双子座下弦の月(2017年9月13日)の意味。心は再び未来に目を向ける

みなさんこんにちは!くらげです。

9月6日の魚座満月から一週間。
途中大規模な太陽フレアが発生したりして、体調を崩していた方もいらっしゃるかな。
「人体に影響がない」とは公にアナウンスされつつも、くらげの体感では、軽微な体調異変は感じる人は感じるんじゃないかなって。
頭痛、だるい、眠い程度のものが多いと思うのですが。

ただでさえ今は乙女座の季節。
太陽・火星・水星と3天体乙女座に入っているので、「健康管理」がクローズアップされている方もいると思います。

乙女座の身体対応は「腸」「太陽神経叢」。
おなかの調子を整えることを意識するとともに、自律神経も乱れやすく気持ちが不安定になりやすい時期ですので、メンタルケアのほうにも目を向けてあげてくださいね。

あ、なんだか真面目な始まり方をしてしまいました。笑
それでは双子座下弦の月のメッセージを見ていきますね!

スポンサーリンク

双子座下弦の月(2017年9月13日)の意味するところ

乙女座仕事画像

2017年9月13日午後3時24分ごろ、双子座にて下弦の月です。

太陽は地・柔軟の乙女座。
月は風・柔軟の双子座です。

下弦の月のセオリーとしては、この一か月を閉じていくクールダウン期間、次の一か月に向けての準備期間と言われますが、今回まだまだ乙女座の季節は続いていきますのでね~。
あんまり「乙女座収束」感はないですね!
むしろ今「乙女座最充実期!」みたいな感じで、力みなぎってます。

なので、クールダウン期間かもしれないけどおとなしくはないよ、むしろ元気だよ!っていうテンションの方が多いかもしれません。

さて、太陽と月が教えてくれるメッセージですが。

魚座満月の時は、状況的に拘束感が強く、心もいったん普段の境界線があやふやになり不安定になり、輪郭をなくして中身が溶けだしてしまったよ…というような行き場のないドロドロ感を感じていたかもしれません。
それは自分の中の新たな可能性を拾ってくるという意味にも捉えられるのですが、あんまり快適な状況とはいえなかったかも。

その流れからの今回の双子座下弦の月。
太陽の位置からして、環境や他人から縛りを受けるっていう状況はまだ変わっていないんじゃないかと思います。
そこから何か大きなものを受け取る可能性があるって言ってたのが魚座満月でした。

今回は、どういう言葉が適切かなあ、割り切って、とか、吹っ切って、という気持ちで立ち向かう感じ。

今いる環境の中で要求されること…今までやったことがない不慣れなことかもしれません。
それを素晴らしい確実さでこなし貢献することで、みなさん自身が一段高い精神性に上がるような感じがするんですね。
その目の前が開けたような感覚を味わった時、ここしばらくは忍耐の時間であったかもしれないけれど、大きな力をつけたことを実感できると思います。

カイト画像

そして、魚座満月の時よりみなさん楽になったかなってくらげは感じているのですが、その原因は、月が双子座にあることです。
しかも自分の楽しみに集中するっていう場所に位置しています。

双子座の月からのメッセージは、「未来へ向けてワクワクすること、向上心」だと感じています。
土星が真向いで月をしっかりホールドしていますので、はめを外すというほどにはなれないと思うのです。
でも、未来の自分への期待が出てきたり、それに向けてやりたいことがたくさん浮かんできたり情報が入ってきたりして、とっても楽しく忙しくなるのではないかと。

状況的な縛りと心のワクワク感とが葛藤を作り出す時期でもありますが、その揺れ動きを苦しいと思わずにいい刺激だと捉えていれば、心身軽やかにいられますよね。
「派手に動けない状況ではあるが、今は『チャージ』しているんだ」と思えばよいですよ!
充電中の携帯電話だと思ったら分かりやすいでしょ?笑

今、対人関係も華やかに過ごせる時期だし、心の安定も木星によって保護されています。
大らかな気持ちで人に対して明るく親切に接していって下さいね。

それから、対人関係が賑やかであるという中で、特に女性がキーパーソンとして登場してくれる気配です。

魚座満月の裏テーマとして「獅子座の信念を羽ばたかせるため動き出す。決断する・集中する・自分で世界を動かす」っていうことを書いていました。

それがだんだん「裏」ではなく、表に見える世界とリンクし始めます。
みなさんの歩む道を応援してくれる人たちとの関係が盛り上がる時期と捉えることができます。
上に書いたのはそのキーパーソンとしての、女性との出会いという意味です。

天秤座の木星が牡羊座の天王星と向かい合う角度を取っています。
10月半ばくらいまでです。
1年間で何度も私たちの人間関係に改革を促してくれたこの星回りは、今回のタイミングでラストです。
次に木星と天王星が刺激的な角度を取るのは3年後くらいです。
その時には天体が示唆するテーマも変わっていますね。

今週は、みなさんの「学び、知性、それにより培った各自の信念」に対して、関わる人々が新しい風を吹かせてくれる。
あるいはそれによって関わる人が変わる、交流範囲が広がる。
そんな作用となるようです。

スポンサーリンク

あとがき

雑踏画像

とても辛い気持ちを抱えていたり、大変な状況に身を置いていたりしても、それを顔に出して道歩いてたり電車乗ってたりする人ってほとんどいませんよね。
一見みんな何事もなく平穏に暮らしているように見えます。

だからこそ、自分にとって大切な人たちのことは、表面で見ずにその奥を見ようって心がけています。
それで、声をかけたほうがよさそうだったらかけるし。
本人が人に知られたくないようだったら、何も言わず見守ります。

やっぱり乙女座の季節、ちょっとセンチメンタルになりがちなのかもしれませんが、笑
最近は「生きる」ってことに関して、いろんな側面から考えています。

あれこれ考えて、どさどさ本を読んで勉強して、ぜんぶこのブログや出生図リーディングなどにフィードバックしていきます。
くらげと関わってくれる人々が、いつもきっかけとなって閃きを与えてくれて、やりたいことはたくさんあって。
頭の中をどんどん形にしていきますね。

それでは、次は乙女座新月!9月20日にお待ちしております☆

New!【「自分のための自分」でいいんだよ。12星座別新学期応援メッセージ】
12星座別★新学期に向けた応援メッセージ

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。

【2017年夏至図で、秋分までの過ごし方をチェックしてくださいね☆】
2017年夏至図。大事な人達と共有したいあなたの世界観とは。

★金星逆行終了しましたが、みなさんの恋の振り返りに。恋愛感情に特化して書いてみました。★
金星逆行(2017年3月4日~4月15日)の意味。蓋をした恋愛感情との再会。

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。

スポンサーリンク

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
双子座下弦の月(2017年9月13日)の意味。心は再び未来に目を向ける
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さくら猫 より:

    こんばんは☆毎回のようにコメントするのも迷惑かなと思いつつ、やっぱり書いてしまいます(^^;
    だって、いつも『そうそう!』とか『なるほど!』とか今の自分にリンクすることばかりで驚きです。
    満月からまだ1週間しか経ってない!?と思わず読んでビックリするほど、特になにか変化があるわけではないのに、心が軽くなってきてます♪
    そしてなんか眠かったぁ(笑)
    今もふと、深く考え事をはじめたり、ふと快くない事を思い出して、心がユラユラしはじめたり、ドロンとした気持ちになりかける事もあるけれど、その気持ちを引きずらないよう切り換えて過ごすようにしています☆
    また次回楽しみにしています!