牡羊座下弦の月(2017年7月17日)の意味。「自分」は一つじゃない。

みなさんこんにちは!くらげです。

気が付いたら今3連休中ではないですか!
くらげの住んでいるあたりではおおむね晴れのようですが、本当にお天気が不安定ですよね…。
先だっての九州での豪雨被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

レジャーを楽しまれているみなさんも、本当に気を付けて、水遊び山遊び満喫してきてください。

くらげはこのブログを書いたらかき氷を食べに行きたい!って思ってますけど具体的にお店も調べてないし何時に出発するのかも分からないし。笑
今回は牡羊座の月なので、思い付きと勢いでOKでしょ♪ということでその時のノリで行動してみます☆

山羊座満月はけっこう重かった方も多かったかな?
ここで一息ついて、一カ月頑張ったねと自分をほめてあげながら獅子座のエネルギーに向かう準備をしていきましょう!

スポンサーリンク

牡羊座下弦の月(2017年7月17日)の意味するところ。

寝るふくろう画像
2017年7月17日午前4時27分ごろ、牡羊座にて下弦の月です。

太陽は蟹座
月は牡羊座に位置しています。

蟹座の季節も終盤戦です。
みなさん、自分の中の活力となるエネルギーをたっぷりチャージできましたか?
冥王星が向かいの山羊座にいるので、なかなかゆっくりできなかったかも知れませんが。。

実は蟹座でのエネルギーチャージは、「寝る」ことに近いんです。

教室ではいはーい!って手を挙げて自分の意見を述べるとか
発表会の舞台に立って拍手をもらうとか

そういうエネルギー摂取の仕方ではなく

「自分」という個性を極力なくす
まだ肉体を持つ前に自分がいた世界に帰って休息する

みたいなことなんです。

寝てる時は意識がないですよね。
でも寝て起きたら気分がすっきりしていたり、体調が良くなっていたりします。
ということは、寝ている間に何か起こっている。
自分を回復させて、また一日生かさせてくれるような作用が。

だから寝ることってすごく大事だし、安心して寝られる場所が必要。
それがすなわち「家」であったり「家族」であったりするわけです。
そこから派生して「安心」「落ち着ける」っていう意味で捉えれば、その対象が「会社」の人もいれば「友達」「一人でいること」の場合もあると思います。
だから蟹座を定義するものって人それぞれ違って当たり前で。
何はともあれ、何かみなさんの中にひたひたとストックできた一カ月であったら良いなと思っています。

さて、本題の牡羊座下弦の月における、太陽と月のメッセージ。

今回は太陽と月のセット感がすごくあるので、分けずに考えてみますね。

山羊座満月のところでも書きましたが、ここ半年ほどで「啓示」のようなものを受けた人がたくさんいるのではないかと。
で、やっぱりそれって自分のそれまでの意識ではちょっと考えられないような、自分でもびっくりー!みたいな感覚だと思うのです。
「私こんなこと本当にやるの!?」とか「私本心ではこんなこと思ってたの!?」という感じ。

そういう体験を一度でもした人は、雰囲気変わるんですよね。
多分2年くらいみなさんと会っていない人と久しぶりに再会したら、「あれ、ずいぶん色んな面で変わったんだね」って思われるんじゃないでしょうか。
おそらくご自身も「昔の私はすでにここにいない」とはっきりと分かると思います。

でね、その「すっかり変わってしまった自分」でもって、新しく生きていくぞ!っていう意気込みの時期です。

寝てる人たちの枕もとでフライパンをおたまでガンガン叩きながら「そろそろ起ーきーろー!」ってやりたくなります。

場の空気読むなんて知ったこっちゃない!
自分は新しい波に乗っていくぜ!

太陽よりさらに蟹座の終わりに位置する火星の影響で、かなり獅子座モード入った感じになってくるようです。

それを受けて月は逆にまあちょっと空気読むというか。
新しい波には乗っていくけど、ちょっと待って、現実今メインでやってることもすぐには打ち切れないよね。
だからまあ、ダブルワークでいいんじゃない、今は。
両方しっかりやっておこう。

っていうことですね。
今回のタイトルも、月が教えてくれていること=自分はいくつもの側面を持っていて良い、というところから付けました。

とても冷静に個人の感情や事情を抑えて判断します。
ただし、この道一筋でやっていくという思いを持っている方であればその情熱は水面下でちゃんと持続しています。
ひとまず見えている世界のことに一生懸命取り組むことで、またさらに自分の内面が変化・成長していくことに気づくと思います。

今回は下弦の月のエネルギー…つまり今月はここまでいけたね、お疲れさまでした、次の新月に向けて反省したり準備を整えたりしましょう、という時期です。
ゆっくりクールダウンモードでいられるのも一週間ほど。
次の獅子座になったらまた忙しそうなので、今は焦らずに現状でできる最大限のことをしておきましょう。

双子座金星は人との交流が楽しい♪

カフェで交流画像

山羊座満月に引き続き、また金星が別動隊っていう感じで日々に彩りを添えてくれそうです。

双子座金星13度、サビアンシンボルも好き♪
「テレパシーの会話」。

表面的な言葉や会話の内容には興味がない。
心をちゃんと伝えることに喜びを感じる時期。

人との交流が面白い時期だと思います。
どんどん人に会ったり、話したりすると良いですね。
楽しい時間が過ごせそうですし、そして何だろう、非日常的なシチュエーションを楽しむことになる人もいれば、心に響くような思わぬ情報を手に入れる人もいそうな感じ。
人の相談にとことん乗ってあげる人もいるかもしれません。
逆に自分の悩みをドバっと打ち明けることもあるかも。

いずれにせよ、どこか日常から離れてワクワクするような状況を想起させる配置ですね。

この一週間、誰かと会う予定は入ってますか?
会いたいな、しゃべりたいなと思っている人がいるならこの期間に約束すると楽しそうです♪

スポンサーリンク

あとがき

木星が順行に転じ、天秤座から蠍座に改めて向かい始めています。
天秤座の木星が教えてくれていること。

人から見られる自分への自覚。
人と自分との関係構築。
または関係性の整理。
バランスを考えること。
ジャッジすること。
人に振り回されない自分になること。

蠍座木星期は、今よりもっと焦点を絞った生き方、人間関係となっていきます。
くらげももうすぐ占星術を使ったセッションメニューを作って常時募集させて頂く予定でいます。
他にもみなさんがご自身で人生を創造されていくサポートをさせていただけるように、少しずつ占星術以外のツールも練習中、勉強中です。
また時期が来ましたら順次お知らせしていきます。
12星座お手紙シリーズも進めたいー!

さあ、蟹座のプールからそろそろ上がらないといけませんね。
獅子座の太陽に思いっきり照らされる季節がもうすぐです!

次回7月23日、獅子座新月でお待ちしておりますね!

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。

【2017年夏至図で、秋分までの過ごし方をチェックしてくださいね☆】
2017年夏至図。大事な人達と共有したいあなたの世界観とは。

★金星逆行終了しましたが、みなさんの恋の振り返りに。恋愛感情に特化して書いてみました。★
金星逆行(2017年3月4日~4月15日)の意味。蓋をした恋愛感情との再会。

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。

スポンサーリンク

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
牡羊座下弦の月(2017年7月17日)の意味。「自分」は一つじゃない。
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする