蠍座新月(2017年11月18日)の意味。主役は自分だと宣言する。

蠍座新月(2017年11月18日)の意味。主役は自分だと宣言する。

みなさんこんにちは、くらげです。

急に寒くなりました~~涙
寒いの苦手なんですよね…。
血圧低いから末端に血が行き渡りません。
すぐしもやけになっちゃいます。。。

それはさておき、西洋占星術には「太陽回帰図」というホロスコープがあります。
ソーラーリターンチャートとも言います。
これは、生まれた日の太陽の位置に、現在天を移動している太陽がぴったり重なった瞬間の図です。
生まれ時間が確定していないと出せないんですけどね。
太陽回帰図では、誕生日から次の誕生日までの一年間の傾向を知ることができます。

ということは、誕生日付近の出来事は、この一年間を象徴しているんじゃないか?と思いまして、くらげは先日迎えた誕生日の前後1、2日ほど、自分に起こることをじっと観察していました。
そうすると、なるほど太陽回帰図が暗示していたのはこういう意味だったんだ!って分かるようなことが次々起こりました。

だからね、自分の生まれ時間が分からない人でも、ご自身の誕生日付近では日常を注意深く客観的に観察してみてください。
それが今後一年間の縮図かもしれませんからね。

さて、今日は蠍座新月!
今空模様が大荒れですねえ、、、
みなさん無事です?って心配になるくらい。
ではさっそく見ていきましょう!

蠍座新月(2017年11月18日)。脚本は宇宙が用意しているから、演出は各自でね

舞台画像

2017年11月18日20時41分頃、蠍座にて新月です。

太陽、月ともに水・固定の蠍座に位置しています。

蠍座に太陽、月、金星、木星!
4天体入っています。
感情の深みここに極まれりって感じですね。

蠍座が濃いと辛く感じる人もいると思います。
それはあまりにも感情が奥深く入り過ぎるからです。
自分にも、相手にも。
普段見ないような部分まで見せられてしまいます。

蟹座、蠍座、魚座の人はわりかし大丈夫なんじゃないかと思いますが、それ以外の方々は人の気の重み、しかも粘度があってまとわりつくような…そんな「重い液体の中」に潜っているような息苦しさを感じているかもしれません。
そのせいなのかどうか、体調不良の人も続出のようです。
かく言うくらげも、久しぶりに熱を出してしまいました。

さて、新月ですので月は完全に太陽の意志に従う状態で、一カ月のスタート地点ですね。
今回の太陽と月は他の惑星との繋がりをもっていません。
不安定ともとれますが、しがらみがないとも言えます。

蠍座新月が教えてくれること。

わがままでいこう。
自分が主役の舞台を演じよう。
その舞台の上で、自分が信じていること、思いっきり叫ぼう。

場内は暗転、スポットライトが当たっているのはあなただけ。
周りは見えません。
お客さんの入り具合を確認することはできない。
叫んだ想いは、誰かに届いているのかどうかすら分かりません。
渾身の力で叫んでも、それは他人にとっては右から左にあっという間に抜けていく、取るに足らない主張なのかもしれません。
そうだと分かっていても、ちゃんと声に出すことが、今、大切。
だって、いつかその時がきたら、誰かが覚えていてくれるかもしれない。
「ああ、あの時あいつそんなこと言ってたな」って。
言わなかったら誰にも分からない、分かってもらえないよ。
言葉で嘘はいくらでもつけるけど、真実も言葉で表現することができるよ。

今やるべきは、みなさんの中の真実を、人に伝えること。
反応や結果は気にしないで。
今の時期そこはどうでもいいっていったら語弊があるけど、別の天体たちがフォローしてくれるから。

みなさんの「ストーリー」を、光の当たる場所へ連れて行ってあげてください。

山羊座冥王星と天秤座火星のスクエア。いろんな意味で「事故」があるかも

絆創膏画像

山羊座冥王星と天秤座火星のスクエア、数日前から形成され始めていました。
これ、、、影響力っていうかもう破壊力と言っていいかもしれない。
すっごいです。

まず、FBページでも触れたけど、事故、怪我、体調不良の出現、イライラの暴走。
このあたり、みなさん経験されるかもしれません。

ちなみにくらげはですね、一昨日目の前でプチ事故発生。
昨日、深刻な怒り&怪我。長男次男怪我。
程度は大したことないですけどね。
今日、隣の家の前にたくさんのパトカーと警察官!(警報機の誤作動で、事件は起こっていませんでした)
三男部活で転んで手に怪我。

