射手座新月(2017年12月18日)の意味。未来の自分像が書き換わる。

みなさんこんにちは!くらげです。

射手座の季節もあっという間に終盤。
みなさん忙しくお過ごしですか?
射手座の支配星は木星ですから、なんでも拡大していく傾向にあるので、予定がたくさん入ったり生活が慌ただしくなったりって、あると思います。
スポーツを楽しむ、講座などに出て学ぶ、ちょっと難しい内容の本を読みたくなる、自分の考えを人に伝えたくなる…など、みなさんの生活の中で起こっているかもしれません。

さあ今回は射手座で新月。
ここから年明け過ぎてしばらくは人との関わりの中で学ぶ時間となっていきそうです。
ひきこもりNGですよ~。
どんどん交流の場に出ていきましょう!

ではさっそく、見ていきますね☆

スポンサーリンク

射手座新月(2017年12月18日)。人との交わりの中から自分を見つける。

交流画像

2017年12月18日15時30分ごろ、射手座にて新月です。

太陽、月ともに火・柔軟の射手座にあります。

ここから一カ月のスタートです。
今の時期はグレゴリオ暦では年末ですから、スタートっていう感覚は持ちにくいかもしれませんが、新月のタイミングくらいはそのように意識してみると良いと思います。
寒い季節ですが、射手座の元素である「火」を心の中に灯しましょう。
向上心を持つことや、精神性の高みを目指すことを意識してみてください。

さて、今回の射手座新月ホロスコープでは、もう圧倒的に「人と交流しましょう」っていうメッセージです。

寒いけど、人に会いに行きましょう!
わざわざ誰かと約束しなくとも、学校や会社で会う人たち、忘年会やパーティ、習い事やサークル活動…いろんな場がありますよね。
今、その交流の中に、はしゃいだ雰囲気とシビアな雰囲気、両方同居しています。

仲良く楽しくわいわい過ごすことから受け取るものもあるでしょう。
逆に冷や水を浴びせかけられるような出来事が起こって、その相手との今後の付き合いを考えるといったこともあり得ます。

この時期はとにかく人とのコミュニケーションから学べることがあるので、何が起こるかは心配せずにとにかく状況に飛び込んでみてください。
その際に、自分のことばかり話さずに、相手の話から教えてもらうという姿勢が大事です。
みなさんの先生となる存在は年上ばかりとは限りません。
自分より年下の人が、重要なことを伝えてくれる可能性もあります。
色んな年代の人と話ができると良いですね♪

この間から自分の常識の枠を広げていけるエネルギーの中にある、という話題をしています。
例えば双子座満月ブログです。
土星と天王星の120度のアスペクトが形成され、くらげは「新常識アスペクト」って呼んでいます。
それを受けてこの射手座新月では、自分の未来像の書き換えが起こってくると考えられます。

例えばお仕事で言えば、このポジションで今後実力をつけていきたい、という立ち位置が自分の中で見えてくる体験があるかもしれません。
その思いはなかなかこれまで堂々と表明できなかったものではないかと思います。
それにまだ変化の最中で、固まった形では見えていなくて戸惑いもあるでしょう。
でもそれで正解。
まだまだみなさんは変わっていけます。
こんな自分像を思い浮かべちゃって大丈夫かな、大それていないかな、という不安はすぐに打ち消して下さい。
射手座は向上心の星座でしたね。
現状維持は似合いません。

これからは山羊座のエネルギーが非常に強い時代に入ります。
現実的に行動して結果を出すというものです。
その時、どうしても個人の精神性を犠牲にして、環境に合わせていかなくてはならないことが増えます。
だから今のうち、火のエネルギーを体に覚え込ませておいてくださいね。
表向きは鎮火したように見えても、射手座の季節に心の内に灯した火のことを、私たちは無意識にでもちゃんと記憶しておけるのです。

次に太陽・月以外のアスペクトも見ておきますね。
そうですね、ホロスコープからはやはり学校や会社、専業主婦の方なら家での自分の立場について、もやもやするようなことがありそうだなって感じます。
具体的には仕事辞めたくなったり、職場で反抗的な態度を取りたくなったり、副業を探し始めたりっていう行動として出るかもしれません。

なんだか今って、自分の主体性をすごく求められている時期だと思います。
それは人として孤立するという意味ではなく、「自分は何をして生きていきたいのか」を明確にすることです。
誰かの意志に合わせて、流されて生きる時代は終わりつつあることを思い知らされる機会が多いです。
特に女性は、古い常識からの脱却を促されていることを実感されているのではないでしょうか。

