乙女座新月(2017年9月20日)の意味。物語をひとつ終わらせる。

みなさんこんにちは!くらげです。

三連休いかがお過ごしでしたか?
台風の影響は大丈夫でしたでしょうか。

くらげは台風来るとわかっていながら、洗濯をたくさんやりたくて。
洗濯機まわす→コインランドリーを往復してましたね。。。
乙女座シーズンなので、とにかく目の前のやるべきことをこなし、連休中にやろうと思っていたことはなるべく計画通り済ませることを意識してみました。

思い立って即行動(くらげはやりがち…)も楽しいんですけど、計画に沿ってひとつひとつ終了させていくことのスッキリ感もいいですね。
くらげは乙女座に星を持っていないので、計画的で実直な行動をするトレーニングをこの時期にやっている感じです。

自分の出生図に星を持っていない星座の部分は日頃実感が難しいと思います。
その意識が薄いポイントに太陽が巡ってきた時は、一か月その星座らしいことやってみると、自分の幅を広げることができますよ♪

さて、そんなくらげにとっては手薄な乙女座に今回は5天体入っております!
乙女座新月メッセージ、見ていきましょう☆

スポンサーリンク

乙女座新月(2017年9月20日)の意味するところ

夜空と山画像
2017年9月20日午後2時29分ごろ、乙女座にて新月です。

太陽・月ともに地・柔軟の乙女座に位置しています。

8月に獅子座で2回新月が起こって以来、これからしばらく新月は各星座の最後のほうの度数で起こります。
今回もそう。
新月は乙女座の始まりで起こるのではなく、終わり近くで起こっています。
つまり、「乙女座を始めていきましょう!」というより「天秤座に向かっていきましょう!」という雰囲気になるわけですね。

乙女座新月からのメッセージ

ゲームの世界画像

新月は、一か月のサイクルの始まり。
新たな目標を持って始めていこうよ、ということなのですが、なーんとなくテンション上がり切らない感覚がしているかもしれません。

というのも、魚座満月→双子座下弦の月→乙女座新月の期間ずっと、わたしたちはひたすら同じ物語の中にいるようなのです。

この物語の中で学ぶべきことを終えるまで、その世界から出られない。

いくらあの手この手を尽くしてもダンジョンが変わらないから、なんだかもーいいやー、なるようになれば?っていう投げやりな心境になっている方もいるかもしれません。

でもそれももう大詰めですよ。
ラスボスと対決する段階にきています。
この乙女座新月を抜けると新ステージにいきます。
秋分を挟んで天秤座の示す社会デビューへとジャンプする前に、ぐっとしゃがんで力を溜めているような時期と考えて下さい。

乙女座に太陽・月・水星・金星・火星!
5天体入っていますから、みなさん個人能力総動員でラスボスをやっつけて、ダンジョンクリアしてきてください!
物語をひとつ終わらせましょう。

星々のメッセージからヒントを得てもいいし、瞑想から着想を得たり、象徴的な夢を見た!でもいいです。
見えない世界の情報も使ってください。
たぶん今時期は、「自分、けっこう頼りになるじゃん!」って思えるんじゃないかな。

とにかく今は気分が盛り上がらなくてもいいです。
シラーッと淡々とした感じでいいです。

しかしながら、一般論を隠れ蓑にする時期はそろそろ終わりです。
一般論に沿って行動してみたからこそ、たくさんの人の総意を取り入れたうえでの「自分」にみなさんは成長できています。
大樹の陰から離れて、自分の本心を感じて主張していきましょう。

あなたは一人の人間として力がある。
あなたが動けば世界も動く。
そのことを信じていてください。

社会的な天体たちが個々の状況をサポートしてくれる

土星画像

魚座満月のブログで書いたこと、覚えてくれているかなあ。
「優先順位第一位を決めて、集中する」っていう話。

これってつまり、蠍座木星期に入っていく準備なんですよね。

蠍座木星期で起こる出来事は、いまよりももっと深く濃縮したものとなっていきます。
ああ、上で書いてきたこととリンクしますが、1年をかけた大きな物語の中に入ってゆくようなものです。
どんなストーリーの主人公となりたいのか。
それを今自分で選択するのです。

恋愛、ファミリー、サクセスストーリー、伝記、ミステリー…

みなさんの物語を決めましょう。
誰を登場人物とするのか選びましょう。

内容もキャストも自由です。
自由ですがおそらくは選ぶべき方向性に、大きな流れで各自持っていかれると思います。
このサポートは社会的な流れの中にあり、社会の中で各自が果たす役割に沿って導かれます。
わたしたちは自分の物語を自分で展開していると思っていても、実はもう一段大きな物語の中のエキストラに過ぎないのかもしれません。

そう考えると、なーんだ、って思えて、ちょっと息するのが楽になると思いませんか。

星々が織りなす美しい図形には、無数の意味が散りばめられていて、その懐の深さに息を飲む毎日です。
新月や満月の時期には、ぜひいろんな方の解釈を読んで欲しいと思います。
そして宇宙が示唆してくれる可能性を、目いっぱい手に入れてきてください!

スポンサーリンク

あとがき

昨日タワーレコードで、CD買ったんですよ。
My Hair Is Badっていうバンドのシングルで、「運命/幻」っていうタイトル。
ふたつの曲が対になっている作りで。

運命ってすごく力強い響きなのに、幻と対にした途端、なんだかどっちも儚いもののように思えてきました。

昨日たくさんのカップルとすれ違いました。
みんな手を繫いだり体を寄せあったりしている。

肉体という確実さ。
気持ちという境界線のあいまいなもの。

その対比が、「運命/幻」っていう言葉が頭にあったこともあって、やっぱりどっちも儚いもののように思いました。

くらげは蠍座木星期は多分こんな訳の分からないことばっかり考えてるような気がします。
でも少しでもうまくみなさんに伝わるように精進します!

さて、次回は9月28日山羊座上弦の月ですね。
またお待ちしております!

New!【「自分のための自分」でいいんだよ。12星座別新学期応援メッセージ】
12星座別★新学期に向けた応援メッセージ

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。

【2017年夏至図で、秋分までの過ごし方をチェックしてくださいね☆】
2017年夏至図。大事な人達と共有したいあなたの世界観とは。

★金星逆行終了しましたが、みなさんの恋の振り返りに。恋愛感情に特化して書いてみました。★
金星逆行(2017年3月4日~4月15日)の意味。蓋をした恋愛感情との再会。

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。

スポンサーリンク

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
乙女座新月(2017年9月20日)の意味。物語をひとつ終わらせる。
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さくら猫 より:

    くらげさん、こんばんは☆
    読ませてもらって、何に対してかまったくわからないのですが『いよいよかぁ~!』って気持ちになりました。
    何かはずーっとわからないままなので、(私、鈍いのか…(笑)?)アンテナを立ててヒントをもらえるように頑張ります(^-^)

    • 管理人くらげ より:

      さくら猫さま

      こんばんは!コメントありがとうございます。
      何に対してか、分からなくっても全然大丈夫です!
      さくら猫さんの潜在意識の部分でちゃんと理解してますから心配いらないです。
      具体的にヒントが欲しい時は、「宇宙さん分かりやすく教えてくださーい!」ってリクエストしておいて、あとは日々の出来事を目を皿のようにして注目しておくだけでOKです!

  2. みみ より:

    くらげさん、お久しぶりです。みみです。
    フェイスブックにログイン出来なかったり、
    感情に浸りすぎて言葉が綴れなかったり、
    そんな時間を過ごして来ました。
    月星座に乙女座を持つみみは、去年の秋から
    同じ月星座に乙女座を持つ想い人と、遠く離れてながらも、昔出会ったときには過ごせなかった時間を色んな思いとともに繋げてきました。
    ただね、今ふと泣いてる自分がいるんですよね。嬉しい、と、思えば嬉し涙も出るけど、
    悲し涙の方が多いかな。
    結局は自分の願いはなんなのか、に行き着くのでしょうが、ね。
    色んな学びも、気づきも、人との出会いも、
    この経験があったからこそ知り得たことだけど、まだそれを全部良しとはできないわたしがいます。
    さあ、これからどうなるんだろう。いや、わたしはどうしたいんだろう。
    神様は何を意図してるんだろう。
    そんな涙で癒しながらの新月前です。

    • 管理人くらげ より:

      みみさま

      お久しぶりです!
      お元気ですか?
      涙が出る気持ちすごく分かります。
      自分の願いと現実が乖離しているように感じること、きっと誰にでもあると思います。

      占星術においては、自分の純粋な思いと社会から求められる生き方、相容れないのが普通です。
      アセンダントとMCというポイントです。
      この葛藤を受け入れるところから始まると言っても過言ではないと、くらげは思っています。

      • みみ より:

        お返事ありがとうございます!本当にお久しぶりです!
        そうですか…葛藤を受け入れる。
        受け入れる。…。
        うん、その言葉に、またなみだ 笑。
        この星に生まれた以上、不可抗力なものの中で暮らしているのかもしれません。

        そうそう、私も最近は手を繋いで歩くカップルがよく目にとまります。
        こんなにみんな仲良しなの?って 笑。
        わたしには近くで微笑んでくれる人ちゃんといるの?って。
        遠くで、なかなか顔を見つめて話せない人とのお喋りの中にある
        募る思いも、癒し合う言葉も、
        現実から見てしまうと今ここにない気がして、何が愛なのか分からなくなってもしまいます。
        でもきっとこの経験ももとを辿れば、私が踊りながら強く願っていたことだと気づくのです。
        いつも心に描きながら踊っていたら、現実に叶ってしまったこと。
        そのことをまづ受け入れます 笑。
        去年の今頃とは違う人間関係たち。
        精神的な話しが出来る人たちとの出会い。
        なぜ、この地球に生まれたいと望んできたかの学びあう場。
        一つの再会から、新たな出会いが広がったのは、何よりの喜びであり学びであったと、振り返り思えたのでした。
        こうしてくらげさんとのお喋りも
        大切な宝物です。ありがとう。