山羊座満月(2017年7月9日)の意味。人生における重要なテーマを決める。

山羊座満月(2017年7月9日)の意味。人生における重要なテーマを決める。

みなさんこんにちは!くらげです。

昨日、買い物に行ったんです。
その時、「本屋さんに寄らなければいけない」と思って。
でも特に買いたい本があったわけじゃなく、とにかくなんか寄る気がして。

キングダム(愛読書です)の新刊が出てるわけでもないし…
気になってた本はいくつかパラパラと立ち読みして、でも買うには至らず。

「本屋に寄る」衝動の目的はこの程度だったのかな?と拍子抜けしつつもう少し奥まで進みました。
そしたら、あった。
分かった、これだこれ。
この本に呼ばれてた。
星の王子様

ここ1週間ほど何回も目にして、なんだかすごく気になってた。
ちゃんと読んだことがなくて。

星の王子様。

本は文字がちゃんと書いてあるけど、ホロスコープは記号しか書いてないから解読が大変。笑
読書はご褒美にとっておいて、山羊座満月ホロスコープ読みましたのでご覧下さい!
自分の衝動を信じて生きることは、山羊座満月のテーマにも繋がっている話。

スポンサーリンク

山羊座満月(2017年7月9日)の意味するところ。

ヤギ画像

2017年7月9日13時7分ごろ、山羊座にて満月です。

太陽は蟹座
月は山羊座に位置しています。

満月は文字通り「満ちる」時。
太陽のエネルギーを月が全身で受け止めます。

くらげは個人的には、この時期が「願望達成」のタイミングだとは思っていません。

ここで何かが叶うというよりも、「願望達成のために駒がすべて出揃う」「意欲・気力が十分に充実している」そんなエネルギー満タンの状態、目の前が開けたように感じる状態で1週間頑張ってみる。
その成果を感じられるのは実は下弦の月のタイミングなのだと、今のところそういうふうに解釈しています。

蟹座の季節ではあるのですが、「水」の要素に負けないくらい「火」の要素も強いです。

そして「現状維持」のエネルギーがまあほぼないですね。

血気盛んに動け!
状況を見極めて望む方向へ変えてゆけ!

そんな大枠でのメッセージをまず感じています。

蟹座太陽からのメッセージ

蟹座の季節として半分以上が過ぎました。

ここまで、内輪の関係性の中で共感を深める作業をしてきました。
生きていくための土台として、心のよりどころとなる場所を確認しておく必要があったんですね。

だから主に問題として浮き彫りになるのは「家族」というテーマであったり、「仲間」というテーマであったりしたと思います。

そのような課題をこなしながら内面を成長させてきたみなさんは、「分かってくれる人たち」の中だけにとどまっているのはもったいないのです。
もっともっと多くの人たちや大きな目的の為に自分を活かしていくタイミングがきています。

だから、ご自身の可能性をさらに引き上げていけるようなお仕事や活動をぜひやって欲しいのです。

みなさんそれぞれの信念に従って下さい。
理想の姿を追い求めて下さい。
誰が何と言おうと上を目指して下さい。

各自やりたいことや目指したいポジションは違うと思うし、違って当然です。
誰と比べなくてもいい、自分が今までの自分を超えていく。
そんな熱意でこの時期を駆け抜けて欲しいと思います。  

山羊座の月からのメッセージ

到底、リラックスとは程遠い状況かと思います。
山羊座は月にとって全然ゆるめる要素のない場所なのでただでさえ緊張状態ですが、今は太陽&木星と織りなす角度までもがカラダぎゅっとしちゃうような配置です。
まあでも救いは木星絡みなのでどこか楽天的で、守られている雰囲気がすることかな。

そしてなにより月の真後ろに冥王星です。
この状況を例えるなら、王様の小脇に抱えられた子犬みたいな感じ。
抱えられたままどこか連れていかれてどんな極限の状況を見せられるやら分かったもんじゃありません。

