蟹座新月、日食(2018年7月13日)の意味。心で繋がる世界になっていく。

みなさんこんにちは、くらげです。

この度の西日本豪雨災害で被害に遭われた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。
直接出向いてお手伝いすることができませんが、私は私の仕事を、星々から託されたメッセージをお届けすることを一生懸命させていただきたいと思っています。

さて、折しも本日は日食を伴う新月です。

日食・月食はセットになって起こり、年に2回ほど発生する現象です。
(今年は8月にもう一回日食があります)
太陽-月-地球の順に、ほぼ一直線に並びます。

今となっては何年何十年先の日食月食までも計算できて、ポンとボタンひとつでホロスコープを作成できてしまうような発達した文明の中に暮らしている私達ですから、珍しさも神秘的な意味合いも薄れてきているところがあります。
しかし古代の人々は太陽や月が光を失うこの現象に畏怖の念を抱いていたことに想いを馳せると、やはり食のタイミングにしかないエネルギーが存在すると考えるのは自然なことです。

地球は物質化する「場」であり、月は潜在意識を表します。

つまり日食では、太陽意識は見たり触ったりして認識できる形ではなく、潜在意識に刻印する形で受け渡されます。
まあ新月時はいつもそれが行われているのですが、日食で受け取るのは地球からの色眼鏡的影響を受けない、太陽系の中心存在としての純粋な高次意識なのです。

この日食エネルギーをうまく取り入れるコツは、小難しく考えず、自分でコントロールしようとせず、ただぼーっと受け取る姿勢でいることです。そして心に浮かんでくる情報に対して素直に行動すれば良いだけなのです。

さあ、日食の占星術的楽しみ方を覚えてもらったならば、早速どんなホロスコープなのか見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

蟹座新月、日食(2018年7月13日)。未知数の可能性に委ねる。

日食画像
unsplash-logoTyler van der Hoeven

2018年7月13日午前11時47分ごろ、蟹座にて日食を伴う新月です。
日本では観測できません。

太陽、月ともに水・活動の蟹座に位置しています。

新月なので、目的とそれに従って行動しようという気分は一致するタイミングです。
しかも普段と違って日食ですので、半年以上をかけて形になっていく何かが、不可視の世界から始まっていくと想像してみてください。

太陽と月のメッセージ

仲間で山画像
unsplash-logoArthur Poulin

太陽と月は共に蟹座で10ハウス。
4ハウス山羊座冥王星とタイトにオポジション(180度)。
5ハウス魚座海王星とトライン(120度)です。    

きっちりと構築されたシステムがあれば、隙のないマニュアルがあれば、私たちは安泰でしょうか。
何十年か前に作られたルールにおとなしく従っていれば、この先も永遠に間違いは起こらないでしょうか。

そうじゃない場面がたくさんあることを、私たちは知っています。

心のつながりが社会を動かしていく。
感動が人から人へと広がり大きな輪となる。
そんな世界に生きるほうが豊かなのではないかと、太陽は地球に対して問いかけています。

私たちの無意識領域に今、太陽系の外に存在する異世界へと続く扉が開かれ、そのぽっかりと空いた黒い穴を各自見つめているような状況です。
その黒い穴は計り知れない影響力を持っており、私たちは畏怖の念を感じながらも吸い寄せられないわけにはいかないのです。
その穴から出てきた時、私たちは入る前とは違う人間になっていると言っても過言ではありません。
日常意識の切れ目で体験してきたことは、私たちをまるきり作り替えてしまうのです。

とてつもない悲しみと引き換えにしなければ心の繋がりを感じられない社会は、そろそろ終わりにしなければならない、と私はこのホロスコープを読みながら感じていました。

淡々とした平穏な日常の中でも、優しさを持って人と接し人を助け、誰しもお互いの喜びを共有し成長を称え合える仲間でいられるような世界になっていくことを、地球は託されているのではないでしょうか。

乙女座金星、山羊座土星、牡牛座天王星で形成する地のグランドトラインの影響

女神画像
unsplash-logoColor Crescent

水のグランドトラインが解体しかかっているところへ太陽冥王星オポジションが発生し、地のグランドトラインへ導かれていく。
この見事な星の導きの中に私たちは学ばなければいけないことがあると思っています。

想像してみてほしいのですが、水は形がありません。
放っておけばどこまでも流れて行って着地しませんし、流れている水をひとつ、ふたつと数えることもできません。
そのように分離できず、範囲を決められないものだから、水のエレメンツは感情を表すのです。

その水の要素に破壊と再生の現実をもたらすのが山羊座冥王星。
そしてそのあとの世界の再構築が、今形成されている地のグランドトラインです。

金星、土星、天王星でのグランドトラインって面白いですね。
やわらかくキラキラしたものとやたら正確で固く普遍的なものが仲良し。

この乙女座金星は、自分が心地よいと感じる未来をみんなと共有し広まって欲しいと願い、慎ましやかに努力しようとしてるんですね。
その努力を安定して支えてくれるのが、現実に根差して物事を冷静に考えられる知性。
応援してくれるのが、既存の枠に収まらない、未来志向の仲間たち。
これら三つ巴で新しい世界が創造されていくのでしょう。

日食にあやかってすごーく大きい視野で今日のホロスコープを感じてみてもいいですし、個人の体験に落とし込んで考えてみてもいいと思います。
宇宙の意図を自分の生活の中に実感することで、大いなる力が私たちひとりひとりにもちゃんと作用し影響しているのだなあと、ある種安心の気持ちを感じることができるでしょう。

スポンサーリンク

あとがき

勉強道具画像
unsplash-logoDebby Hudson

今日はみなさんにお知らせです。
私自身もここしばらくでたくさん変化したところがあるのでしょう、自分の時間の使い方を徹底的に見直す作業をやってみました。
その結果、月の満ち欠けブログに関しては、当面の間新月と満月のみの更新としたいと思っています。

私は占星術師、エネルギーワーカーとしてもっとみなさんの人生に関わっていく時間を多く取りたいと思っています。
空けた時間はセッション枠を増やしたり、ご提供できるメニュー強化のための勉強に使ったりしていきます。
上弦下弦ブログを休む代わりに、他のテーマの記事をもっと増やしたいです。
ちょっとした話題を書くためにアメブロを開設してみようかなーという考えもあります。

また、先日はワイヤーアートアクセサリー作りを、名古屋在住の先生、celesさんに教わってチャレンジしてきました。
ゆめかないし 天然石ワイヤーアートアクセサリー celes 〈名古屋〉

今までの私だったら手作りアクセサリーには絶対手を出さなかったのですが、牡牛座天王星の今は自分でも気が付いていなかった資質を発掘する時でもあります。
思い立ったらなんでもチャレンジだ!と思ってやってみたら、パワーストーンのことが可愛くて可愛くて仕方なくなり(笑)、好きになりすぎて「ぶどうちゃん」という名前までつけてしまいました。
celes先生はとっても大らかに超初心者の私を優しく見守ってくださり、自由さを大切に私と石が親和していくことに集中させてくださいました。

ぶどうちゃん

そういうわけで、これまでくらげは皆様のおかげでたくさんのホロスコープを読ませていただき、ブログや鑑定で表現させてもらってきました。
ここからはもっとパワーアップして、できることを増やして、皆さんをより強力にサポートしていける自分になるべく舵を切りたいと思います。
多分、いろんな側面からくらげを楽しんでいただけると思うので、これまでより多彩なサイト、鑑定メニューにしていけるはずです。

この日食を良きスタートラインとして、皆様と一緒にステップアップしていこうと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします♪
今後はまずモニター価格でいろいろ募集していきますので、ブログやFB、ツイッターなどチェックしていてください!
カルチャースタイルさんでの12星座占い、更新していただいてますのでこちらもぜひお読みください。

それでは次回は7月28日水瓶座満月、月食にてお待ちしております☆

スポンサーリンク

  

【お知らせ】
ただいま鑑定のご依頼は、インターネットセッションか対面セッションのみご予約承ります。
出生図メールリーディングはご予約多数いただいており、大変お待たせしてしまいますので、また目途が立ちましたら募集を再開させていただきます。よろしくお願いいたします。
鑑定ご依頼・お問い合わせフォーム

  

★カルチャースタイルというサイトで12星座占い連載中です!新月ごと更新★
カルチャースタイル 12星座占い【星のうた】

★レターポットで応援くださるとうれしいです★
くらげのレターポット

  

星ライン

【2018年春分図で、一年間のテーマをチェックしてくださいね!】
春分図(2018年3月21日)を読む。自分という社会を受け入れ、活用する。  

星ライン

【山羊座土星期へ向けて、まずはみなさんの中の山羊座とは、について。】
山羊座土星期(2017年12月~2020年12月)の到来。まず山羊座の意味を考える。  

星ライン

【蠍座に木星が滞在している2017年10月~2018年11月、深く重く静かな情熱と向き合ってください】
木星蠍座期。2017年10月からは「捧げて受け取る」事で生まれ変わる  

星ライン

【「自分のための自分」でいいんだよ。12星座別新学期応援メッセージ】
12星座別★新学期に向けた応援メッセージ  

星ライン

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。  

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
蟹座新月、日食(2018年7月13日)の意味。心で繋がる世界になっていく。
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mango より:

    くらげさま
    お久しぶりです。飛び降りのマンゴーです前回くらげさんに不安な気持ちをぶつけて3度目の飛び降りやってきました。
    これまでの自分を取り戻す旅に嬉しいことがあった反面失くしそうだった愛が本当に
    なくなってしまって、とても悲しくて辛くて立ち直るのにすごく時間がかかってしまいました。まだ完璧に戻ってませんが。
    ただ、飛び降りのご縁をもらったこと、
    自分を取り戻そうと思えたこと、忘れていたことを思い出せたこと、いろいろなことを始めるきっかけもいただいたのはその方に出会えたお陰だと本当に感謝しています。
    飛び降りた地で仲間を得て、今動きだそうとしているプロジェクトがあります。
    それが本当に実現し、再び飛び降りできることを祈っています。いくつか障害がありますが乗り越えて行きたい!本当の自分が戻って来そうな。
    そう思っている日々です。
    そして私が出来ることはどんなに小さくてもこの新月の星達が望む優しい地球になる
    よう頑張りたいなと思います。
    くらげさんの星読みはずっと読ませていただき心の傷を癒やしてもらってました。
    新月のホロスコープを読めると知った時すごく嬉しかったです。私は牡羊座ですが
    読むとほっとして、元気もらえます!
    上弦下弦のホロスコープは残念ですが
    これからも楽しみにしています。
    くらげさんも頑張って下さいね!
    またお話聞いて下さい。