蠍座下弦の月(2018年2月8日)の意味。知らなかった自分が見つかる。

蠍座下弦の月(2018年2月8日)の意味。知らなかった自分が見つかる。

みなさんこんにちは、くらげです。
大雪の地方にお住いの方々、大丈夫ですか?
連日の雪かきでお疲れどころか、食料調達の不安など
大変な時を過ごされているのではないかと
ニュースの前で心配しかできないのが歯がゆい思いです。
雪が終息して気温が上がって来て欲しいものです。

さて、太陽系のタイミングは月食と日食のはざまの時間という事で
大きな揺さぶりの真っただ中にいるという感じがしています。

自発的に選択して動くというよりも、目の前に流れてきた事象に対して対応するので精一杯。
こんな時は無理をせず、インスピレーションのままに、動かされるがままに動きましょうというメッセージが今回の蠍座下弦の月ホロスコープからも聞こえてきています。

それではさっそく見ていきますね!

スポンサーリンク

蠍座下弦の月(2018年2月8日)は現実の友からの誘いと見えない世界からのお知らせ、両方キャッチ!

オウム画像

2018年2月8日午前0時53分ごろ、蠍座にて下弦の月です。

太陽は風が不動の水瓶座
月は水が不動の蠍座です。

水瓶座に太陽があるうちは新月・満月・上弦・下弦すべて不動宮で起こります。
それもあってこの一カ月は新しく始めるよりも、すでに持っているものを深めたり、より自分に定着させることに関心が向いていたかもしれません。

下弦の月の時期は月の力が弱まっています。
月は「気」を表すので、やる気とか元気とか、無理に発揮しようとすると負担がかかることがあります。
少しペースを緩めて、プライベートな時間を大事にしながら過ごしてみてください。

さて、太陽は水瓶座にあり3ハウス。
影響はちょっと緩いですが水星と金星をそばに置いています。
そこに対して牡羊座天王星が応援の角度。
蠍座月は木星と重なり太陽とスクエア(90度)の関係です。
  

今、私たちは変化の最中にいます。

自分が自分であることへのこだわりがすごく薄くなれる時期だとホロスコープから感じています。

水瓶座はそもそも近くにいることにこだわらない性質です。
誰でもなんでも差別なく平等に交流することができますが、特定の事に深入りすることがありません。
今回はその没頭しない対象が「自分自身」であるようです。
それは「もっとスケールの大きい自分」を引き出すために、小さい自分への執着を止めるという意味が込められています。

なにか物事が起こった時。
「自分のいつものやり方」に固執するのではなく、「起こった物事の側が望んでいる処理」を察知して、その通りにやってあげましょう、ということをやってみてください。
その行為は、眠っている自分の広大な可能性に目覚める良いきっかけになるようです。

いつもの自分は氷山の一角に過ぎず、本当は海の下にもっともっと自分として使っていい能力がたくさんあるのに、普段私たちはそのことに気が付きません。
見るのが怖い気もしています。
知れば変わらざるを得ないからです。
無意識的に色々な理由をつけて、非常に狭い世界の自分のみで生きています。

今このタイミングは、自分にできることは思っているよりもはるかにたくさんあることを、実践で実感していける時です。
しかも水星金星がそばにいるので、実際の行動にうまく反映しやすいし、人からも好意的に見てもらえます。
月食の時に一度気持ちがダウンしたり体調が低迷していた人は、持ち直してくるのではないかと思います。

蠍座の月は12ハウスに入っているので、太陽のエネルギーを使ってなにか拓ける体験をしたとしても、その感動を大っぴらには言わないかもしれないですね。
自分の中やあるいはごく親しい人に向けてだけ「うわぁぁぁぁ…!」ってキラキラ目を輝かせるような。
木星がついてますから、感情面の広がりは大きく、かつ深いと思います。

この感動体験には、友人が関わってくれる場合もあると思うんですね。
人からのお誘いとそれに伴う出費も増えそうな時でもあります。

蠍座に木星、山羊座に土星という配置の今は、どこまでの範囲を自分の「仲間」とするか、試行錯誤するべき時期だと考えています。
だから友達とか、サークル仲間とか、趣味のオフ会とかで人と会う機会がある時は、必要なお金だと思って断らずに行くと良いと思います!
(もう今週末あたり予定が入っている人もいるかもですね)

