射手座上弦の月(2017年8月29日)の意味。今は「なすがまま」委ねる。

みなさんこんにちは!くらげです。

日中は驚くほど暑い日もありますが、だんだん日は短くなり、夜の空気は涼しくなってまいりました。
くらげの大好きな夏が終わろうとしていて寂しいです…。
しかし秋には秋の良さ、冬には冬の良さがありますね。
ひとつの季節に固執し過ぎて他の季節が楽しめないというのももったいない話です。

子供たちの夏休みも終わりに近づいて。
この期間はどうしても彼らの身の回りの世話とか、宿題とか、宿題とか(笑)に手を取られていましたので、秋の夜長は星空を眺めながらまた占星術の勉強に戻っていきます。

さて、怒涛の獅子座の一カ月を終え、すっかり乙女座モードに入っております!

皆さんだいぶ感じ方が変わっているのではないでしょうか。

獅子座で上昇した火の精神性を乙女座で地に落としグラウンディングするわけですが…。

どんなメッセージが込められた上弦の月なのか、みていきますね。

スポンサーリンク

射手座上弦の月(2017年8月29日)の意味するところ

虹

2017年8月29日午後5時12分ごろ、射手座にて上弦の月です。

太陽は地・柔軟の乙女座。
月は火・柔軟の射手座。

8月22日新月・日食は獅子座で、その翌日にすぐ乙女座に入りました。

くらげのイメージでは、獅子座新月を感じた後即ゲートが閉まり、乙女座空間に放り出されたような感じです。
確かに獅子座の力を振り絞った願いを見た気がするけど、それは何だったっけ…?っていう、ちょっと記憶喪失のような。

なんだか急に冷めてしまった。

そんな感覚でいる人が多いのかもしれません。

例えれば前世の記憶の断片をなんとなく抱えたまま今の人生を生きている、そんな不思議な気持ちの中で過ごした数日間かも。

さて、この射手座上弦の月で星々が教えてくれていること。

周りの人々の要求や期待に応えていくことをベースにしながらも、独自の考えを持っている自分を無いものにせず社会の中で凛と立っていなさい

これがまず太陽と月の配置から感じるメッセージです。

今の時期は、自分から発信することよりも、人から受け取る・相手の意向に合わせることをしていったほうがスムーズに動けるようです。
相手の出方に合わせてみなさんは柔軟に形を変えるのです。

さきほど獅子座新月の意志は前世の記憶のようにおぼろげであると言いましたが、裏で確実に糸を引いています。
って書くとなんだかワルそうですね笑。

自分の中で燃え盛る火は消えていません。
火星がまだまだ獅子座にいて、ドラゴンヘッドと重なり、つい最近順行に転じた土星と協調の角度を組んでいます。

火星の位置のサビアンシンボルが「虹」
くらげのフェイスブックでの投稿、読んでもらえましたか?

くらげは先日2日続けて虹を見ました。

虹は天との契約の証。

本人だけに分かるメッセージが送られてきます。

みなさんも今このブログで「虹」の存在に気が付きました。
それはもうこの瞬間に宇宙からメッセージが贈られたと考えればよいのです。

みなさんそれぞれに、この地球上で果たす天命があると、受け取ってもよいのです。

このことを、「そうなのかー!」と素直に受け止めても、「いやいやそんな大げさな」と笑い飛ばしても、それは全くの自由です。
今みなさんが感じる心のままで、それは間違ってなどいないですから心配しないでください。

自分が個性的であることを恐れないでください。
個性的であることがどういうことか、自分って何者なのか、よく分からなくなっていたとしても。
とにかく答えは今自分の中ではなく、みなさんと向き合う人間関係やとりまく環境、見上げた空やエンジェルナンバーや本や音楽の中に隠されていると思って、注意深くいてください。

9月の半ばごろから10月の頭にかけて、再度天秤座木星と牡羊座天王星が180度で向かい合います。
ここでみなさんの人間関係にこの一年で何度目でしょうか、転機があると思われます。
それは今後の生活のベース固めとして必要な変化です。
射手座の土星が調停の角度で関わっていますから。

この時期、目に見える世界と見えない世界があるとするならば、目にみえない世界がわたしたちを動かす力がとても強いです。

こういう時は、ひたすら受け取りましょう。
過剰なほどにもらえます、きっと。

今回のホロスコープには「策士」とか「軍師」っていう雰囲気も感じます。
時間をかけるのです。
綿密な計画にはある程度時間が必要なのです。

スポンサーリンク

あとがきは射手座土星順行のおはなし

山登り画像

8月25日、射手座にて土星が順行に転じました。
4月6日から逆行が始まっていましたから約4カ月ぶりの順行。

みなさんはクライマーであると想像してください。
射手座に土星がある間、みなさんは色んな山を経験してきました。
それは思想、哲学、宗教、真理探究、海外への興味、人々を教え導くこと…。
そんな名前のついた山々だったのではないかと思います。

