ハイスタ(Hi-STANDARD)を難波さん、健さん、ツネさんの星から考察!

ハイスタ(Hi-STANDARD)を難波さん、健さん、ツネさんの星から考察!

こんにちは、くらげです。

昨日はハイスタンダードのライブに行ってきました。

1990年代のパンクロックシーンを代表するバンド。
2000年に活動休止、2011年に復活を宣言し、2017年10月、18年ぶりにアルバム「the Gift」が発売されました。
そしてバンド史上初のアリーナツアー中。

くらげはハイスタがリアルに活躍していた時期は大学生で、音楽を始めていましたが、パンクロックはまったく興味がなくハイスタも名前しか知りませんでした。

ハイスタの伝説期は目の当たりにできなかった。
でも、ハイスタ復活にはこうして立ち会えた。
昨日のライブでの体験があまりにもすごかったので、どうしても何か書きたくて、衝動でこのブログを書いています。
良かったら読んで下さい!

スポンサーリンク

ハイスタンダード(Hi-STANDARD)というモンスターバンドを星から考える

18年の時を経て、まさか自分がハイスタのライブを観ている日が来るとは思いもしなかった。
そのライブは、衝撃だった。
これまで色んなバンドのライブ観てきましたが、人生で一番の衝撃のライブだったと言ってもいいくらい。

たった3人のメンバーが、あの空間をあのエネルギーを作り出せるっていうのは何なんだろう。
(もちろんたくさんのスタッフさんたちがいてこそのライブ空間ですが)
それに呼応するオーディエンスのエネルギー、あれほどのエネルギーくらげは初めて感じた。
あれを人から引っ張り出してくる力って何なんだろう。

くらげは歌詞を聴くのが好きなので、英詞のバンドはあまり興味を惹かれないと思っていたけど、ハイスタ観たらその考え方変わりました。
ハイスタが働きかけてくるのって、頭じゃない。
思考も感情も、そこはぶっちぎりで通り抜けて、ハートを直接貫いてくる。
だから考える前に体が動いてる。
動きながらわけのわからない感情がこみあげてきて、それは感動っていう言葉で言ってしまっていいものでもないような気がする、そういう湧き上がるものと、思考、感情、身体、すべてのたがが外れていく、自分という枠を超えていく感覚。

星を読む者の視点から考えるとね、ハイスタンダードってやっぱりあの3人だからああなっているわけで。
ひとりでも違ったら違っているわけで。

少しだけ、メンバーの皆さんの星を拝見すると、面白いことに全員太陽か月が双子座。
パンクロック界の新星としてぶっちぎっていた頃、3人が新しいものを常に追い求め、見せつけてくる斬新さ。
そこにオーディエンスはまず夢中になったんだろうなって思う。
それに、健さんは天秤座の太陽だけど、健さん自身も天王星が太陽に重なっているし、メンバーの天王星も全部そこに重なってる!
既存の枠を超えたバンドになれたのはこの影響も大きいと思う。

そもそもこのバンドは天王星が効いている。
現状を超えていく、あるいは大きな普遍性を持ち込む素質を持った人たちの集まりだったのだ。

でも、3人とも双子座に太陽か月ということは、みんながじっと同じ場所に長くいることも難しかったと思う。
それぞれの興味が違ってきたら、もう一緒に何かするのは厳しかったのではないかな。

難波さん。
多分すごく仲間を大切にする人。
子煩悩でもあるんだろう。
そして、宇宙的な感覚を言動に持ち込む人だから、健さんからも「MCが何言ってるか分からない」ってライブ中に言われてた笑。
そしてその遠くからやってくる感覚にしたがって、大切にしていたものを一度壊すことで自分の独立性を守るっていう感じもある。
自分が前面に出る「勢い」の人ではあると思うけど、もっとどっしりとした自分に根差すこととの間に常に葛藤がありそう。

健さん。
山羊火星、乙女金星、牡牛土星で地のグランドトラインを持っている。
だから社長業ができるし自分でKen Bandをやっても成功するのだろう。
そして健さんの天秤座の太陽の位置。
これは松村潔先生のサビアン占星術からそのまま引用させてください。
あまりにも健さんを表しているので。
“この度数の人は、一度捨ててしまった希望でもあらためて取り上げ、もう一度チャレンジします。なんど挫折してもまた取り組めば良いのですから、素直に自分の本当の夢を認めて戻ってきた人は強い再生力を手に入れます”
“このもう一度取り組もうとした時には、チャンスは失われていません”
<松村潔「サビアン占星術」より引用>

健さんはこの太陽に木星、天王星、水星が重なっている。
やっぱり健さんも天からGiftを与えられている人で、それをきちん社会に還元している人だと思う。

ツネさん。
このさらっとした人間関係のハイスタメンバーの中で、さらに飄々としているはず。
双子太陽、天秤天王星、水瓶火星の風のグランドトラインを持ってる。
そして人にものを教えることが向いている。
だからハイスタ休止中もいろんなバンドに呼ばれているんだろうな。
多分ツネさんの安定感に安心する感じなのかな。
それと同時に、喪失や解体といったテーマに向き合う星も持ってる。
この3人の持っている星からして、ハイスタが活動休止に向かうのは必然だったのだと思う。

難波さん、健さん、ツネさん。
この3人は年が近いから、木星期、土星期となるにしたがって星が同じ星座になる。
難波さんと健さんの木星は天秤座、ツネさんの木星は蠍座初期度数。
土星は3人とも牡牛座。

それぞれの双子座を満たす時間を経て、今みなさん木星の年齢域になった。
もう一度みんなと関わっていく使命をこのメンバーで、という気持ちになるのは自然なことだ。
そして土星の年齢域になれば、自分たちの豊かさを皆に分け与えるという気持ちで3人が一致する。

健さんはライブの中で、「ハイスタンダードはもう畳まない」って言った。
多分それは本当なんだろう。
みんな風星座だから、これからもそれぞれの活動も続けて行くんだろう。
ハイスタンダードだけに縛られないハイスタンダードは、どこまでも自由だ。
くらげはそんな自由を体現して見せてくれるハイスタンダードに、昨日一気に魅せられた。

くらげが音楽を好きだ、に使っている星は天秤座の金星。
そこにライブ当日は寸分の狂いなく天を移動する金星が重なっていた。

くらげも天から、そしてハイスタンダードからGiftをもらったんだと思った。

スポンサーリンク

あとがき

もうこれ以上くらげがなんかいうより、ハイスタ聴いてライブ行った方が早いよ。
ライブ一本で人生変わることって本当にあるから。
くらげも星占いでそんなGiftをみんなにあげられるように精進し続けます!

Hi-STANDARD -The Gift(OFFICIAL VIDEO)

☆出生図鑑定やセッションのご依頼はこちらからどうぞ☆
鑑定ご依頼・お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

【蠍座に木星が滞在している2017年10月~2018年11月、深く重く静かな情熱と向き合ってください】
木星蠍座期。2017年10月からは「捧げて受け取る」事で生まれ変わる

  

【2017年秋分図、できあがっております。年内いっぱい有意義に過ごす参考に。】
2017年秋分図。自ら冒険に飛び込み、自分の輝きを確かめる。

  

【「自分のための自分」でいいんだよ。12星座別新学期応援メッセージ】
12星座別★新学期に向けた応援メッセージ

 

【2017年の春分図で一年の流れを知る!こちらをご覧ください】
2017年春分図の星読み!ホロスコープで1年間の流れを知る。

 

【2017年夏至図で、秋分までの過ごし方をチェックしてくださいね☆】
2017年夏至図。大事な人達と共有したいあなたの世界観とは。

 

【土星と天王星の間に位置する小惑星、キロン(カイロン)のお話。】
キロン(カイロン)という小惑星の意味。みんな、誰かを、癒している。

 

星と音楽カテゴリの最新記事