My Hair is Bad初のホールツアー。彼らは誰よりも「勇敢な」バンドだ。

こんにちは、くらげです!

今日くらげはMy Hair is Badのライブに行ってきました!
マイヘア初のホールツアーです!
書きたいことがたくさんあって、帰宅から今こうしてパソコンの前に落ち着けるまで、忘れないようにずっと頭の中で文章を作成していました。
ライブレポはくらげの趣味みたいなものなので、ボーカル椎木知仁くんのホロスコープやくらげのホロスコープも絡めながら占星術の観点から話していきますが、邦楽ロックが好きじゃなかったらつまんないかもしれないです(;^ω^)
興味があったら読んでもらえたらいいなあと思っています。

スポンサーリンク

My Hair is Badがホールツアーに挑戦した意味を考えてみる。

マイヘアを知っている人は分かると思いますが、彼らといったらライブハウス、なんです。
今までの印象では。
だからホールツアーと聞いて正直心配してました。
どんな空気になるんだろう!?って。

占星術の考え方からすると、野外フェスって魚座で、ライブハウスでのワンマンライブって蟹座的です。

野外フェスは色んなバンドのファンがごっちゃになっていて、いつどのバンドを聴くのも自由です。
これは水・柔軟の性質を持つ魚座の性質。
音楽好きなら誰でもいていいよ~というもの。

ライブハウスでのワンマンは、そのバンドのファンだけが集まる。
みんなが「このバンドが好き!」っていう気持ちで繋がっている。
こちらは水・活動の性質を持つ蟹座の性質。
神話的なところがあるんですね。
神様敬って神社に集まるのとワンマンライブに行くのって似てます。

マイヘアのボーカル椎木(愛をこめて呼び捨てでいきます)は、太陽星座魚座。
だからマイヘアは野外フェスは得意だと思う。
フェスでマイヘア観るといきいきしてます。
逆にワンマンをライブハウスで見るとなんかちょっと困ってるような、よそよそしい感じがある笑。

で、今回彼らがチャレンジしている「ホールでのライブ」は、乙女座的です。
乙女座の性質は、整理整頓です。
自分の持っている「箱」に分類して収納する。

ホールライブでは、お客さんは座席のひとつひとつにきちんと割り当てられます。
他の場所に移動することができません。
隣のお客さんが男か女か、ノリがいいか悪いか、一切観客サイドから選択することができません。
ある意味この状況は野外フェスやライブハウス慣れしている人たちにとっては修行的です。
いつもは水のように自由に動き回っている人たちが、地面に足を縛り付けられるのですから。

だから、私は不思議だったんです。
この環境=乙女座でマイヘアが表現したいことってなんだろうって。

でも椎木のホロスコープ見せてもらって、なるほどと思いました。

椎木は、マイヘアは、成長したかったんだ。
魚座は真向いの乙女座の力がなだれ込むことで成長するから。
枠のない場所や精神世界にいるのは得意な彼らが、もっとそれを現実的な場に落とし込んで表現したくなった。
真向いの星座の世界は、抵抗感もある世界。
そこへ突っ込んで行った。
だから私は彼らを「勇敢な」バンドだと思った。
陽の当たる場所だけを見ない。
影をも受け入れ力にするその勇気がすごいと思ったし、この人たちは本気でこのバンドを愛していると思った。

あるいは椎木の月星座は乙女座か天秤座で、もし乙女座だとすると彼はホールを会場にすることで、お客さんと遠くなるのではなく、もっと自分の近くに来て欲しかったんだ。

彼はいつも一生懸命、純粋な自己表現を細かく細かく言葉にして、私たちになんとか伝えようとしている。
野外フェスでは椎木の表の顔しか見えない。
でもホールでは椎木の本当の心に近いところに私たちは居させてもらえたのではないか。

みんながマイヘアを「エモい」って感じるのは、おそらく椎木の冥王星と火星のスクエアとか、水星が牡羊座にあるあたりから来てるんだと思う。

でも私はそれより椎木の星の様々な葛藤をいつも魅力的だと感じる。

椎木はよくMCで「今」しかないっていうけど、マイヘアの歌には過去のことがたくさん描かれている。
「忘れることのほうが難しいよ」って。
椎木は時間の中でさ迷ってる人。
前も後ろも分からない暗闇の中、サーチライトを照らす人。
魚座の美学。

水瓶座火星と蠍座冥王星のスクエア。
椎木は人を突き放すことで人心を掌握するという稀有な能力を持った人。
毎回のライブが放送事故みたいな、危ういパワーを感じさせる人。

私は椎木の冥王星に自分の太陽が重なっているので、ライブ行くたびにライブレポ書きたい衝動に突き動かされるわけです笑。

山羊座で天王星と海王星が重なってる。
イマジネーションをビジョン化する能力がとてつもなく高い。
私はこれをテレパシーアスペクトと呼んでいますが、椎木は自分の精神世界とコンタクトを取れる人。
私の月がこのアスペクトと重なっているので、椎木のテレパシーを受信してしまって、彼の世界観に没入してしまう。

今日終演後、お客さんから「映画を見てるみたいだった」という声がちらほら聞こえてきた。
実は私もそんな風に見えた。

多分椎木は、マイヘアは、お客さんに映画を観るみたいにして自分たちを見て欲しかった。

いつものライブだと体と感情だけ使って、それは楽しいけど、その先はない。
客席に体を縛ることで、私たち観客は「考える」ことをし始めた。
体と感情だけではたどり着けない世界がある。
体と感情と思考。3つ揃って初めて突破できる世界がある。
椎木は私たちをそこへ連れていきたかった。

マイヘアのライブは楽しいだけじゃ終わらない。
私は彼らのライブへ行くと毎回泣いてしまう。
なんでだろう。
っていつも考える。

きっと、マイヘアの曲を聴くと地球に未練ができるんだ。
人を好きになるという感情とか、誰かと作り上げるごく当たり前の日常とか、そういう「地球に生きてる間しかできないこと」がものすごく愛おしく思えて、どれだけ人間不信になっても、また人を好きになってみようかと思わされてしまう。
好きになって、別れて、また好きになって、別れて。
この繰り返ししかできない人間が馬鹿らしいと思うと同時に愛おしい。
今度いつ、どんな時代に地球に生まれ変われるか、あるいはもう地球に生まれないかもとか思ったら、今この人生で最大限愛さなきゃって。

音楽は人を狂わすと私の占星術の先生は言う。
本当にそのとおりだと思う。
マイヘアの音楽は本当に調子が狂う。
突き放しておいて、全力で愛をぶつけてくるんだから、そりゃみんな泣くよね。
反則レベルでかっこいいです。

My Hair is Bad。
みなさんぜひ聴いてみて下さい。

My Hair is Badオフィシャルサイト

スポンサーリンク

【音楽レポシリーズ】

ハイスタ(Hi-STANDARD)を難波さん、健さん、ツネさんの星から考察!

My Hair is Badライブレポ!椎木知仁という人を星から見てみる。

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
My Hair is Bad初のホールツアー。彼らは誰よりも「勇敢な」バンドだ。
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする