2019年7月17日山羊座満月、月食の意味。どこからか響く鬨(とき)の声。

みなさんこんにちは、くらげです。

今日は山羊座満月、月食ですね!

食のシーズンは何かとインパクトの強い出来事が起こりやすい時です。
みなさんの生活の中でも、はっとするようなことがあったかもしれません。

水星も逆行中です。

昔なつかしい人から連絡があったりしましたか?
あるいは久しぶりの人とばったり会うとか。
または、自分の発想にない意見を教えてもらって、違う方向から世界を意味付けることができるようになる、などのエピソードがあるかも。

さて、山羊座満月では表立って見えないところでとても活発に何か動きが始まっています。
さっそく見ていきますね!

2019年7月17日山羊座満月、月食。あなたはどんな世界に生きる?

皆既月食画像

2019年7月17日午前6時37分ごろ、山羊座にて満月です。

月は地・活動の山羊座
太陽は水・活動の蟹座に位置しています。

今回は月食ということで、太陽―地球―月の並びでほぼ一直線となり、月の影響は普段の満月よりもずっと強く私達の生活に入り込んでくることになります。
目標を実際に言動に移す力が、ある種強制的に働くと考えられます。

そんな満月の配置、詳しく見ていきましょう。
今回蟹座太陽が12ハウスで山羊座月が6ハウス。
ここに月と重なる形で冥王星が影響しています。

蟹―山羊ラインは集団性を表すというのは蟹座新月のブログでも書きました。

月のノードが今この蟹―山羊ラインにあります。
このノードに沿った新月・満月(つまり日食・月食)が今月起こっているということは、今みなさんに注力してほしいのは家族、地域社会、国家、地球といった共同体についてだよ、というメッセージに他なりません。

太陽が位置する蟹座の数え25度は、「自分が今までしてきた、人とは違う様々な体験をもって、共同体や社会を新しく改善する力を発揮する」という意味があります。

対して月が位置する山羊座の数え25度は、「馴染んだ環境に新しい異質なものを、自分の力で持ち込みたい」という意味です。

どちらも新規なものの持ち込みと普及を意味しているのが分かります。

太陽は12ハウスですから、上の目標は現在の社会システムからは外れたところで掲げられるため、隅に追いやられていたり、意思表示の場がインターネットを通じてだったり、表立たずにひっそりと人から人へ伝わるものだったりするのだろうと思います。

しかしこの太陽は冥王星とオポジションです。
一般的な限度を超えた活動をしていくことになります。

みなさんは、社会側や会社側から要求されることに、今までどおり素直に従い応えていくことはもうできない、とはっきり示すことになると思います。

本気でちゃんと自分がこの世界に馴染んでいくやり方を一から積み上げ直さなければ先が見えない、という衝動に駆られて、実際に動くことになるでしょう。
なあなあ、とか、ほどほど、のような曖昧なスタンスではいられなくなっていきます。

また、山羊座満月では蟹座金星、獅子座水星・火星も12ハウスなので、表からは見えにくい部分ですごく盛り上がっているというか。

メジャーかインディーズかっていったら12ハウスはインディーズの匂いがする場所なんですよね。
Mステには出たことないけど、ライブハウスやフェスではめちゃくちゃ人気あるバンドを想像してもらうと、現在の状況が理解してもらいやすいかと思います。

そんな知る人ぞ知るパフォーマンスが、現在どんどん繰り広げられ、ジワジワと広がっているということです。

獅子座水星・火星は10ハウス牡牛座天王星とスクエアを取り、メジャーシーンにまで異変を起こす気満々です。
現メジャーシーンからの独立の意志とも取れます。

蟹座金星は、まさにこの、自分だけが見つけたインディーズの人たちへのファン心理を表しているのではないでしょうか。
「私が好きになったこの人達はきっと将来活躍するようになる!」と信じて見守り、応援し続ける。

土星と180度なので、継続的ではありますが苦労は伴う可能性はあります。
どんな時でも「推し」を愛し続けるためには、自分を律する必要があるからです。

しかしながらこの金星はドラゴンヘッドと重なっていますから、まだやり遂げていないことにチャレンジするという集団意識が働き、とても熱心な支援となり、かつ広がりを見せることを予感させます。

12ハウス多天体なチャートであるだけに、この図の意味をこれ!と絞り込むことはナンセンスだと思います。
みなさんの心の有り様次第で、大なり小なりどんな状況にでも、山羊座満月が示唆することは当てはめて考えられます。

インディーズで頑張る張本人に自分を投影することもできますし、それを支えるファンの立場に立つこともできる図です。

アセンダント獅子座ですから、たとえ地下のライブハウスでのパフォーマンスだったとしても、言動は目立ってなんぼ。
また、自分には関係ないと思っていたことにも一生懸命突っ込んでいく日々を続けることで、新境地が開けます。

なにしろ今回は月食。
満月のメッセージに突き動かされる衝動はいつもよりずっと大きく、また持続力があるため、忘れた頃にもこの影響力が生活の中に挟み込まれてくるのだろう…そんな風に受け止めている、山羊座満月です。