2019年7月3日蟹座新月・日食の意味。自らの依存心に気付き、打ち勝つ。

みなさんこんにちは、くらげです。

7月3日の蟹座新月は日食となります。

実際に日食が観測できるのは南太平洋~南アメリカ大陸ということで、日本では見ることができません。

日食や月食は年に2回くらいしか起こりませんので、毎月の新月や満月よりも影響力が大きいと考えられます。

その影響期間は半年とも3年半とも言われ、また食のシーズンの随分前から影響が始まっているとも言われています。

今回の蟹座新月はそのように一年の中で重要なポイントの一つであることを踏まえて、内容を見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

2019年7月3日蟹座新月・日食。占星術における日食の意味

日食画像3

日食というのは、天球上の太陽の通り道である黄道と月の通り道である白道の交点付近で新月となることです。

さて、この日食の意味については毎度毎度シーズンが来るたび考えさせられます。
というのも、長い歴史の中で時代や人によって様々な考え方があり、正しい一つの答えは存在しないからです。

前回1月6日の日食↓
2019年1月6日山羊座新月、日食。未来に飛び込む為の盤石な基盤を整える。

ところで、実は私達はいろいろな時計が同時進行している世界で生きていることをご存知ですか?
私達が普通に使っている時間は、人工的なものです。
占星術で使う時間は、宇宙の周期的なリズムによるものです。

月が地球のまわりを公転していることによって起こる、新月・満月の時計。
地球が太陽のまわりを公転していることによって起こる、春分・夏至・秋分・冬至の時計。
太陽と月と地球が一直線に並ぶことで起こる、日食・月食の時計。
太陽系の各天体たちが持つ、公転周期による惑星時計もあります。

この中の日食・月食の時計について、今回注目しているわけです。
年に約2回くらいしかこのタイミングがこないということで、通常の新月・満月6回分程を取りまとめる影響力、という風にその力を言い表すことができます。

また、日食の現象として、太陽が月に隠されるため昼間にそれが起こる場合は、しばし真っ暗になりますよね。
徐々に太陽が欠け、真っ暗になり、また徐々に太陽が現れてくる。
つまり太陽の死と再生です。
新しい生命を得るために古いものを終わらせるなど、時に厳しさを孕んだ力を私達に強く及ぼすとも考えることができます。

この蟹座新月では、半年かけて達成したい意図を無意識の中に打ち込んでみてください。

ご自分の出生図をご存知の方は、何ハウスでこの日食が起こるか確認してください。
そのハウスのテーマに沿った目的を設定することも有効です。

自分の意図をはっきりさせた上で、日食の力によるベストな道への軌道修正を受け入れる姿勢でいるのが良いと思います。

蟹座新月・日食からのメッセージ

かに画像
Image by Free-Photos from Pixabay

2019年7月3日午前4時15分ごろ、蟹座にて新月です。

太陽・月共に水・活動の蟹座に位置し、1ハウス。
11ハウス牡牛座天王星とセクスタイルです。

アセンダント蟹座である中で新月が1ハウスですので、情緒的な部分つまり心の領域に非常にエネルギーを傾けていく期間となりそうです。

ただ、サビアンシンボルを見ていくと、共感で繋がる仲間たちと結束を固める、みたいな一般的な蟹座イメージとはちょっと違うメッセージを持っているようなんですね。

むしろ親しい人たちとうまくやっていく時間以外にこっそりと自分だけの抜け穴的な楽しみを持つべきだし、新月の言い分としてはもっと極端で、周囲の意見に巻き込まれずに、自分の思いと違っているところがあればきっぱりとその集団を批判し、わが道を突き進めという声が聞こえてきています。

11ハウスの牡牛座天王星とセクスタイルであることを加味すれば、これまでの自分の肉体や記憶に刻み込まれた「過去の私」にこだわるのを止めることで、新しいアイデンティティーやそれを活かす環境が未来から近づいてくるんだよ、と教えられているようです。

今や自分と考え方が違ってしまった周囲の人たち。
これはイコール「過去の私」ではないでしょうか。
みなさんが振り切るべきは、実は自分自身であり、周囲の人の言動はその投影に過ぎないと気がつけば、必要上の怒りや批判を他人に向けることなく先に進めると思います。

また、蟹座新月ホロスコープ曰く、経済活動にも同じようなことが言えます。

獅子座で水星と火星がコンジャンクション、2ハウスに位置しています。
初期度数のほうであり、11ハウス牡牛座天王星とスクエアです。

周囲の意見に従順な経済活動とはなりにくく、誰がなんと言おうと自分のやりたいようにやりたい、自分の能力を人に見せつけたいという衝動はとても強くなりそうですね。
そのための行動力、工夫する能力はいかんなく発揮されるでしょう。

活動の成果としての報酬の過多にはあまりこだわらないように見受けられます。
それよりも、自分の新境地をちゃんと発揮した上でしっかりと爪痕を残せたか、の方を重要視する期間であると思われます。

