乙女座満月(2017年3月12日)の意味。自分を発揮する場所への扉を開く。

みなさんこんにちは!くらげです。

今日はまず6年前の東日本大震災で被害に遭われた方々へ、傷ついた東北の土地へ、今も抱えておられるであろう様々な想いへ…
心を向けさせて下さい。
とても微力ながらも、くらげの意識がみなさんと繋がって、ほんの少しでも心が楽になれるお手伝いができたらと思っています。

くらげの双子の息子たちは、3月11日生まれです。
くらげにとっては一生、「生」の喜びを有難く思う日でもあり、この日失った数多くの命を悼む日でもあります。

今回の乙女座満月は、一生懸命生きようと頑張る人へ、エールを送ってくれるエネルギーだと思っています。
ぜひ読んで見て下さいね!

スポンサーリンク

乙女座満月(2017年3月12日)の意味するところ

立つ鳥画像

満月になるのは2017年3月12日の夜中、23時54分ごろです。

今回は、「新月の願いが満月で満ちる」という感覚がとても分かりやすいと思います。

2月26日の魚座新月は日食でしたから、あの時のテーマは8月に再び起こる日食月食までの
長期的なものと考えてもらって良いのですが、とりあえず今回の乙女座満月で状況はまた一歩進んでいますし、みなさんもこのたった半月の間でも、怒涛のように色んなことがあったのではないでしょうか。

以前、牡牛座上弦の月(2017年2月4日)の意味。自分に飽きることから始める。の記事で、月の満ち欠けは映画版ドラえもんのジャイアンとのび太の関係に例えるとわかりやすいって書いたんですよ。
詳しくはリンクから記事を読んでもらいたいですが、満月に関する部分を抜粋すると、

満月では、月は太陽と向かい合う180度の位置まできます。
このときのび太(月)はもうジャイアン(太陽)の言いなりではありません。
ピンチのジャイアンスネ夫を助けたり、囚われのしずかちゃんを奪い返しに行ったりと、大活躍します。
こうなるとジャイアンは、もうのび太が自分の支配下ではないことを知り、その存在を全面的に認めて一緒に協力して戦います。

今回はほんとに、太陽と月が「対立」というよりも「対話」ですね。
お互いの主張を認め合い、うまく調和してやっていく方法を見出そうとしている。
  

さて、太陽は魚座にあります。
実際的な社会の中よりも、自分の精神の中を探索したくなる時期です。

くらげたち、ずーっと。
新しく腰を据える場所、追い求めてきましたよね。

居住地を変える、仕事を変える、人間関係を変える、ってことでも当然あると思うんですけど、(そしてそのように進んでいる方々、実際にいっぱいいます)
一番重要なのは、自分の次元を上げるってことなんだろうなあって思っています。
「自分自身」の居場所を変えるんです。
そしたらそれに付随する環境は勝手に変わるんですね。

逆に自分の次元が上がったら、もう今までの場所にはいられないんですよね。
レベルが上がった自分をのびのび表現する場所に行かなくちゃいけないっていう気持ちに自然になると思うんです。

それが今回の太陽の意思です。

そして月は乙女座です。

みなさん、自分は一体本当はなにをやりたくて生きてるんだろうって、心のどこかでずっと思っている部分があって、それを追い求めて色んなことに挑戦しながら試しながら、これはなんか違う、こっちのほうが向いてるかも…と試行錯誤しながらやってきたんじゃないかなあと思います。

でもね、もう気づいた人たくさんいるんじゃないかなあって。

「あ、自分これやって生きていこう」って。

それどころか、これやって生きてくしかない、くらいまで衝動に突き動かされている人もいると思います。
何か新しい能力を獲得しなければいけなかったのではなくて、自分の中に本来持ち合わせていた才能に気づくことが必要だったんだって実感してきていると思います。

よく世間でいわれる「ありのままでいい」っていうのは、そういう意味だとくらげは思っています。
なにも努力しないでのんべんだらりとしていて良いっていうことではなく、自分を生かすものはちゃんと生まれた時から手に握っていたということに気が付けばいいだけだった。

そしてですね、このことに気づいたら。

社会で活かしてください。

実践していってください。

今回の満月は、みなさんの個人的な意思のようでいて、後ろに大きな大きな宇宙の意思が働いています。
だから逆に、安心して飛び込んで行っていいんです。
大きな力の後ろ盾がありますから。
目の前に次のステージに行く扉があることをイメージしてください。
その先は、自分の思いが次々実現する世界が広がっていますよ。
行くっきゃないですよね♪

ただ、立つ鳥後を濁さず。
自分さえ良ければの発想で今までいた場所をぐちゃぐちゃにしていくのではなく、しっかりときれいに整理整頓して、旅立ちましょう。
古い場所で引き留めてくる相手に、うっかりキツイ言葉を投げたりしないように気を付けていて下さい。
常に相手のことも考える余裕が、また自分にしっかりと良いお知らせとして返ってきますから。
進む方向をはっきり自分の中の柱として立てたら、あとは焦らずに順番にクリアしていきましょう!

木星×天王星×冥王星の影響、火星の牡牛座入り

助ける画像

変革の星天王星は、牡羊座滞在も長くなり、成熟してきています。
今回の満月のエネルギーに深く関係していると思いますが、自分の生活を根本から覆したくなる気持ちに一役買っています。
不思議な経験をすることで、自分の力の及ばないところで「動かされている」感覚を覚える人もいると思います。

そんな風に個人的には相当勢いがあって面白い時期だと思うのですが、自分さえよければ、となりがちなところをぐっと抑えて、常に人を助ける気持ちを持っていて下さい。

木星や冥王星は、「人を助けよ」というメッセージなんですね。
木星は心のサポートを、冥王星はお仕事や学校での人間関係の中で、実務的なサポートをすることを求めています。

それによって個人の勢いが削がれるような気がしてイリイリする部分もあるかもしれませんが、この過程を通ることもまた、先へ進むのに必要なことなんですね、きっと。

それに、おそらくみなさん自身も誰かから助けられる経験をすると思います。
面白いなあ。
自分から先に与えれば、ちゃんと返ってくるって、宇宙さんがメッセージで教えてくれています。

魚座の「すべて許容する慈悲の心」を、この期間は意識して持っていたいものですね。

そして火星が牡牛座に入りました!

が、牡牛座の初期度数にいるので、まだ「落ち着いた感」とか「じっくり感」とか、全く無いですねw
牡羊座の火星は、突っ走っていって誰も止められない…みたいな情熱だったんですが、その勢い衰えぬまま牡牛座にバーンと入っていったって感じ。
自分の資質を知るために、わざと問題を引き起こして、それに対して起こる相手のリアクションから自分を知る…みたいな、非常に危なっかしい「自分お試し期間!」だと思っていいんじゃないかな。

でねー、どうしても魚座新月から恋愛感情の話が続いているんですが、今金星は火星のホームタウンに、火星は金星のホームタウンにそれぞれ出張してるみたいな位置関係にありまして。
金星は女性を表し、火星は男性を表す星です。
そうするとくらげの感覚では…お互いのことを学び合うっていうイメージが浮かびます。

やっぱりこの期間ね、何か起こりそうなんですよ。
漠然としていて申し訳ないんですが。
お互いのことに気づき合って学びを深めるようなことが。

それはゆるーい出来事というよりも、どちらかというと衝撃的な出来事じゃないかと思います。
「こんなことが起こっちゃったよ!全く予想してなかった、どーしよう!」みたいな、ちょっと自分の想像外のことかもしれないなあと。
土星が火星と協同しているので、そこまでヤバい感じにはならないとは思いますが。。

んーなんかくらげもホロスコープからそういう雰囲気を感じるだけで、「え、そうなの?」っていう笑、書いてる本人も「えーー?」とか思っていますが。

基本、楽しんで生きることがくらげの信条ですから、くらげフィルターから見た宇宙のメッセージ、何が起こるのかなあってワクワクしてもらえたら何よりです!

スポンサーリンク

あとがき

光の射す方へ画像

最後はくらげが先日知り合った、手相鑑定士の方との経験をシェアしたいと思います。
阪口惠さんという方で、手相以外にもヒーリングやマナカード、ヒプノセラピー(前世療法)など、様々な技術を持っておられます。
阪口恵さんのブログ「愛とユーモアで鑑定 名古屋 手相 アストロ風水 マナ・カード ヒプノセラピー 阪口惠」

惠さんの手相鑑定技術も凄まじかったのですが、何より惠さんのお人柄が素晴らしくて。
常に明るく、笑いの方向へエネルギーを変換させる技術…というかこれは惠さんの天性のものだろうなあと思います。
そのエネルギーに浸されていると、自分の胸がどんどん軽くなっていって、顔が明るくなっていくのを感じました。
(「目もぱっちり開いたね!」って言っていただきました笑)
存在そのものが愛の方でした。

くらげがこの経験からみなさんにお伝えしたいのは、

愛って明るいもの、光り輝くものだっていうことを覚えておいてほしいなあと。

だから、自分はこの人のことを本当に好きなのか?とか
この場所に居続けていいのか?って迷ったときは、

その人や場所と共にいて、明るい気持ちになれているかな?
日差しが差し込むように、ろうそくの灯がともるように、心に光が当たっているかな?
嬉しい気持ちがこみあげてきて、自然と笑顔になれているかな?

そのことを考えてみたら、答えは簡単に出るんじゃないかなって。

愛は、暗くないです。
それは絶対です。

ミスチルのこのタイトル、今回のテーマにぴったり。
「光の射す方へ」

Mr.Children「光の射す方へ」

最後に音楽紹介すると元気が出るくらげです!
みなさんも、「自分が本当に好きなこと」をやればいいんだからね。

じゃあ、次は…お!3月20日春分、宇宙のお正月!
いよいよ始まるねー!
こころしてホロスコープ読ませていただきます!

ではでは、またね☆
  

★ただいま金星逆行中です!恋愛感情に特化して書いてみました。★
金星逆行(2017年3月4日~4月15日)の意味。蓋をした恋愛感情との再会。

  

【天秤座木星×牡羊座天王星×山羊座冥王星の影響で、人間関係で辛い方に伝えたい。という思いで書きました】
人間関係で辛くて悩んで、もう無理って思う時やってみて欲しい事。

  

スポンサーリンク

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
乙女座満月(2017年3月12日)の意味。自分を発揮する場所への扉を開く。
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みき より:

    こんにちは、くらげ様。

    魚座新月のコラムにコメントさせて頂いた者です。

    あれから会社に退職の旨を申し入れたところ、会社が大混乱になりました…。有難いことに、皆に引き止められましたが退職となりました。 会社は1つの事業所を閉める事態にまでなってしまいました。

    そこまでして退職しましたが、肝心の友人の事業の方も混乱しています。正直、逃げたい気持ちがありますm(__)m

    今回のコラムも私の気持ちを一番表してくれている様で嬉しかったです。
    先月からずっと気分が晴れません(^^;

    • 管理人くらげ より:

      みき様

      なかなか大変な状況にいらしたのですね(汗)
      それだけみきさんが会社に必要とされておられる人材だったのですね。

      そうですね…太陽が牡羊座入りすると、また空気が変わるかもしれません。
      あと1週間もないので、それまでまあちょっと俯瞰的に様子見てみるのも良いかもですね!

      • みき より:

        お忙しいなか返信アドバイスありがとうございます。

        ps友人の事業が白紙になってしまいました。。。あの大混乱の退職劇はなんだったのでしょうか…(*_*)

        • 管理人くらげ より:

          みき様

          そうなのですか!
          それは今さぞかしご心配な状況でしょう…

          もしよかったら、有料にはなってしまいますが、出生図リーディング~現在の状況を見ることも承りますのでご相談くださいね。