山羊座下弦の月(2017年4月19日)の意味。自分の望みを生きる為の選択。

山羊座下弦の月(2017年4月19日)の意味。自分の望みを生きる為の選択。

みなさんこんにちは!くらげです。

前回の天秤座満月あたりでは、世間的にも色々ありましたね。
浅田真央さんの引退発表にはくらげもびっくりしました。
世界情勢では北朝鮮の不穏な動きであったり、アメリカのシリア軍事施設へのミサイル攻撃であったり…
なにかと落ち着かない一週間であったかと思います。

くらげ個人的には、天秤座満月記事で書いていた「インスピレーションを与えてくれる人の出現」をがっつり実感していました!

前回記事から今日までに、霊能力者さんやヒーラーさんや、占星術師さんたくさん、といった感じでまあ普段なかなか会う機会がないよねっていう方々と交流させていただいてました。

この世界足を踏み入れていくと、本当に個性的な方が多くて楽しいです♪
そしてこのサイトを見て下さっている時点で、みなさんもお仲間だってくらげは思っていますよ。(ΦωΦ)フフフ…

みなさんはいかがでしたか?
お仕事や人間関係で、何か思うところがあったかな。
ユニークな人と出会ったりしたかもしれないですね。

さあ牡羊座シーズンの締め、山羊座下弦の月。
また見事なまでのメッセージが用意されていますから、ぜひ読んでいって下さい!

スポンサーリンク

山羊座下弦の月(2017年4月19日)の意味するところ。

やぎ画像

2017年4月19日午後6時58分ごろ、山羊座にて下弦の月です。

太陽は牡羊座最後のギリギリの位置に。
月は山羊座、こちらも同じく一歩先は水瓶座、っていう位置です。

下弦の月では、この一カ月の成果を確認することができると思います。

ふむふむ、なるほど、ここまで達成できたのか。
牡羊座新月からの願いや目標は、ここに行き着いたんだな。

っていう風に、現在自分がいる状況を眺めてみて下さい。
3月28日から一歩も進んでない!っていう方はいないと思うのですよ。
考える暇もないくらい忙しかった方が多いと思うのですが、ふと今一息ついた時に、自分の中に確かに生まれているものがあるのではないでしょうか。

牡羊座新月の時には、確信はあるけれどまだ姿形が見えなかったもの。
追い求めているうちに、どこにその熱く燃え上がった精神の火を灯せばよいか、見えてきたのが今、だと思います。

  
さて、今回の下弦の月のテーマはというと、

またまた「お仕事」関連です!笑

くらげのブログずっと読んでくれてる方なら、笑えてきますよね。
牡羊座シーズンは、仕事に始まり仕事に終わりましたw

天秤座満月でも書きましたが、ここでいう仕事とは、単なるお金を稼ぐ手段ではありません。
自分を社会にどう活かしていくか、という意味の「仕事」です。
社会への奉仕と言ってもいいと思います。
お金はもらっていいんだけどね。

でね、太陽&月からのメッセージ。

みなさん、もう十分分かったと思うんですよ。
これからみなさんがご自分の才能を十二分に発揮してイキイキ生きていく為には、現状維持に甘んじていてはダメだって。

自分の天職はこれだというものに巡り合えた方もいるでしょう。
会社を辞める決意をする方もいるでしょう。
辞めないまでも、なにかしら働き方に変化を与えるといったこともあると思います。

自分の本当にやりたいことをやって生きていく。
そういう確信をこの時期に持って、さあそれを目に見える形にしていく為の方法を考えよう!というのが、牡牛座新月までのタスクですね。

太陽・水星・天王星がおだんご状態で一緒にいますから、それはもうスパッと「あ、もういいや。転職しよう。」くらい清々しく決断できるんだろうなーって思っています。

今回は太陽が絡む惑星全てに月も絡んでいるので、太陽が示す「意志」と月が示す「気分」お互いにすべて共有し刺激し合い未来像を作り上げていく…そんな雰囲気がしています。

月は山羊座の最終度数で、もはや現在の環境に留まる気はない、と言っています。
新しい環境に向けて思いを共にできる人達と接する機会も増えてきて、その中でこれからの自分の行く末を相談しシュミレーションし始めます。
これまでは「人にどう思われようと」みたいなニュアンスが強かったのですが、この時期にきて、みなさんには自分のやりたいことに賛同し応援してくれる人たちやコミュニティがすでに見つかっている、あるいはこれからどんどん見つかるようですね!

土星も同じく太陽絡みの惑星すべてと協調の角度を取っています。
人生変革のその意気やよし!安定の方向への地固めは任せておきなさいと言わんばかりの頼もしい土星先生です。
だから安心してチャレンジしていって良いと思いますよ~。

金星は逆行から順行へ。一段強く逞しくなった愛を胸に前へ進もう

犬猫なかよし画像

なんだか、、、「金星逆行の結末について、ちゃんと締めなさいよ」と宇宙さんから言われてる感がすごくするので、書いてみますね。
なぜなら金星は「恋愛」を示す場所にいて、火星は「パートナーシップ」を示す場所にいるから。
宇宙さんの采配にはもう…なんも言えません。
逆らえません。笑

みんな頑張ったよね本当に。
ちゃんと向き合ってきて。
それはたくさんのメッセージからひしひしと感じられました。
相手も自分も現実も見つめさせられただろうに。
それはけっこう傷をつけたりつけられたり、厳しいものを直視したりする作業でもあったかもしれないのに。

でも投げ出さずに諦めずに過ごしてきたみなさんは、まるで自分の意志ではないところで導かれるような、ある種不思議な経験や時間をプレゼントされるのだろうと思います。
それをすでに実感した方々もいるようだし、これからの人もいるでしょう。

この一カ月間牡羊座から魚座へ振り返りの旅をしてきた金星のそばに、癒しや傷を表すキロンという小惑星が寄り添っています。

くらげのイメージでは、例えば箱根駅伝。
最終走者がゴールテープを切って倒れ込む時に、仲間たちや監督がタオルでくるんでくれながら「よく頑張った!」と体ごと抱えてくれるような…そんな感じです。
今は自分が走り抜けてきた時間と自分自身をほめてあげて下さい。

で、「パートナーシップ」の位置にいる火星。
こちらは、今までとは違う視点で、これまでの関係性を再評価する気持ちになっています。

今までと同じ考え方で元さやに戻る、みたいなことはしないかもしれません。
しかし、あなたを色んな方向から見れるようになり、一方向だけから見ていた時の思い込みが外れて、全く新しい関係性を築いていこうという気持ちがあるよ、とホロスコープからは読めます。

金星逆行終了日の状況と同じく、「手をつないでいる」位置関係は維持しています。

さあここからは、みなさんそれぞれの気持ちを信じて進んでいって下さい。

誰かを好きになるって尊いなあって、いつも感じています。
世界で一番美しい感情だと思います。
好き、がなければ人類も始まらなかったでしょうね。
だからその気持ち大切にしてあげて下さい。
好きが高じるあまり、相手に向ける刃とならないように。
まず自分で自分の思いを肯定してあげて欲しいなあと思います。

スポンサーリンク

あとがき

夜明け画像

みなさん、本気出しましょう。
本気で生きましょう。
今がその時です。

望みは全て自分のために。
自分の満足のために。
それでいいんです。
わがままじゃなく、自然なあるべき欲求なんです。
自分を満たさないで人を満たすことはできません。

まず自分を幸せにしてあげて下さい。
そのために、次の牡牛座シーズンはご自身の才能を、素質を開花させていきましょう。

辛い時間をわざわざ選択するには、人生は短すぎます。
たくさん笑ってたくさん幸せを感じられるフィールドで生きていって下さい。
そうやって生きていいんだよって、宇宙から声が聞こえてきています。

さあ、次は牡牛座の世界へ行きましょう!
4月26日牡牛座新月で、お待ちしていますね。

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。

 

★金星逆行終了しましたが、みなさんの恋の振り返りに。恋愛感情に特化して書いてみました。★
金星逆行(2017年3月4日~4月15日)の意味。蓋をした恋愛感情との再会。

 

【天秤座木星×牡羊座天王星×山羊座冥王星の影響で、人間関係で辛い方に伝えたい。という思いで書きました】
人間関係で辛くて悩んで、もう無理って思う時やってみて欲しい事。

 

スポンサーリンク

下弦の月の星占いカテゴリの最新記事