進めるには悪くない時期だと思います。

宿題する本人はマイペースに、やりたいやつしかやんな~い。
国語やろうかな~算数やろうかな~迷うな~。

そんなふうに意欲はあるけどキョロキョロ、っていう感覚でいるかもしれません。
でも家族や塾の先生から「これをやって下さい」ってびしっと言われたら本意じゃなくてもしぶしぶ了承するような、そんな雰囲気がしています。

おうちの方、先生やインストラクターの皆さん、うまくこの時期のエネルギーを利用してみて下さい♪

さあ、では次からは大人向けの(?)上弦の月読み、やっていきますね!

スポンサーリンク

蠍座上弦の月(2017年7月31日)の意味するところ

静かな湖面画像
Photo by Tae In Kim on Unsplash

2017年7月31日、午前0時23分頃、蠍座にて上弦の月です。

太陽は獅子座。
月は蠍座です。

精神的な高揚感は強いものの、獅子座新月の「獅子座祭り」状態のような、自分の信念をどこまでも押していくぞ!っていう感じはだいぶ緩和されています。
推し進めていく力、意志を曲げない力、柔軟に対応する力。
バランスがとれています。

みなさんも、獅子座新月時期の一点集中の熱いエネルギーから少し解放されているのを感じていらっしゃるかもしれません。

あの時、どんな新月の誓いを立てましたか?

上弦の月にあたる今は、その目標を達成するために、意欲的に行動していく時期です。

しかし月は常に地球のまわりを動いており、いつまでも太陽の言うがままではないので、太陽獅子座の意志に対していろんな星座の性質をぶつけてきます。
それが今蠍座のエネルギー、ということです。

獅子座新月のテーマは「対人関係の中でしっかり自己主張する」というものでした。
その流れは今回も引き継がれています。

やっぱり、現在の社会的立場への反乱…みたいな感じがあります。
これまでの自分の流れとは違う、「新しい未来像」を持っていらっしゃる方が今多いのだろうと思います。
このままじゃだめだ、これからは違う流れに乗っていかなければ、という雰囲気がホロスコープ全体を支配しています。
そのため引き続き対人関係では不安定さがあると思われます。

太陽からのメッセージは、特にこの雰囲気を色濃く感じさせるものです。

今まで漠然と「そういうものなのだろう」と疑問にすら思わなかった価値観に、違和感が生じています。
とはいえ、流れはずっと前から始まっていたものですが、ここにきて表面化しているということです。
解決策は、まだ見つかっていないのかもしれません。
それでも「違う!」と声をあげ、自分が感じている「もやもや」を裏付けたり解決したりする情報を集めにかかりたい時期です。

自分自身でその「もやもや」を理論的に表現できないことにイライラして、子供っぽい方法を選択するかもしれません。
「大人げない」と非難される可能性もあります。
しかし大人はすでに麻痺している・あるいは心の奥に押し込めて忘れ去っている「子供の純粋さ」でしか本質を捉えられないことってあると、くらげはそう感じています。

  
それに対して、蠍座の月のメッセージはとても受け身というか、待ちの姿勢です。

獅子座太陽の熱さは、理解しているのです。
それでも蠍座の月は、それを水で鎮めて、とても深く静まり返ったところに心を置くようにします。

自分から働きかけていくのではなく、要求されたことにとことん応えていきます。
おそらくこの時期みなさんは、誰かの役に立ったり、人を優先させてあげたり、人のために自分を後回しにするような行動を、誰かにアピールするでもなくひっそりと目立たないところでやるのでしょう。
どこまでも相手のために、という優しい心です。

人に深く共感する姿勢で奉仕すること。
そこから美しい答えが見えてくるような感じがします。
人の気持ちを本当に揺さぶるものってやっぱり、「エゴ」ではなく「美しさ」だと思うのです。

あと、そうですね、もしこの期間「夢」を見たらその意味を考えてみて欲しいと思います。
蠍座の月の心に静かに浮かび上がってくるもの、そのヒントは「夢」にも隠されているかもしれません。

スポンサーリンク

木星と冥王星が表現すること&天王星の影響

個性的な男の子画像
Photo by frank mckenna on Unsplash

木星が順行になってから、どんどんまた冥王星と90度の角度を取りつつあります。
蠍座上弦の月の今時期は、相当タイトな角度になり影響も大きくなるのではないかと思います。

ここもやはりキーワードは「対人関係」ということになりますね。
天秤座木星なので。

個人の資質を伸ばしていく為に、社会の中でどういう立ち位置になっていくかという部分で、ガツンと変化を促されるような配置です。
机上の空論とはならないと思います。
実際に体験すること、その経験からとことん考えること。
それが大事になってきます。

それから天王星が先日からあっちこっちに影響していまして。
タイトな影響としては双子座金星とぴったり60度。
ゆるい影響としては乙女座水星、射手座土星と角度を取っています。

総じて、「個性的であることを恐れるな」というメッセージだと思っています。
特に今、自分の内面の変化が起こってくる時期のようです。
今までと違う世界に行くことは恐怖が伴うものですが、しかし今起こっている変化を断絶しないで、受け入れて下さい。

自分のキャラクター、知性や行動、現実としてみなさんを取り巻く世界。

どんどん変わります。

変わっていいので、そういう流れを感じていたら、そのまま気持ちよく身を委ねていって下さい。

2017年8月3日から天王星が逆行を始めます。
「もう一度、この部分の再構築をしっかり」という動きがあるかもしれません。

あとがき

数字画像
Photo by Mathyas Kurmann on Unsplash

いつからやってるんだろ、くらげの日々の遊び。
自分を信じる、宇宙を信じる、っていうことをゲーム感覚で毎日鍛えると楽しいです。
くらげは「ゾロ目を見る」っていう遊びをやっています。

時計なら4時44分とか、15分15秒とか。
道を走る車のナンバーとか。
レシートの金額とか。

特に何か問いを投げかけた後に見るゾロ目や繰り返しの数字には、メッセージが込められていると思ってサイトで調べます。
くらげはこちらのエンジェルナンバーを紹介してるサイトを活用させていただいています。
Timeless Edition

宇宙からのお知らせとして、数字はわかりやすいしとっつきやすいと思うので、
軽い気持ちで試してみて下さい!

そしてひとつ対面セッション募集のお知らせ!

2017年8月15日、金沢にて対面セッション先着一枠募集致します。

14時スタート最長16時までになります。

詳細は後ほど別ページでアップしますので、この機会にくらげと直接会ってご自身の出生図を読み解いてみたい方は、ぜひご応募下さいませ。
【ご応募ありました】ありがとうございます、いったん締め切っております。
※セッション募集ページアップしました!→2017年8月15日、対面セッション募集@金沢
2時間あったら他の方との相性とか、今後の人生のタイミングなどプラスアルファの部分もできると思います。

どなたとお会いできるのか、ワクワク楽しみにしております♪
よろしくお願い致します。

それでは、次回は8月8日水瓶座満月、月食です!
壮大な空模様が続いていきます。
またここでお待ちしておりますね!

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。

【2017年夏至図で、秋分までの過ごし方をチェックしてくださいね☆】
2017年夏至図。大事な人達と共有したいあなたの世界観とは。

★金星逆行終了しましたが、みなさんの恋の振り返りに。恋愛感情に特化して書いてみました。★
金星逆行(2017年3月4日~4月15日)の意味。蓋をした恋愛感情との再会。

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。

スポンサーリンク

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
蠍座上弦の月(2017年7月31日)の意味。まず自分から優しさを示す。
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする