獅子座満月(2017年2月11日)の意味。本来の自分に生まれ変わる。

みなさんこんにちは!くらげです。

今日は星々からのメッセージがありすぎて、というか見事すぎて、くらげの宇宙情報処理能力のキャパを超えているなあと感じて何度もホロスコープをただじっと見つめるという時間が過ぎております…。

夜わりと遅くから取り掛かったのですが、現実的な脳の働きと、感じるセンサー的なものが情報で溢れすぎてギブアップしたので、いったん寝ました。笑
なので今、朝の5時です。
おはようございます。

実は4時に起きたんですが、今回は月食でもあるので、そのことやドラゴンヘッド・テイルについて考えてたらあっという間に一時間過ぎました。。。

うまく伝えられるかなあ。
宇宙の壮大さの前に恐れを為しているくらげです、でも飛び込んでみます!

スポンサーリンク

  

獅子座満月(2017年2月11日)の意味するところ

ライオン画像

2017年2月11日、9時34分ごろ、獅子座にて満月です。
今回は半影月食!
それって何?

日食・月食について

ドラゴン画像

月食は月の軌道と太陽の軌道の交点(これをドラゴンヘッド・テイルと言います)付近で満月が起こった時に発生します。
半影月食は、月が地球の半影に入って、月の一部または全部がわずかに暗くなる現象。
「半影」とは地球の影(本影)の周辺にある薄暗い部分のことです。

また日食は月の軌道と太陽の軌道の交点付近で新月が起こった時に発生します。
なので、2月26日の魚座新月は日食となります。

日食月食について詳しくはこのあたりのサイト参考にしてください。
子供向けだけど、だからこそ視覚的にすごくわかりやすい!
キャノンサイエンスラボ・キッズ

ただし、今回の半影月食、日本では観測できません。
ヨーロッパ、アフリカ、南北アメリカ等でしか見れないので、日本では普通の満月です。

さて、日食月食がみなさんにどういう影響を与えるかというと。

イメージしてみてください。
月と太陽がぴったり重なるところ。
あるいは地球を挟んで真向いで向き合っているところ。
すっごい力強そうじゃないですか?

日食月食は大体年に各2回起こります。
月のエネルギーと太陽のエネルギーが、強烈に地球に注ぎ込んでくる…
そんな感覚を持って今回と2月26日の魚座新月のメッセージは読んでもらえたらいいと思います。

日食月食のエネルギーの受け取り方。
普段より心して承る!
みたいな感覚でいてもらえたらなと思います。

獅子座満月からのメッセージ

獅子座メッセージ

さすが水瓶座、風の不動星座だなあって感心してしまうほど、新月から上弦、満月と、言っていることがブレてません。

この水瓶座の時期は、春分から始まる宇宙的新年への準備期間にあたります。

その準備期間で何すればいいか、水瓶座新月から星々はずっと教えてくれているわけです。

牡牛座上弦の月では、「今までの自分に飽きてしまおう」ってお伝えしましたよね。

その部分は、この満月で意志に進化しています。
気づきから確信に変わったということです。

前回月の満ち欠けをジャイアン(太陽)のび太(月)で考えるとわかりやすいって書きました。

今回もそれ使ってみると、ジャイアン(太陽)
「俺、今までなんでこんなに頑なに自分ってものにこだわってたんだろう。もう子供っぽい執着はやめて、自分をもう一度鍛えなおしてみるよ!のび太、お前はどうする?」
って意志表明し、のび太(月)に問いかけているわけです。

それを受けてのび太(月)
「うん、じゃあ僕も毎日昼寝なんかしてるダラダラした生活はもうやめる!平凡な日常を繰り返してる場合じゃないんだ。自分はこれでいく!っていうことにひるまずチャレンジしていくよ!どんなに難しくても諦めない。何度でも何度でも立ち向かってやるんだ!」
っていうやる気に満ち溢れた返事をします。
そんな意気揚々とした二人が向き合っているふうに、くらげには見えるんですね。
この二人のエネルギーが、みなさんの中にもズバーンと入ってきてるって思ってください。
月食なので、特に「月」のほうのエネルギーを受け取ることになります。

で、このエネルギーでもってここのところ常にある冥王星・天王星・木星で作られた変革エネルギー、あ、現状ぶち壊しエネルギーという呼び方でもいいですよ、の中に飛び込んでいってミスティックレクタングルというエネルギー大交流会を繰り広げています。

もうお見事。
すごい勇気!
ていうかくらげたちもこの通りやりなさいよってことだよね(汗)
はい、了解しました!…みたいな感じですね。

そして、土星先生がまたいい仕事してます。
ミスティックレクタングル、カイト×2、グランドトライン。
占星術の複合アスペクトの代表格が、今回のホロスコープの中にどっさり組み込まれています。
これらをすべて、土星先生がまとめあげてくれちゃってるんです!

「君たちの身の回りにおこること、とにかく一生懸命取り組みなさい。
そしたら私がぜーんぶうまいこと現実に落とし込んであげるから、心配せず思い切りやりなさい☆」
って言ってます。
スラムダンクの安西先生が見えます…。
でも、「現実に落とし込んであげる」っていうことは、「自分の実力を他人や社会に認知させる」ってことなので。
土星先生は厳しい愛だから、何らか勇気を出して行動する方向にはなると思います。
きゃー、頑張ろう…。

それからそれから、このホロスコープ全体を支配するのは火星だから、勢いよく、情熱を持って行動してね。
時に戦うこともやむなしですよ。

その火星と金星がくっついてて、水星がこのふたりを応援!ということは、人との交流…特に男女間の交流はうまく運ぶ時期です♪
火星金星が位置する12ハウスを活用したとすると、ひそかなる想いの進行…みたいな感じにもなるかなあ。

海王星はフリーなんで、現実にちょっと疲れたら、イマジネーションの世界に浸って音楽聞いたり芸術活動したり、あるいはお酒飲んだりとか、そういうふわふわ感をうまくリラックスに取り入れていったらいいと思いますよ!

とにかく今回はエネルギーが渦巻いているので、くらげが読むのに使ったホロスコープ載せておきますから、ただそれを眺めているだけでもいいと思います。
意味が分からなくても、受け取れるものが絶対あるので。
むしろなにも考えず、ただ受け取ろうという気持ちでちょっと画像を眺めたりしてみて下さい。
すごく美しいホロスコープなんですよ♪

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

スポンサーリンク

あとがき

良かったあ、なんとか書けた!
今回の獅子座満月は見どころが多すぎて。
満月だけ見たらそうやってきょろきょろしてしまうんですが、水瓶座新月あたりから読み返してもらって流れでこの記事にたどり着いて改めてエネルギーを感じていただくと、この満月の集大成感をどっしりと受け止めてもらえると思います。

なんかね、まさに満ちてる。
充実してるよー!って感じがすごくしてます。

自分だけの力で生きてるんじゃなくて、こうして宇宙から力強いエネルギーが降り注いでサポートしてもらってるんだって思ったら、ちょっと肩の力抜けますよね。
くらげもほんと、皆さんにお伝えしながら自分も支えてもらっているんです。

くらげはこの満月の日、友人の結婚式に出席します。
この日を選んだ友人たち。
いつでもお互いの交流を忘れず、向上心溢れるご夫婦になりそうです♪
本当におめでとうございます。

さあ春の始動に向けて、どんどん動いていきましょう!

次は2月19日、射手座下弦の月でお待ちしております☆
  

【天秤座木星×牡羊座天王星×山羊座冥王星の影響で、人間関係で辛い方に伝えたい。という思いで書きました】
人間関係で辛くて悩んで、もう無理って思う時やってみて欲しい事。

  

スポンサーリンク

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
獅子座満月(2017年2月11日)の意味。本来の自分に生まれ変わる。
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする