獅子座下弦の月(2017年11月11日)の意味。自分がやりたいようにやる。

獅子座下弦の月(2017年11月11日)の意味。自分がやりたいようにやる。

みなさんこんにちは!くらげです。

先日髪をバッサリ切ったので、プロフィール写真変更しました!
今までのとあまりにも人相が変わってしまったのです。
ちゃんとまたカメラマンさんに撮ってもらいたいなー。
今までのプロフ写真はウォレスともみさんという方にお願いしたものでした。
私の第一印象=アセンダント(天秤座)の部分を丁寧に捉えてくれた写真でとっても気に入ってました。

次は太陽星座である蠍っぽい写真にしてみたい(どんなだw)

お暇があったら最新のくらげ写真をチェックしていってくださいませ。
全く占い師っぽくないんですけどね…。

さあ今日は獅子座下弦の月ですね。
くらげは今日のホロスコープすごく好きです。
ぜひ読んで行ってください!

スポンサーリンク

獅子座下弦の月(2017年11月11日)。誠実でのびのびした自己表現

joy画像
Photo by Annie Spratt on Unsplash

2017年11月11日午前5時36分、獅子座にて下弦の月です。

太陽は水・固定の蠍座。
月は火・固定の獅子座です。

今回の下弦の月って、次の11月18日に起こる蠍座新月の準備ですね。
この一カ月への反省・クールダウンっていうよりも、未来に目を向けている力が強いです。

蠍座新月までの一週間、自分が人気者になることを第一に考えていたらいいですよ。
自分の気分のままに過ごしてください。
それは傍からみたら「気ままだなあ」とか「わがままだなあ」と取られるかもしれませんが、月は獅子座ですもの。
誰から何言われようがそんなの気にしません。
それに緩めですけど土星が関わってますから、人生ドロップアウトするようなレベルにはならないと思います。

それにこの時期は、自分で自分の為にワクワクする行動を起こそう!という方向に引き寄せられていくと思うのです。
そこには友達とか仲間が関わってくれる可能性が高いですね。
家族とか会社関係ではなくね。
みんなで集まる場を企画したり、グループでどこかに遊びに行ったりっていうのはすごくいいと思いますよ。
エネルギーが暴発してる感もありますから、集まりの場で自己主張の押し付けすぎにはちょっと注意が必要かな。
みんなが不快になるほどに暴走しないようにだけ、気を付けてくださいね。

恋人同士の方たちは、いつもよりのびのび過ごすよう意識してみて下さい。
いつの間にか、相手に求めるものばかりが大きくなりすぎて、二人の関係が窮屈になっていませんか?

お友達同士でも恋人同士でも、新しい関係性を構築し直す時は今までのやり方を続けていてはダメだって、気が付くと思います。
大好きな人たちと良好な関係でいるためには、どうしたらいい?
そのためのアイディアをいっぱい考えてみてください。
実行できるできないに関わらず、いくつでも思い描いてください。
そうしたらその中から適切な方法が、追々自然に見つかっていくと思います。

今って人の感情に訴えたいっていう気持ちが高まりそうな時期で。
相手の心の深いところに入っていくっていうことが普段よりずっと奨励されている感じ。
人付き合いもスムーズで華やかですから、やっぱり人が集まる場へ出ていく機会を沢山作るべきだなあって思います。

面白いのは、これだけ「人と交わる」っていうことがキーワードとして出てくるホロスコープなのに、根本的には「人に無関心」っていうところ。
どういう意味?って混乱しちゃうと思うんですけど。

つまり、人々の中で自分の思いが通用することに満足感を覚えるんですね。
相手の満足じゃなく、自分の満足。

今回のホロスコープの中のいろんな星の組み合わせの中に、自己主張力を高めるっていう雰囲気があちこちにしているんですよ。

例えば水星の配置も面白いんだけど。
みなさん、何か「普段の自分なら絶対しない、珍しい行動・慣れない行動」をする可能性があると思います。
自分にとっては日常的ではないこと。
でもそこになんだかすごく自分の主張が込められているような気がすること。
それはお友達や恋人にのせられてやるようなことかもしれない。

おそらく、みなさんの深いところで今何か変わろうとしている。
その正体が今はまだよく分からないから、自分でも行動の意味が分からない。
でも考えるより先にそうしなくちゃいけない状況になっている。

なんだかよく分からないけどやる羽目になったこと。
これが意外とカギを握っているのだと思いますから、スルーせずに取り組んでみてください。
多分、実行したら分かるってことがあると思います。

みなさんの素質を、才能を、自分の中だけには収めておけない状況にこれからなっていく。
その発揮の場は今はまだ人生の本流でなかったとしても。
みなさんの想いは社会に向けて形になろうとしている、その過程の時期にあります。
自分のリズムでいい。
自分のやり方でいい。
もう少しで、目に見える形で成果が表れてくる流れの中にあるような雰囲気がしています。
それがきっと、年末から2年半続く、土星が山羊座に在住する期間。
その予兆をひたひたと感じる今の時期を、楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

あとがき

星空画像
Photo by Alan Chen on Unsplash

なんだか自分で書いてて気分が楽になったなあ、今回のホロスコープ。
落ち込む時期もあっていいし。
もやもやしてる時期もあっていいし。
もちろんウキウキハイテンションだっていい。

でもきっと、時々ニュートラルに戻ってくることも大切なんですね。
人間ばっかりみてると世界が絶望的に感じることもあるけど、宇宙の深々とした、良いも悪いもない、ただそこにあるメッセージを読んでいると、偏り過ぎていた感情が真ん中に戻ってこれる感じがするんです。

そういうの、みなさんに感じてもらえたらいいなって、いつも思っています。

さあ次回は11月18日、蠍座新月!
くらげも読み解くのが楽しみ♪
またぜひ遊びに来てください☆

☆出生図鑑定やセッションのご依頼はこちらからどうぞ☆
鑑定ご依頼・お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

【蠍座に木星が滞在している2017年10月~2018年11月、深く重く静かな情熱と向き合ってください】
木星蠍座期。2017年10月からは「捧げて受け取る」事で生まれ変わる

  

【2017年秋分図、できあがっております。年内いっぱい有意義に過ごす参考に。】
2017年秋分図。自ら冒険に飛び込み、自分の輝きを確かめる。

  

【「自分のための自分」でいいんだよ。12星座別新学期応援メッセージ】
12星座別★新学期に向けた応援メッセージ

 

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。

 

【2017年夏至図で、秋分までの過ごし方をチェックしてくださいね☆】
2017年夏至図。大事な人達と共有したいあなたの世界観とは。

 

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。

 

下弦の月の星占いカテゴリの最新記事