2019年8月30日乙女座新月の意味。自分で自分にGOサインを出す。

みなさんこんにちは、くらげです。

今日は乙女座新月です。

暑さが残るとはいえ、朝晩少し涼しくなってきましたね。

獅子座シーズンの太陽ギラギラ感と乙女座シーズンの急速に夏が収束していく感じ、毎年その落差にびっくりしてしまいます。

夏至から始まった3ヶ月は終わりに近づいています。

乙女座新月は、夏至の際のテーマをしっかり向き合って自分のものにしてきた、その集大成としての実践、といった時間になるのではないかと思います。

では詳しく見ていきますね!

2019年8月30日乙女座新月は忙しさを嫌がらない、気が付いたら無視しない

仕事の風景
unsplash-logoHelloquence

2019年8月30日19時36分頃、乙女座にて新月です。

太陽、月ともに地・柔軟の乙女座に位置しています。

この新月には水星、金星、火星が重なっていて計5天体乙女座。
しかも6ハウスですから、ここまで強調されると普段どんなに大雑把な人でもこの時期は細かいところに目が行っちゃうんじゃないかなーと思います。

それがお仕事で影響出れば、業務が次から次へとやってきて、机の上が書類で山積み!みたいな状況とか。
しかも、重箱の隅をつつくような細かい面倒くさい系の内容が多かったり。

健康管理で影響出れば、からだの不具合が急にあちこち気になりだして、そろそろ医者へ行かないとヤバいかなと考え出すかもしれません。
サボっていたボディメンテナンスにまたせっせと取り組むようになる人もいそうです。

世間のタイミングとしても、子供たちの夏休みが終わりますから、習慣的な日常にペースを取り戻していこうという状況は多く見られると思います。

乙女座や6ハウスの影響といったらこのような傾向が想像されますが、今回は1ハウスから牡牛座天王星がトラインで働きかけています。

一見地味で几帳面な仕事や管理をせっせとやっているように思えるのですが、実は同時にみなさんは「今までの自分の壁を超える」というエネルギーにも晒されていることになります。
そうと分からないくらい自然な形で。

例えば、自分がやるとは思わなかったような仕事を持ちかけられていたり。
今までなら絶対やり切れなかった分量の仕事が、今回は意外とあっさり出来ていたり。
自分の好みじゃないなあ、嫌だなあと思っていることも実際やってみると別に大した問題じゃないことに気がついたりします。

つまり壁を超えるとは、偏見から抜け出すこと。
限界を突破すること。

でも、考えてみれば私達、生まれた時に限界なんて感じていなかったですよね。

自分の限界はここまで、なんていつの間に決めてしまったのでしょうか。

1ハウス天王星は、私達を「自分らしさに還る」よう導いてくれます。

偏見や限界が存在するように見せているのは土星です。
土星の内側の営みがこの世界の全てだと思い込んで、私達は日々生活しています。

しかしそれを超えたところに本来のあなたらしさがあるんだよと言うのが天王星のメッセージです。

ですから、「うーん、それやったことないなあ」「そのテーマは私にうまくできるのかなあ」と尻込みしたくなるような案件が降ってきた時こそ、断らずに前向きに取り組んでみてほしいと思います。

恋愛中のカップルは親公認の仲になるかも

ハート打ち上げ
unsplash-logoErik Witsoe

さて、乙女座金星と火星のコンジャンクションに対して山羊座土星がトラインです。

この配置って、金星火星がカップルだとすると、ご両親に紹介するにはちょうどいいタイミングなんじゃないかなって思います。
親じゃなくても、自分が尊敬する人や目上の人、っていう場合もあるでしょう。
社内恋愛だったら上司も認める仲になる、とか。
その際きちんと身なりを整えて、手順を踏んで、丁寧な言葉使いやふるまいを心がけたら、ベストですね。

恋愛だけじゃなく当然仕事の面でも有利に使えると思います、この配置。

人に喜んでもらえる仕事をするにはどうしたらいいかって考えながら一生懸命やると、その姿勢きっと認めてもらえますし、自分の責任感も果たすことができて自信に繋がります。

今までの自分のスキルでできること、っていう発想よりも、スキルがあろうがなかろうがやってあげたいこと、っていう視点から考えてみてください。

ほしいなと思っていたら過剰にもらえる

かわいいケーキ
unsplash-logoPratiksha Mohanty

これは乙女座金星と射手座木星、魚座海王星のTスクエアからです。

拡大天体三つ巴でグルグルしていますので、好きなこと、楽しいこと、ほしいものなどが別に強く願ったわけじゃなくても手に入る可能性がありそうです。
しかも過剰に。
そして想像していたのとはちょっと違う形で。

私の体験ですと、昨夜両親が荷物を送ってくれたのですが、届いた段ボールがやたらでかい。
開けてみると、送ってくれるよう頼んでいたものの5倍くらいの量で、果物が入っていました。
もも、ぶどう、梨、キウイ。
秋の果物祭りです…!
ちょうど先日スーパーで、「果物子供たちに食べさせたいけど高いわぁ~」なんて思っていたところでした。笑
とっても嬉しいサプライズでした。

みなさんのところには何がやってくるでしょう?
お楽しみにしてください♪

逆に言えば、このアスペクトの時って相手に喜んでもらうためにすべきことが無意識的に察知できると思うのです。

だから、あなたから誰かに何気なく行った善意が、相手にとって素敵なサプライズだった!っていうことが起こり得ます。

ほしいなあとあげたいなあ、両方やっていきましょう。
嬉しいことはそうやって循環していくと良いですよね。

あとがき

今回の乙女座新月図と今年の夏至図を比べてみると、アセンダント、ディセンダント、MC、ICが指す星座が全く同じ。
土星~冥王星のハウスも全く同じなんです。

2019年6月22日夏至図の意味。過去の遺産との決別。

夏至と言う3ヶ月区切りの枠の中の細かい進捗状況がここまでの各新月・満月です。
夏至図の影響期間最後の新月となる今回は、ちゃんとこの夏やるべきテーマに取り組んで、世の中からの要求を自分の仕事ぶりとして応えられるほどまでに成長したな、自分すごいじゃん、大丈夫、できるよ、と自分自身に言ってあげる時なんだろうと思っています。

もうしばらくで秋分がやってきて、次のタームに入っていきます。
季節と同様、私たちも一瞬も同じであることはないのだと自覚して、大きな時計の中の小さな時間をおろそかにせずいたいです。

それでは次回9月14日魚座満月で、お待ちしております☆