2015年9月から始まった知識の山々をめぐる冒険。

逆行期間中は、その中でも特に心に残ったいくつかの山にもう一度チャレンジしていました。

そしておそらく、心は決まりましたね?
ひとつ極めてみようという山が。
今そのふもとにみなさんは立っています。

2017年12月21日。
土星は山羊座に居場所を移ります。

そこからは、目前の山の頂点を目指して努力していきます。
射手座で得たみなさんにとっての「ほんとうのこと」を抱いて、社会の中で安定的な立場を確立できるようにするためです。

山羊座は土星の本領発揮の場ですから、ここまで土星の、時に冷ややかで突き放した作用に翻弄されながらも諦めず準備を進めてきた方々は、経済的なことも含めて社会生活がスムーズになっていくのだろうと思っています。

このあたりの感じ方も個人の出生図への影響具合でだいぶ違ってきますので、「そんな流れきてる気がしない」という方もブルーにならないで下さいね。

いっつも言うんですけど、結構上弦下弦のタイミングではっとするメッセージが来てること多いので、毎日全て大事な日だっていう気持ちで過ごすといいんじゃないかなあって、最近くらげは思っています。

今は射手座土星の総仕上げ期間。
秋の気配を感じながら、積ん読になっている本たちをじっくりと読破するつもりです♪

次回魚座満月までにできればいくつか記事アップしたい気持ちでおりますので、良かったら時々「更新してるかなー」って見に来て下さいませ☆

ではではまた!

【みんな「自分のための自分」でいいんだよ。】
12星座別★新学期に向けた応援メッセージ

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。

【2017年夏至図で、秋分までの過ごし方をチェックしてくださいね☆】
2017年夏至図。大事な人達と共有したいあなたの世界観とは。

★金星逆行終了しましたが、みなさんの恋の振り返りに。恋愛感情に特化して書いてみました。★
金星逆行(2017年3月4日~4月15日)の意味。蓋をした恋愛感情との再会。

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。

スポンサーリンク

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
射手座上弦の月(2017年8月29日)の意味。今は「なすがまま」委ねる。
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. miya より:

    最近、くらげさんを知りました。
    星の解説がとてもわかりやすくて
    とてもしっくり来るので、
    今は、更新をとっても楽しみにしています。
    ○○座さんへのお手紙も、とっても素敵ですね。

    • 管理人くらげ より:

      miyaさま

      コメントありがとうございます!
      ここに辿り着いて下さってとても嬉しいです。

      月4回、週報みたいなものだと思って読んで下さればいいなーと思っています。
      その他のテーマもまた更新していきますね♪
      いつでも遊びにいらして下さい!

  2. さくら猫 より:

    くらげさんおはようございます☆
    虹…
    もう1ヶ月くらい前になりますが、半円の大きくてと~っても綺麗な虹を見て感動したのですが、今日、見上げる度に虹を見ると言う朝方の夢を見て起きたところに、このくらげさんの星占い!
    ん~でも宇宙さんからの言葉がまだぜんぜんわからなくて、もっとツーカーの仲になりたい(笑)!
    色々、おしらせをくれてるのかもしれませんね。私自身はどうしていくのがいいかわからず、とりあえず流れに身を任せていますが…(^^;
    これからも宇宙からのお知らせを注意深く感じなきゃ。

    • 管理人くらげ より:

      さくら猫さま

      コメントありがとうございます!

      さくら猫さんのところにも「虹」をキーワードにしたお知らせがきているんですね。
      虹を通してさくら猫さんに伝えようとしていることは何なのか、
      日常の雑事から少し心を離して、大きな視点で探してみるといいと思います。

      現象に対する典型的な意味、みたいなのってありますから、そういう基礎知識を入れておくとお知らせがより分かりやすくなるかも。
      虹の意味、黒猫が前を横切る時の意味、みたいな感じで。

  3. もも より:

    くらげさん、こんばんは。

    急に冷めてしまったの一文にドキッとしました…実はまさにこの感覚なので今。

    日食の日の願いごとに対して、あれほど心込めて願ったのにもういいやーみたいな心境なんですw

    でもきっと自分の心の中では願望がメラメラしてるんでしょうね。

    流れに任せてみようと思います。
    いつも助けになるメッセージありがとうございます!

    • 管理人くらげ より:

      ももさま

      コメントありがとうございます!
      乙女座に太陽が入って一見冷静になった人は多いと思っています。
      「あー…目の前にやること山のようだし、とりあえずそれこなそうか…」みたいな。
      でも裏では火の星座に入ってる天体はアツいので。
      月も射手座で火の星座ですし。
      日食だったので、半年がかりのテーマと考えればいいと思っています。
      虎視眈々と願いを捨てずに行動していれば良のではないかと!