かたや人間関係を表す7ハウスには山羊座冥王星と土星が配置されています。

ここで示される課題はやはり、「周囲の顔ぶれが変わっていくことによる自分の立ち位置の変化に晒される」です。

土星の影響では、この先に必要のない関係は削ぎ落としていくことになるでしょう。
冥王星の影響では、誰かとの関係の中で防風が吹き荒れ、全て一度更地になってしまうような状況であったり、良くも悪くもメーター振り切ったような物語の中に巻き込まれたりするかもしれません。

山羊座土星冥王星に対して魚座海王星が依然としてスクエアです。
10ハウスカスプ上に位置しているので、この人間関係の荒波は社会的立場をも変えてしまう可能性があります。
アスペクトとしてはセクスタイルなので、今までの肩書すらもうやむやにしてしまうほどの環境変化は、私達が深層心理どこかで望んでいることだとも受け取れます。

今ニュースになっている、芸人さんたちが闇営業をしたことによってこれまでのキャリアが大きく揺らいでいることは、このアスペクトの影響でもあるのかもしれません。

人間関係こそは一朝一夕で変わるのはなかなか難しいところではありますが、なにせ今回は日食です。
半年はこの影響が続くと考えると(あるいはもうすでに影響を感じ始めている人が大勢いるはず)、この期間、なにがしかの嵐のちリセットは、誰にでも起こりうるのではないでしょうか。

蟹座新月のホロスコープ全体を見ると、天王星と海王星によって他の天体すべて牛耳られているように見えます。

既存のルールに反抗し、より普遍的な世界を求めていく力が天王星で、人魚が歌うと恍惚として我を忘れて夢見に浸ってしまうように、自我の壁を溶解していくのが海王星です。

少々の敵を作ることや、これまで積み上げたものを犠牲にすることや、わざわざ厳しい状況に巻き込まれてゆくこと。

晴天の霹靂でこのような環境に陥るのではなく、私達はある意味すでに覚悟を決めていて、あえてそこに飛び込んでゆく。
そんな風に感じた、蟹座新月です。

スポンサーリンク

あとがき

デトックスウオーター画像
Image by Photo Mix from Pixabay

去る6月22日は夏至でした!
2019年の夏至図を読みましたので、秋分までの3ヶ月予報として、ぜひご参考にしてください。

2019年6月22日夏至図の意味。過去の遺産との決別。

星々からのメッセージは、ここのところずっと一貫した流れできてますし、ブレてないです。
最近の星読みブログ読み返すと、そのことをとても実感します。
大体宇宙的なメッセージって、強調したいところは何回も出てくるんですよね。

冥王星と土星はともに逆行中で、少しずつオーブが広がっているので、身を絞られるような緊迫感は少し緩んでいるかも。
今のうちに一息ついておきましょう!
  

さて、最後にお知らせになりますが、8月4日から【天体の力を活かす、未来予測講座】を開催します。
占星術初心者様向けです。

太陽系の天体は止まることなく移動し続け、刻々と変わる配置によって私達個人の人生も影響を受けます。
占星術では過去に遡ることも未来を先取りすることもできますので、それによって今までの自分の人生の出来事の意味が理解できたり、これから起こるであろうイベントに万全の体制で備えることができます。

自分に起こることの予測が立つようになるととっても便利なんです!
わけの分からないものに流される人生ではなくなります。
人の人生を羨むのではなく、自分の人生を尊重して向き合い、かつ最大限花開くよう、計画を立てて生きられるようになります。

12サイン、10天体、12ハウスの知識に触れたことのある方なら、どなたでもご参加ください。
詳しく習得していなくても全然平気です。
参加者の皆さんのチャート検証に多く時間を取っていきます。

全3回、隔週日曜13時~17時です。
zoomによるオンライン講座です。
録画受講もできます。

お申込み、お問い合わせは各種鑑定ご依頼・お問い合わせからメールしてください。

7月3日はカルチャースタイルさんにて連載中の12星座占い「星のうた」更新されますので、そちらもぜひお立ち寄りください。

カルチャースタイル「星のうた」

それでは次回7月17日山羊座満月・月食で、お待ちしております!

  

Information

★アメブロ開設しています!日々の星の影響についてなどはこちらで読めます★

くらげのアメブロ「星のはなうた」

★各種鑑定・セッションについてご案内しています★
募集中の講座・セッション

★カルチャースタイルというサイトで12星座占い連載中です!新月ごと更新★
カルチャースタイル 12星座占い【星のうた】

★占星術情報たくさん!投稿一覧はこちらから★
投稿記事一覧

スポンサーリンク

「くらげの星占い」フォローお待ちしてます♪
2019年7月3日蟹座新月・日食の意味。自らの依存心に気付き、打ち勝つ。
この記事をお届けした
「星空の地図を君に」の最新ニュース情報や
占星術的つぶやきが読める「くらげの星占い」FBページ。フォローしてね♪
いいねしてチェックしよう!

フォローする