それくらい今私たちは好むと好まざるとに関わらず、やらなくてはいけないことがある。
それは私たちの社会的立ち位置を少なからず塗り替えるようなこと。

逆行の冥王星と月の出会いと考えれば、自分の可能性の中からワンテーマ集中でやりなさい、とのメッセージと受け取れます。

多分、この半年ほどの中で「啓示」のようなものを受け取っている人は多いはず。

啓示って言っても「突然雷に打たれました!」とかではないと思います。笑

そうではないけど、俯瞰してみればどうにもこうにもそういう流れになっていること、とか。
やたら周りの人から勧められること、褒められること、何回もキーワードを目にすること。
全く初めて取り組むことなのに、なぜか「やれる」と確信があること。

そういうことに対して、今やらずしていつやるんだくらいの強烈なエネルギーが注ぎ込まれています。

今日は満月であることを思い出して下さい。

今まで自分のやるべきことがはっきりと分からなかった人も、太陽からの「自分の可能性を引き上げる場所に行く」エネルギーをまるごと余さず受け止めようという気持ちで過ごしてみて下さい。
このタイミングで意識が急激にとある一点にフォーカスされていくような、行動したいという抑えきれない衝動に突き動かされるような、劇的な体験をするかもしれません。

今回の太陽と月が直線で作り出すエネルギーは、まるで太い柱みたい。
揺るがない信念を確立しようとしている。

それに対して、心が動き出します。
見えない部分の成長があります。

場所を選ぶこと。行動を起こすこと。心が揺さぶられること。
全てが「動く」満月と言っていいと思います。
だから、人によっては心身キツイかもしれません。
一気に恐れや不安が襲ってくるかもしれません。

でもそれ、超えていきましょう。

みなさんが一生懸命行動する間、夢は常にそばにいてくれます。
描いた理想がうやむやになることはありません。
だから絶対大丈夫って、信じていてくださいね!

水星の獅子座入り。双子座の金星を応援!

風船プレゼント画像

今回の山羊座満月のスピンオフみたいな感じで、この獅子座水星と双子座金星はいい味だしてると思います。

蟹座新月の時と同じ、8ハウスという場所に金星が入っています。
8ハウス金星は、くらげの中で「愛」だなあーって思っているんです。
深い深い愛。

双子座に金星が入っている今はね、やっぱり「言葉」を大切な人にプレゼントしてあげて欲しいです。

言葉を司る水星が7月6日蟹座から獅子座に移動しました。
蟹座に水星があった時はね、身内だけに打ち明ける感じ。
あるいは自分で自分に語りかけるとかね。

獅子座に水星が入った今は、ちゃんと外に向かって自分の気持ちを表現していくといいです。
自分の意見を述べて、それで人と違ってたっていいじゃない。
その違いが次のエネルギーを生むんだから。

自分が何気なく発言したことが、相手の人生のターニングポイントになることだってある。
それくらい言葉には力があります。

「好きだよ」とか「愛してる」って言わなくても、言われなくても。

それに匹敵する想いが何気ない言葉に込められているかもしれません。

きれいにまとめなくてもいいし、立派にラッピングしなくてもいい。
そのへんの土手で咲いててきれいだったからあげる。
みたいなぶっきらぼうさでも、ちゃんと伝わるでしょう?

みなさん、この時期大切な人とたくさん話をしてほしいなーってくらげは思っています。

スポンサーリンク

あとがき

友達ボーリング画像

私たちは、誰かとともに生きたいと強く願いながらも、揺るがない自分であるべきだとも思っていたりして。

人間は矛盾の生き物なんだなっていつも感じています。

でもホロスコープの星々は、その矛盾を許す…許すというよりもあって当たり前という風にさらっと表現してきます。
それでいつもくらげは混乱させられながらも笑、安心するんです。

今回の山羊座満月ホロスコープも、色んな思いが入り乱れる葛藤がありながら、それでも一本芯を通していこうというような強い意志を感じます。

だから安心してぐちゃぐちゃになって下さい♪
抱えきれない時はコメント欄使ってね!
お返事します☆

それでは次は7月17日牡羊座下弦の月でお会いいたしましょう☆

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。

 

【2017年夏至図で、秋分までの過ごし方をチェックしてくださいね☆】
2017年夏至図。大事な人達と共有したいあなたの世界観とは。

 

★金星逆行終了しましたが、みなさんの恋の振り返りに。恋愛感情に特化して書いてみました。★
金星逆行(2017年3月4日~4月15日)の意味。蓋をした恋愛感情との再会。

 

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。

 

スポンサーリンク

満月の星占いカテゴリの最新記事