思いがけず誘われた、お知らせ見て即座に行きたいと思った、みたいな、どこからか降ってわいたようにして発生した出来事は、宇宙から差し出されたレールだという感じがあるので、乗っていって下さい。
そこでコミュニケーションを取ることにカギがある気がします。
ただ、その場に対する自分の思い込みが強すぎると的外れな感じを味わう可能性もありますから、何が起こっても楽しむ気持ちで参加してください☆

月と海王星が協調の角度で、無意識からの情報をキャッチしやすい時です。
夢を見たら書き留めて、心においておく。
瞑想をする。
タロットなどのツールに親しんでいる方ならば、カードを引いてみる。
神棚に参ったり、神社を訪れたりする。
占星術を使った記事を参考にするのも良いです。
ご自身に馴染む手段を使って、どこからかやってくる知らせをキャッチする態勢を整えておくと、いつのまにか生活に反映されている、ということがありそうですのでお試しください!

スポンサーリンク

あとがき

春の目覚め画像
この下弦の月ホロスコープを読むタイミングで、トランスサタニアンと呼ばれる影響力の大きな星たち全てが、1度ずつ度数を進めていました。
このところしばらく変化がなかったので、あ、大きく一斉に動いたな!って感じました。
具体的に何とは言えないけれど、なにか雰囲気が変わったと感じておられる方も多いかもしれません。

今回山羊座にある土星はノーアスペクト。
現実と非現実のガードがちょっと甘くなっている感じがあります。
未来に向けた精神面での変化のほうが大きくて、仕事は片手間な感じがしてしまうかもなーとも思います。
とはいえ心が忙しいので仕事休みます!ってわけにもいかないと思うので、寒い中ですが気を付けて会社や学校行ってきてくださいね。
専業主婦の方は、おうちのことへの頑張りを少し緩めて、自分の気持ちに向き合う時間があるといいですね。

来週は水瓶座で日食が起こります。
大きな天体の動きがある時は背筋が伸びます。
変化のうねりの中にいる今を楽しんでいきましょう♪

それでは次回2月16日水瓶座新月、日食ですね。
またここでお待ちしております☆

【お知らせ】
ただいま鑑定のご依頼は、インターネットセッションか対面セッションのみご予約承ります。
出生図メールリーディングはご予約多数いただいており、大変お待たせしてしまいますので、また目途が立ちましたら募集を再開させていただきます。4月ごろ募集開始できたらと思っております。よろしくお願いいたします。
鑑定ご依頼・お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

★レターポットで応援くださるとうれしいです★
くらげのレターポット

☆出生図鑑定やセッションのご依頼はこちらからどうぞ☆
※ただいまインターネットセッション・対面セッションのみご予約承ります

鑑定ご依頼・お問い合わせフォーム

星ライン

【冬至図を読みました。春分までの3カ月の状況と、土星が山羊座に入ることの意味も合わせてどうぞ。】
冬至図(2017年12月22日)を読む。見えないけど確かな絆で繋がる世界へ。  

星ライン

【山羊座土星期へ向けて、まずはみなさんの中の山羊座とは、について。】
山羊座土星期(2017年12月~2020年12月)の到来。まず山羊座の意味を考える。  

星ライン

【蠍座に木星が滞在している2017年10月~2018年11月、深く重く静かな情熱と向き合ってください】
木星蠍座期。2017年10月からは「捧げて受け取る」事で生まれ変わる  

星ライン

【2017年秋分図、できあがっております。年内いっぱい有意義に過ごす参考に。】
2017年秋分図。自ら冒険に飛び込み、自分の輝きを確かめる。  

星ライン

【「自分のための自分」でいいんだよ。12星座別新学期応援メッセージ】
12星座別★新学期に向けた応援メッセージ  

星ライン

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。  

星ライン

【2017年夏至図で、秋分までの過ごし方をチェックしてくださいね☆】
2017年夏至図。大事な人達と共有したいあなたの世界観とは。  

星ライン

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。  

下弦の月の星占いカテゴリの最新記事