射手座満月(2018年5月29日)の意味。守りたいなら隠さない。

射手座満月(2018年5月29日)の意味。守りたいなら隠さない。

みなさんこんにちは、くらげです。

梅雨の気配はしてきましたが、今お子さんの運動会だっていう地域も多いですよね。

私も先日小学校の運動会見に行ってきました。

運動会ってすっごく「射手座」だなあって思いました。

火のエネルギーでみんな燃え上がる。
競争に勝ちたい!っていう負けん気。

柔軟のエネルギーでみんなの感情が揺れ動きます。

赤組のほうがリードしてる、勝てるかなあと弱気になったり。
騎馬戦で盛り返して逆転した!やったあ!と勢いついたり。
あと絶対フェアプレー。
正々堂々戦うのが射手座の本筋です。

射手座は筋肉にも対応しますから、占星術の世界ではスポーツの代名詞みたいな星座なんですよね。
実際アスリートやコーチ、インストラクターといった職業の方で射手座に特徴がある方は多いです。

今回はその射手座満月。
熱く堂々と自分を語り、かつあらゆる価値観を認める大らかな精神も持ち合わせるという雰囲気はありますね。
いろんな意味で派手なホロスコープかも。

では射手座満月詳しく見ていきます!

スポンサーリンク

射手座満月(2018年5月29日)は、囲いはいらない。風は吹くままに、水は流れるままに受け入れる。

大地に川画像

2018年5月29日23時19分ごろ、射手座にて満月です。

太陽は風・柔軟の双子座
月は火・柔軟の射手座に位置しています。

満月って、地球を挟んで太陽の真向いに月が来る時期です。
月は、真正面から向き合って初めて太陽の言わんとしていることを全面的に理解します。
相手がよく見えているから、言葉や行動で表現しやすいのです。

今回で言えば太陽は風、月は火のエネルギーです。
がっちりタッグを組む組み合わせではありますが、満月時、太陽と月は違う立場におかれています。

つまり、自分と違うからといって一方を自分の意見にねじ伏せるのではなく、違う者同士が互いの立場を尊重し理解し合った時、ものすごいパワーが生まれる。
満月とはそういうタイミングではないかと、今回強く思ったのです。

太陽と月のコンディション

太陽は双子座で4ハウス、月は射手座で10ハウス。
そこに水瓶座の火星が12ハウスから関わっています。

太陽と月からのメッセージ。

守りたい人、共感して欲しい人に対して、執着しないこと。
絶対絶対私の気持ち分かってよ!と押し付けない。

みなさんは風通しの良い「家」であってください。
大切な相手だからこそ、「いつでもここから出ていけるし、いつでもここに帰ってこれるからね」というドアや窓を開けておいてください。

そして自分自身のことも、隠さないこと。
さらけ出し、オープンでいること。
偽ることも、着飾ることも必要ありません。

誰に気を遣う必要もない、ただ自分に集中すること。
自分がどこまで大切な人たちの精神的支柱になれるかということに集中すること。

こんなに自分の力で何かひとつ超えていけるタイミングというのはそうそうないし、またその気概のある人は、誰かの助け、という形を借りて宇宙から一段上のステージに引き上げられるでしょう。

まず己の自力を信じて努力すること、そうすれば他力が手を差し伸べてやってくる。

今回のホロスコープ見てると、あんまり「人にかまう」感じがしないんです。
向き合うべきは自分、どこまでも。
自分は自分でしか在りえないんだから、という吹っ切れがむしろ心も体も元気にしてくれるような。

蟹座金星、蠍座木星、魚座海王星のグランドトライン

キラキラ天使画像

今回水の星座で見事なグランドトラインが形成されています。
しかも金星、木星、海王星というキラキラトリオ…。

グランドトラインっていうのは自分の中でスムーズに安定的に循環するエネルギーなので、他人に何かしてもらわなくても結構、ひとりで楽しめますからお構いなく~っていう感じなんですね。

でも金星、木星、海王星は自分の外に楽しみや夢を求める、どちらかというと環境側に期待する天体です。
金星だったら趣味とか恋愛から感情の揺らぎを感じたいし、木星だったら社会的な流行とか信仰心、奉仕活動などから満足を得たい。
海王星はもっと広大で、全く未知の、まだ現実世界に情報化されていない霧のような領域から何か引っ張ってきたいという気持ちです。

それが1,5,9ハウスで起こっているわけですから結局、みんなで一緒にキラキラしましょ~というよりも、自分の内面がものすごく充実感に溢れ輝きまくっている、というイメージで考えてもらうとぴったりくるかな。

最近私は1か月単位の12星座占いを連載していますので、未来のホロスコープを先取りして検証するんですね。
今回の満月ホロスコープも半月ほど前に軽く目を通していたので、その時浮かんだ言葉をメモしていて。

で、そのことをすっかり忘れたまま射手座満月ホロスコープを眺めたら、この水のグランドトラインに対してこんなメッセージが書いてありました。

「深刻に考えるなんてバカバカしい。人生楽しめばいいんだよ。」

過去の自分からのメッセージに思わず笑ってしまいました。
ほんと、その通りだなって。

叶うべきものは叶っていくんですよね。
蠍座木星と魚座海王星の120度は、例え強く願っていなかったとしても必要な環境をみなさんに気前よく用意してくれるんです。
もっと言ったら本当にみなさんに必要な自己イメージをプレゼントしてくれるんです。

だから人間ひとりの頭でくどくど考えても無駄なんです。
ただただ、楽しんで生きていれば、夢見の星海王星がいつの間にかみなさんの中に、個人の想像をはるかに超えたものを潜ませてくれるのです。

金星は蟹座。
楽しむことに没頭するとは言っても、この金星は他人を無視しません。
愛するものを慈しみながら育みながら、その行為を自分も楽しむのです。

このグランドトラインの力を借りて、自分を受け入れてあげましょう。
今よりもっと大きな愛を持った自分になっていって良いのだということを。
溢れるほど星たちから流れ込んでくるものがあるのだから、器を大きくしていないと受け止めきれなくてもったいないです。

それは山羊座の土星を使ってください。
山羊座の土星は未来への計画をしっかりと立てようとしています。
その計画の中にグランドトラインでチャージして満タンに満たされた自分を注ぎ込んでください。

今いつも以上に「ま、いっか~。なんとかなるさ」って楽な気持ちでいることは、諦めでもないしいい加減でもありません。
一見楽観主義の裏で、未来への錨は、粛々と下ろされているのです。

スポンサーリンク

あとがき

オーケストラ画像

最近「のだめカンタービレ」を読み返しているんですよ。
懐かしいですよね~!
マンガもドラマも大好き。
千秋センパイのツンデレにキュンキュン のだめちゃんの自由とストイックの同時進行に目が離せませんでした。

占星術と音楽、特にクラッシックは、表現方法は違えどきっと同じものを見ているのですね。
宇宙の法則を理解したい、表現したいという気持ち。
ドレミファソラシ、7つの音。
三区分(活動・固定・柔軟)と四元素(火・地・風・水)足して7になる太陽系エネルギー。

宇宙に隠された秘密は、地球のいろんなツールに散りばめられている。

占星術を扱うことは、その秘密を解き明かす冒険をしているみたいな感覚なんです。
クラシックに没頭しているあのマンガの登場人物たちを見て、同じ場所を目指していたとしても、色んな方向から冒険していいんだなということも、改めて感じました。

先人たちが大切に育て上げたうっそうとした森に迷い込んだようで、とんでもない世界に足を踏み入れちゃったなーと思うこともしばしばです。
けれど面白くて謎解きがやめられないんです。

これからもひよっこなりに頑張って言葉で表現していきたいなと、のだめちゃん読むことで(笑)決意を新たにしました。

みなさんも、ちょっと力抜いて、自分の人生自分で楽しむことを許可する満月にしてくださいね。

それでは次回6月7日、魚座下弦の月でお待ちしております☆

スポンサーリンク

  

【お知らせ】
ただいま鑑定のご依頼は、インターネットセッションか対面セッションのみご予約承ります。
出生図メールリーディングはご予約多数いただいており、大変お待たせしてしまいますので、また目途が立ちましたら募集を再開させていただきます。よろしくお願いいたします。
鑑定ご依頼・お問い合わせフォーム

  

★カルチャースタイルというサイトで12星座占い連載中です!新月ごと更新★
カルチャースタイル 12星座占い【星のうた】

★レターポットで応援くださるとうれしいです★
くらげのレターポット

  

星ライン

【2018年春分図で、一年間のテーマをチェックしてくださいね!】
春分図(2018年3月21日)を読む。自分という社会を受け入れ、活用する。  

星ライン

【山羊座土星期へ向けて、まずはみなさんの中の山羊座とは、について。】
山羊座土星期(2017年12月~2020年12月)の到来。まず山羊座の意味を考える。  

星ライン

【蠍座に木星が滞在している2017年10月~2018年11月、深く重く静かな情熱と向き合ってください】
木星蠍座期。2017年10月からは「捧げて受け取る」事で生まれ変わる  

星ライン

【「自分のための自分」でいいんだよ。12星座別新学期応援メッセージ】
12星座別★新学期に向けた応援メッセージ  

星ライン

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。  

星ライン

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。  

満月の星占いカテゴリの最新記事