学校生活や職場環境で現状もやもやするものがあるとしたら、それは「絶対にあなたが実現したいと本心で思っていることは一体何ですか。それが分かっているならば思い切って飛び込みなさい」ということを後押しされています。
誰かの後ろに隠れるのではなく、みなさん自身が仲間をまとめ上げていく気持ちを持つことを要求されているようです。

スポンサーリンク

あとがき

雪山を見るひと画像

最近星読みをしていて、今おもしろい局面に私たちはいるのだなあと感じています。
今までは頭の中にだけ展開していたものが、現実に見える、形になるという時期に入っていきます。
準備できてる、できていないに関わらず、突入していくしかないですよね。
12月21日から山羊座に土星が入り、翌日は冬至。
冬至図から、まず「決意」から始まるんだなあと、気を引き締めております。
また改めて記事にしますので、ぜひ遊びにきてください。

それでは次回は12月26日、牡羊座上弦の月でお待ちしております☆

★2018年1月17日山羊座新月の日、ZOOMを使って占星術イベントやります♪くらげの星占いFBページをチェックしてね★

☆出生図鑑定やセッションのご依頼はこちらからどうぞ☆
鑑定ご依頼・お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

【山羊座土星期へ向けて、まずはみなさんの中の山羊座とは、について。】
山羊座土星期(2017年12月~2020年12月)の到来。まず山羊座の意味を考える。

  

【蠍座に木星が滞在している2017年10月~2018年11月、深く重く静かな情熱と向き合ってください】
木星蠍座期。2017年10月からは「捧げて受け取る」事で生まれ変わる

  

【2017年秋分図、できあがっております。年内いっぱい有意義に過ごす参考に。】
2017年秋分図。自ら冒険に飛び込み、自分の輝きを確かめる。

  

【「自分のための自分」でいいんだよ。12星座別新学期応援メッセージ】
12星座別★新学期に向けた応援メッセージ

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。

【2017年夏至図で、秋分までの過ごし方をチェックしてくださいね☆】
2017年夏至図。大事な人達と共有したいあなたの世界観とは。

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
射手座新月(2017年12月18日)の意味。未来の自分像が書き換わる。
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みみ より:

    くらげさん、こんばんは。みみです。
    みみは飛び込みました。現状がいっぺんに変化して、煌びやかな世界と闇の世界。
    でもそれを今まで常識や偏見、みみが生きてきて知らなかった世界、知りたかった世界、
    生きていいのかという世界。
    でももしかしたらこれは闇でもない、人間としてある姿なのかも…。いや、捉えすぎ、考えすぎてたのかもしれません。
    とにかく、毎日が目まぐるしく、ただただ体験している、という感じです。
    ここからきっとあらたなみみが目覚めていくんだなぁと、思っています。
    出勤前だからうまく書けないけれど、
    わたしは今楽しんでいます。
    色んなことを吸収して、頑張ります!
    では、いってきます!

    • 管理人くらげ より:

      みみさま

      お仕事お疲れ様です!
      この星読みをしながら、みみさんに思いを馳せていました。
      光も闇も見ることができる機会というのは、その最中は辛い気持ちも多いですが、実はすごく貴重な時間なのかもしれませんね。
      そして今まで自分で決めつけていた「光」「闇」の分岐点は、体験することによって自在に変わっていくのだろうと思います。
      みみさんは、今そんなタイミングにいらっしゃるのだろうなと、コメントを頂くたび想像しています。
      頑張り過ぎないで、でもめいっぱい楽しんでください!

      • みみ より:

        くらげさん、ただいま。みみです。
        毎日、色んな思いを抱えての帰宅です。
        みみは若い訳でもないし、長年鍛えぬいた話術もない。そんなみみが飛び込んだ世界。優しい女の子たち、会社の人たち、働く場のキレイな環境。どれもありがたく思ってるけど、みみ、ここに居てもいいのかな?と思ってもいます、笑。
        くらげさんの言葉に、自分の事は語らず相手の話しを聞く、とあったのが正しくこの世界でも1番に言われました。
        みみ、年齢のこと気になっていつもお客さんに謝ることから自分を語ってしまっていたから。
        想い人にも伝えてない仕事。
        男性が飲みの世界で求めてる女性像。
        わたしでもやれた、わたしでは無理、いつも振り幅大きい日々です。
        みみが望んだし、採用され、期待されたのだから勤めあげたい気持ち、あるんだけど、どうなんだろう…この夢追う世界は 。
        働いて得たかったものは手に入れられる。その手に入れたいものが、精神も物質も同じだけの価値があるものなのか、
        またひとり、自分だけの世界にすーっと思い入るみみでした。