双子座新月(2018年6月14日)の意味。冒険するために生まれてきたと思い出す。

双子座新月(2018年6月14日)の意味。冒険するために生まれてきたと思い出す。

みなさんこんにちは、くらげです。

双子座の季節がそろそろ終わろうとしていますが、振り返ってどんな一ヶ月でしたか?

木星と海王星という、動きの遅い天体がここのところずっとトライン(120度)を形成していますから、蟹座に動きの早い天体が来るたびにグランドトラインが出来上がるため、射手座満月あたりでは金星が水エレメンツの調和的表現の器になっていましたね。
つまり、感動的な出来事とか、とっても嬉しい出来事とか、人の絆を感じられる出来事が起こりやすかったです。

今後上弦の月あたりでは水星がグランドトラインの一角に来ますし、蟹座の季節になると太陽がその役を担います。

水星は双子座の支配星であり、今回の新月のチャートルーラーでもありますから要注目の要素だと思っています。
学ぶ、考える、表現する、情報収集、コミュニケーションなどなど。
ブラッシュアップするポイントを押さえておいてくださいね☆

それでは、双子座新月、詳しくみていきます!

スポンサーリンク

双子座新月(2018年6月14日)は、迷いながらでも、自分のために生きる。

冒険に出る子供たち

2018年6月14日午前4時43分ごろ、双子座にて新月です。

太陽、月ともに、風・柔軟の双子座に位置しています。

新月は始まりのタイミング。
新月に誓いを立てるってよく言いますが、やみくもに願掛けせずに、星占いブログ等を色々チェックしていただいて、その月のテーマにあった目標を掲げるほうが効率いいと思います。
誓えば自動的に叶う、っていうよりも、一カ月かけて自分でその願いを育てると考えてみてください。
だから新月は種まき、ですね。

太陽と月のコンディション

太陽・月ともに双子座に位置し1ハウス。
アセンダントに重なっています。
アセンダントとは、この新月が起こった瞬間の、東の地平を示すポイント。
東の地平は「個の始まり」を表します。
つまり双子座新月がこの太陽系に生まれ出るためのエネルギーそのものです。

前回の魚座下弦の月に引き続きの、太陽1ハウス。
予兆めいたものは1週間前からあって、下地はすでにできているようです。

新月と他の天体の関わりがほぼないこともあって、よし、新月をとことん考えてみよう、と思い立ちました。

1ハウスは自分自身を表す場所。
双子座的な自己、ってどんななんだろう。

突然ですけど双子座って、迷子になりやすいと思うんです。
(双子座生まれの人が方向オンチって意味じゃないですよ!)

やりたいことがありすぎるんですね。
視界に入りきらないくらいの情報が、双子座では受け取れちゃう。

例えば。
私は名古屋に住んでいますが、名古屋って道路がめちゃくちゃ広いんですよ。
片側5車線とかあるんです。
そうすると、正面が結構開けているので、目に飛び込んでくる情報量がすごく多い。
両脇を走っている車がいつ車線変更してくるかいつもドキドキだし、遠くのビル群、歩道橋を歩いている人、沿道の建物、工事中の看板…一瞬のうちにワアって入ってきて、どれをしっかり見たらいいのか分からない。
目の前の景色の一点だけに集中というのが難しい。

ひとつだけ、を選べない。
やってみよう→やっぱりやめた。
こっちにしよう→なんか飽きたなあ。
っていうのを繰り返しがちになるのが双子座の特徴。

それから、あくまでも私のイメージですが、双子座はやんちゃな男の子みたい。
10歳なるかならないか、くらいの。

自分の存在意義を疑うことなく世界に飛び出していく。
何にでも興味を持ち、知らないことは片っ端から知りたい。
知ったらそれすぐ友達にしゃべりたい。
友達いっぱい誘って外で遊んで、得体の知れない虫とか枝でツンツンして盛り上がったり。
かと思えばふとみんなの輪からいなくなって一人で違うものに興味向けてたり。
日が暮れて、みんな帰ってひとりになると、無性に寂しく不安になるようなところもある。

こんなキャラクターが、多かれ少なかれ誰の中にも存在すると、今日はそのように想像してみてください。

新月双子座1ハウスで、アセンダントと重なっている。

それは夜明けです。

新月が起こる時間を見てください。
午前4時43分。
空はどんどん明るくなります。
みなさんの中のやんちゃな男の子が目を覚ましたもよう。

太陽と月からのメッセージは、自分の人生を冒険するために生まれてきたということを思い出せ、だと感じました。

いっぱい失敗してもいいし、方向転換してもいい。
最初からルートが分かっていたらそれは冒険にならないですし。

とにかく出かけていく、探しに行く、外へ。
おうちでテレビ見ながら「なんかいいことないかな~」と待ってるだけの人生は止めにしない?ということです。

目移りし過ぎて帰り道が分からなくなることもあると思うんですよね。
それでも、迷子になりっぱなしはおすすめしません。
どこにも辿りつかないのはとても危険。

私たちが何のために冒険するのかと言ったら、それは世界の中に安全な居場所を見つけるためだと思うのです。
分かりやすい言葉で言ったら、心から信頼できる人間関係であったり、雨風を凌いでくれる家です。
心の安心や、家…これはつまり蟹座の領域なんですね。

双子座から次の蟹座への流れって、冒険の果てに安眠できるベッドにたどり着いた、みたいなイメージ。

ラストはちゃんとふかふかのお布団の中って信じていれば、出かけていくことを恐れなくてもいいと思いませんか。

スポンサーリンク

あとがき

お祝い画像

この双子座新月は、自分の人生の優先順位をはっきりさせるエネルギーも持っています。

24時間の中で個人がやれることってどうしても限られます。

絶対失いたくないものは死守してください。

何が何でもそのことにたくさん時間を使ってください。

蟹座水星と山羊座土星が180度なので、選択肢は絞られていくから迷う余地はあまりないでしょう。

双子座に犠牲的精神はありません。
自分の「勝ち」を信じて進んでください。

それでは次回は6月20日乙女座上弦の月でお待ちしております。
あ、6月14日にはカルチャースタイルさんでの12星座占い更新しますからそちらもぜひご覧ください♪

スポンサーリンク

  

【お知らせ】
ただいま鑑定のご依頼は、インターネットセッションか対面セッションのみご予約承ります。
出生図メールリーディングはご予約多数いただいており、大変お待たせしてしまいますので、また目途が立ちましたら募集を再開させていただきます。よろしくお願いいたします。
鑑定ご依頼・お問い合わせフォーム

  

★カルチャースタイルというサイトで12星座占い連載中です!新月ごと更新★
カルチャースタイル 12星座占い【星のうた】

★レターポットで応援くださるとうれしいです★
くらげのレターポット

  

星ライン

【2018年春分図で、一年間のテーマをチェックしてくださいね!】
春分図(2018年3月21日)を読む。自分という社会を受け入れ、活用する。  

星ライン

【山羊座土星期へ向けて、まずはみなさんの中の山羊座とは、について。】
山羊座土星期(2017年12月~2020年12月)の到来。まず山羊座の意味を考える。  

星ライン

【蠍座に木星が滞在している2017年10月~2018年11月、深く重く静かな情熱と向き合ってください】
木星蠍座期。2017年10月からは「捧げて受け取る」事で生まれ変わる  

星ライン

【「自分のための自分」でいいんだよ。12星座別新学期応援メッセージ】
12星座別★新学期に向けた応援メッセージ  

星ライン

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。  

星ライン

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。  

新月の星占いカテゴリの最新記事