…話盛ってないんです。全部実話です。
ブログでみなさんに正しく伝えられるように、ホロスコープに示されることくらげに全部体験させてください!っていう風に常々宇宙さんにはお願いしているのですが…ものすごく律儀にその願いは聞き届けられているようです。

怪我はもとより、やっぱり今回のこのサイン、この配置で重要な意味を持つのは「人間関係の中での事故」だと思うんです。
今回のホロスコープでは、4ハウスに天秤座火星、蠍座木星&金星が入っていることから、人との関わりの中で精神的な安心を得る為の、人間関係の整理整頓っていう雰囲気なんですね。
火星冥王星スクエアは、心の安定を得る前のひと騒動という感じ。
切る人は切る、みたいな。
その壁を突破した後で、蠍座木星金星のディープ社交パワーで本当に心許せる人脈を構築するという流れだと思います。

この、あとから構築される人間関係というのが、すごくいい感じ。
天の采配で、この先未来に必要な人たちがそばにいてくれるような。

蠍座木星&金星が重なっている配置も11月11日くらいから形成されていて、これは魚座の海王星と120度で仲良し。
どう影響出るのかくらげまたじっと観察していたんですよ。笑
単純に誰かからなにかプレゼントされたりっていうことは、経験する人多いかもしれません。
特にパワーストーンとか、お守りとか、パワースポット関連のものとか…そういうの珍しくもらったなーってことがあるかも。

あとはね、ものじゃなくて「気持ち」でもらった人もいるかも。
とっても優しい、縛りとは程遠い、自由な精神に満ちた気持ち。
くらげ的にはこっちの出方のほうが、蠍座木星&金星らしくて好きですけど、みなさんどんな風に体感していますか?

あと、くらげがずっとその意味を考え続けているのが牡羊座天王星と射手座土星の120度。
気がつけばこのアスペクトのことを考えています。
社会的影響力の星同士だから、たぶんちょっと個人で体感し辛いとは思うんです。
ただ、なんとなく、何にも振り回されない信念、目指すもの、っていう部分が自分の中で明確になってきている感じありませんか?
今回のホロスコープでは、たとえそれが社会の本流から外れたものであっても、意に介さず人に表明し続けるっていうエネルギーとなっています。

いろんな角度から見ていくとね、やっぱりこの新月ではみなさん舞台俳優になってください。
みなさんはその他大勢なんかじゃない。
誰かの引き立て役じゃない。
自分の人生の主役なんだっていうことを、高らかに宣言してください!

スポンサーリンク

あとがき

カチンコ画像

今回の蠍座新月ホロスコープ、タイトルにも書いたけど本当に「脚本」みたい。

社会に出ていった先で、縁を切る勢いの「事故」が発生して…
でもその先に、ゆるぎない絆を目指す挑戦があって…
深く関わっていく人が決まって…
そんな経験をしたからこそ、本当に自分が大切にしたいものが理解できて、人に言えるようになる。
その発表の舞台では、事故ったことすらネタの一つ、演出の一つとして収まる。

お話に肉付けしていくのはみなさん自身。
ご自身の人生の中でこの演劇をやってみて下さい。
新月だから、舞台の幕が開いて、そこから1カ月間の公演がスタートですよ。
ぜひくらげをお客さんとしてみなさんの舞台に呼んで下さいね♪
観に行きますからね☆

それでは次回は11月27日、魚座下弦の月でお待ちしております!

☆出生図鑑定やセッションのご依頼はこちらからどうぞ☆
鑑定ご依頼・お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

【蠍座に木星が滞在している2017年10月~2018年11月、深く重く静かな情熱と向き合ってください】
木星蠍座期。2017年10月からは「捧げて受け取る」事で生まれ変わる

  

【2017年秋分図、できあがっております。年内いっぱい有意義に過ごす参考に。】
2017年秋分図。自ら冒険に飛び込み、自分の輝きを確かめる。

  

【「自分のための自分」でいいんだよ。12星座別新学期応援メッセージ】
12星座別★新学期に向けた応援メッセージ

 

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。

 

【2017年夏至図で、秋分までの過ごし方をチェックしてくださいね☆】
2017年夏至図。大事な人達と共有したいあなたの世界観とは。

 

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。

 

新月の星占いカテゴリの最新記事